Skip to content

Archive

Tag: IMSA

Development Update February 2024

エグゼクティブプロデューサーの Greg Hill が最新の開発状況として、来たるビルドで登場する新機能・新コンテンツなどについて伝えてくれました。
シーズン 2 / 3月ビルドには改善や新機能に新コンテンツが多数含まれます。雨とともにランドマーク的なビルドになることでしょう。まとめて紹介します。

iRacing Development Update – February 2024
https://www.iracing.com/iracing-development-update-february-2024/
Midseason Dev Update – February, 2024
https://forums.iracing.com/discussion/56014/midseason-dev-update-february-2024/p1

気象システム Tempest – テンペスト – リリース

  • 気象システム Tempest のリリースにより 2024 シーズン 2 = 3月ビルドで雨が降ります。
  • Tempest はこれまでのゲームにはない新しい手法で雨を降らせます。雨のレースで起こり得る多くの物理的環境的要因と、水がコースとタイヤにどう影響するのかを、自然界と同じようにダイナミックにシミュレーションします。
  • ウェットではアスファルトの状態によって路面状況が変わります。粗い路面では水で覆われる前にまず低いところに浸透します。滑らかな路面はタイヤがグリップせずハイドロプレーニングを起こす原因にもなります。通過する車両の多いレーシングラインは摩耗によって滑らかなのでオフラインでグリップを見つける必要があります。
  • オンラインでのウェットレースの前に、まずはテストセッションや AI とのセッションでの走行をおすすめします。完全に動的に変化する現実世界をベースとした予報から天候を生成したり、静的で変化しない天候や、天候状況をタイムラインで設定することもできます。13週にはこの天候を体験できる Unrank レースも開催されます。
  • 基本的に、Tempest はすべてのシリーズに展開されます。ただし、実際に雨が降るシリーズは限定され、その中でも特定の週のみです。
  • 雨が降る可能性があるシリーズでも、実際に雨が降るかどうかは Tempest の動的な予報システムによって異なり、サーキットの過去の天候記録にも関連付けらています。雨が降りそうな空でも降らなかったり、降りそうになかったのに風が嵐を呼ぶこともあるかもしれません。ただしどのスプリットも同じ天候となります。
  • iRacing スポッター/クルーチーフは天候変化を常に知らせてドライバーをサポートします。友人にスポッターを頼んで気象レーダーや他チームの動向を教えてもらい、適切なタイミングでタイヤ交換を決断することができます。
  • Tempest の最初のリリースでウェットレースに対応する車両: GT3, GTP, LMP2 の 11台 + Ray FF 1600, Toyota GR86, FIA F4。今後のパッチやビルドを通じて拡大されます。ロードカテゴリのすべてのサーキット(Rovalも含む)が、最初のリリースからウェットレースに対応します。
  • グラフィック的には技術面や VFX のアーティストとレンダリングチームと物理エンジニアの連携が必要で、水は単にシェーダーで描かれるのではなく、水たまりや路面から吸い上げられる水にタイヤから飛ばされる水はすべて物理的にシミュレートされます。


新コンテンツ

サーキット

  • Misano World Circuit Marco Simoncelli ミサノ サーキット
  • Algarve International Circuit (Portimao) アルガルヴェ(ポルティマオ)サーキット
  • Millbridge Speedway ミルブリッジ スピードウェイ(0.25マイルダートオーバル)



車両

  • Dallara 324 (スーパー フォーミュラ ライツ, ユーロフォーミュラオープン) クラス C
  • Micro Sprint 小型ルーキーダート車両 (全メンバー無償)
  • SRX cars (アスファルト & ダート) クラス D
  • NASCARシリーズ開始と共に 2024年次アップデートをフォロー
  • NASCARトラックは空力解析を経て6月ビルドで大幅アップデート予定
  • NASCAR Xfinity & トラックのフォードマスタングパッケージに 2024年次アップデートを予定
  • Dallara IR18 の INDYCAR 2024年次アップデートを予定

ドライバーライセンス構造のアップデート

  • ロードライセンスを Open Wheel と Sports Car に分離します。
    ※iRacingの絵では Formula と Sports Car となっていますが実際のところ Openwheel か否か/フェンダー有無 という分かれ方とのこと。
  • はじめはどちらも同じロードレーティングで分離され、レースを経ることでドライバーレーティングとして最適化されます。

参考:

新人 iRacer ガイド機能

  • 新人iRacerの初期体験の向上を目指した新機能でインタラクティブな UI が最初のステップを案内します。
  • 最初はレースカテゴリの選択から始まり、コントローラ設定、最終的には AI ベースのドライビングとレーシングシナリオをガイドします。
  • これを行うには、UI 左下の Settings から「Show New Racer Onboarding」をオンに切り替えます。

iRacing UI オーバーホール

  • Web チームとデザインチームによってシーズン 2 から UI ランチャーのオーバーホールが始まります。
  • 最初の変更は UI ナビゲーションを大きなカテゴリに分割するラッパーの追加で、ライセンスの見栄えが変わります。
  • 現在のモーダルベース UI から、ハブを持ちより階層化された UI へと段階的に移行します。次に同じデザインパターンでシリーズエリアを作り直します。

4 コースが標準コンテンツに

  • Motorsport Arena Oschersleben
  • Snetterton Circuit
  • Circuit de Lédenon
  • Winton Motor Raceway

3D 縁石適用コースの拡大

  • 新サーキットのミサノとアルガルヴェに3D 縁石
  • セブリングとフジにも追加される予定。

将来の新コンテンツ・プロジェクト・etc.

  • Circuito de Navarra ナバラサーキット
  • Sachsenring Circuit ザクセンリンクサーキット
  • Oswego Speedway オズウィーゴスピードウェイ(ダート&アスファルトオーバル)
  • イギリスで 2サーキットをスキャン予定
  • スパのアップデートにも着手予定
  • NASCARとのパートナーシップ強化
    • iRacingのサービス初期からNASCARは素晴らしいパートナーであり多くのNASCARコンテンツがありました。
    • コースを最新に保つために最善を尽くしてきたがさらに改善するためのNASCARリマスタープロジェクトで、成果をiRacingとコンソール向けNASCAR ’25の両方にもたらして相乗効果を得られるようにしていきます。
  • 2024年から2025年にかけて耐久シリーズを大幅に強化する。最適化によって現在の11車種から拡大していくための準備も整っています。
  • スーパーカーのアップデートやオーストラリアでの他のエキサイティングなことにも取り組んでいます。
  • レースカーについて衝撃的な出来事も起こりそうですが驚かすにはまだ早すぎます。
  • 過去のアップデートでも述べていたとおり、シム UI の再構築にも取り組んでいる。
    • この再構築では Noesis UI フレームワークをシムに統合します。キーとなる作業やデータモデルの設計と実装は完了しています。
    • 残る作業はエンジニアリングと同レベルのチャレンジはないものの、20年間使った UI を 1つずつやり直すために多くの労力が必要です。今年後半には、新しい UI を楽しめそう。

  • キャリアモードが順調に進行中。
    • デザインチームは仕様を完成し、バックエンドエンジニアリングチームと連携して、複雑で高度なシステムにサービス提供するためのデータモデルを構築。
    • キャリアモードの実装には 2025年までかかる予想だが、その過程で UI や関連システムでキャリアモードに隣接する領域に、的を絞った改善を段階的に加えていく予定。
  • レインプロジェクトの取り組みによって、煙などの既存のエフェクトも新しいアイデアと現代的なレンダリングテクニックで刷新していく計画です。
  • オーバルリフレッシュのフェーズ2は進行中。リリースが近くなればより多くの情報が共有される予定。

iRacing Daytona 24


iRacing デイトナ24時間レースについてアナウンスがありました。GTP, LMP2, GTD の 3 クラス耐久チームイベントです。

iRacing Presents The Daytona 24
https://forums.iracing.com/discussion/53748/special-event-2024-daytona-24-powered-by-vco/p1

開催概要

Timeslot #1 – 2024/01/20(土) 07:00
Timeslot #2 – 2024/01/20(土) 16:00
Timeslot #3 – 2024/01/20(土) 21:00
Timeslot #4 – 2024/01/21(日) 01:00

コース Daytona International Speedway – Road Course
ライセンス要件 ロード D 4.0 以上
シム内日時 2024/01/27、13:00
Warm Up/Join待ち 30分
予選 2周/8分
レース長 24時間
天候・空 Dynamic
スプリット iRating
Team? Yes, チームドライバー: 2~16名
ペナルティ x100 及び以降 x20ごとにSTOP & GO
Inc積算による失格 なし
最大台数 50

車両/クラス

BOPは1週間程度前に発表>追記しました>最終版に更新しました

GTP Acura ARX-06 GTP -2% Fuel, -2.25% Power, +10kg
BMW M Hybrid V8  
Cadillac V-Series.R GTP -1% Fuel, -0.75% Power
Porsche 963 GTP -3% Fuel, -2.25% Power
LMP2 Dallara P217  
GTD Audi R8 LMS EVO II GT3 -1% Fuel, -1.75% Power
BMW M4 GT3 -1.5% Power
Ferrari 296 GT3  
Lamborghini Huracan GT3 EVO -1% Fuel, -1.75% Power
Mercedes AMG GT3 2020 -1% Fuel, -2% Power
Porsche 911 GT3.R (992) -1% Fuel, -1.75% Power

参考

2024年のスペシャルイベントはこちら。
https://www.shupop.com/iracing/2023/12/12/special-events-2024/

Release Notes

2024 シーズン 1 ビルドのリリースノートを和訳して紹介します。
記事に誤字・間違いなど見つけたら教えてくださいね

長くなるので 4本の記事に分けました。

2024s1 リリースノート:


CARS:

GT3 Series Cars

  • トラクションコントロール (TC) システムの処理速度が向上しました。
  • ABS パラメータがアップデートされました。
  • TC と ABS のテーブルが大幅に更新されました。
    ※参考: 2024s1: GT3・GTPクラスのTC/ABSマップ変更について
    • 以前のシーズンのセットアップが新しい制御システムや TC と ABS の変更に応じて最適化されることはありません。
  • タイヤパラメータがアップデートされました。
  • クラスの BoP をファインチューニングしました。
  • IMSA シリーズ車両のヘッドライト色が調整されました。
  • 全車のiRacingセットアップがアップデートされました。

GTP Series Cars

  • クラスの BoP をファインチューニングしました。
  • トラクションコントロール (TC) システムの処理速度が向上しました。
    • 以前のシーズンのセットアップが新しい制御システムや TC の変更に応じて最適化されることはありません。
  • タイヤパラメータがアップデートされました。
  • ヘッドライトを改善してより LED を模倣する色になりました。
  • 全車のiRacingセットアップがアップデートされました。

NASCAR Cup Series Cars (Gen 6)

  • この車両で新ダメージモデルが使用できるようになりました!

NASCAR Cup Series Next Gen Cars

  • 新ダメージモデルのチューニングを行いました: ノーズ, フロントフェンダー, リアの破壊限界引き下げ、リアフードマウントの破壊限界引き上げと剛性引き下げ
  • 新ダメージモデルで、カメラ距離によって誤って部品が消えることがあった問題を修正しました。
  • iRacingセットアップがアップデートされました。

NASCAR Legends Series Cars

  • iRacingセットアップがアップデートされました。

NASCAR Truck Series Trucks

  • iRacingセットアップがアップデートされました。

NASCAR Xfinity Series Cars

  • 新ダメージモデルで、一部のコリジョンモデル形状をアップデートし、車両ボディとより適合するようになりました。
  • UI 用モデルのシェーダーをアップデートしました。
  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Stock Car Pro Series Cars

  • コリジョンモデルがフィジクスのそれよりも大きく、ホイールtoホイールのレースで意図せぬ接触が発生していた問題を修正しました。
  • ウィンドシールドのロゴをアップデートしました。
  • iRacingセットアップがアップデートされました。

[Legacy] NASCAR Cup Series Cars

  • この車両で新ダメージモデルが使用できるようになりました!

Acura ARX-06 GTP

  • 2024 シーズン 1 用に車両パラメータをアップデートしました: エンジントルクがわずかに増加、ダウンフォースがわずかに増加
  • オフィシャルペイントスキームを除いて HPD ロゴが HRC ロゴに置き換えられました。

ARCA Menards Chevy / Gen 4 Cup

  • (Gen 4 Cup) – NASCAR シリーズのアートワークが適用されました。
  • (BOTH) – iRacingセットアップがアップデートされました。

Aston Martin Vantage GT4

  • パドルシフトのアニメーションが追加されました。

Audi R8 LMS EVO II GT3

  • NEW CAR!
  • Audi R8 LMS EVO II GT3 を購入して使用できるようになりました!
    • Audi R8 LMS は 2022年シーズンに向けて 2回目のアップデートを受け、Audi R8 LMS Evo II が登場しました。前世代の Evo I と同様、Evo II の新車を購入することも前世代からのアップグレードキットとして購入することもできます。主な改良点はリアウィングで増加したダウンフォース、新しいエンジンインテークシステム、 4ウェイ調整ダンパーです。R8 LMS Evo II は最初のシーズンから速いペースを見せ、世界中で R8 LMS GT3 エントラントの成功を長く続けることができました。バサースト12時間での予選 1-2-3 や DTM での 3勝とマニュファクチャラーズタイトル獲得がハイライトです。この車は 2023 年も世界中の GT3 スプリント & 耐久レースで上位の常連となりました。
  • Audi R8 LMS EVO II GT3 の購入は iRacing Store から!
  • AI レースで使用できます。
  • 新ダメージモデルが使用できます!

BMW M4 GT3

  • キャンバーとリアトゥ調整幅をわずかに更新しました。キャスターの調整はなくなりました。
  • 新ダメージモデルで、縁石に当たるのを改善するためにノーズフレームとスプリッターの形状をアップデートしました。また、ダメージを負った際にブレーキライトが適切に取り外されない問題を修正しました。ハイビームヘッドライトはロービームヘッドライトから分離されました。
  • ドライバーのパドルシフトアニメーションが追加されました。

BMW M8 GTE

  • ヘッドライトを点灯した夜間にコクピットビューを表示していてコーションが発生するとシミュレータがクラッシュする可能性のある問題を修正しました。

BMW M Hybrid V8

  • 2024 シーズン 1 用に車両パラメータをアップデートしました: ダウンフォースをわずかに減少、総重量が増加
  • 旧ダメージモデルが使用された場合のタイヤのアートワークの問題を修正しました。

Cadillac V-Series.R GTP

  • 2024 シーズン 1 用に車両パラメータをアップデートしました: ダウンフォースをわずかに減少、ドラッグがわずかに増加、総重量がわずかに増加

Chevrolet Corvette C6.R GT1

  • カメラ距離によって部品が消えたり表示されたりすることのあった問題を修正しました。

Dallara F3

  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Dallara iR-01

  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Dallara IR18

  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Dallara P217

  • トラクションコントロール (TC) システムの処理速度が向上しました。
  • タイヤパラメータがアップデートされました。
  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Dirt Sprint Car

  • ウィングが視覚的にちらつく問題を修正しました。

Dirt Street Stock

  • 新ダメージモデルで、サスペンションのダメージモデルをアップデートしました。

Dirt Modified

  • (BOTH) – 新ダメージモデルが使用できるようになりました!
  • (BOTH) – iRacingセットアップがアップデートされました。

Ferrari 296 GT3

  • キャンバー調整幅がわずかに調整されました。

FIA F4

  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Ford GT GT2 / GT3

  • (GT3) – トラクションコントロールの ON/OFF スイッチがガレージ画面とブラックボックスの両方からなくなりました。代わりに、他の GT3 車両と同じように 5秒間の TC Disalbe (TC 無効化) ボタンが使えるようになりました。
  • (GT3) – クラスのバランスのため、空気抵抗がわずかに減少しました。
  • (GT3) – ディファレンシャルロックがわずかに強化されました。
  • (GT3) – キャンバーとリアトゥ調整幅がわずかに調整されました。キャスター調整はなくなりました。

Ford Mustang FR500S

  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Formula Renault 3.5

  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Global Mazda MX-5 Cup

  • ピットでタイヤがスタックする一部のレンダリング問題を修正しました。

HPD ARX-01c

  • 新ダメージモデルが使用できるようになりました!
  • AI レースで使えるようになりました!
  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Indy Pro 2000 PM-18

  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Lamborghini Huracan GT3 EVO

  • 2024 シーズン 1 に向けて車両パラメータがアップデートされました: 空力マッピング、サスペンション運動学、ステアリングスピード、車両重量軽量化
  • エンジンブレーキがわずかに削減されました。
  • 加速時にディファレンシャルがよりロックするようになりました。
  • スロットルペダルマッピングは現実世界からの新情報に一致するように反転されました。
  • ドライバーアニメーションがアップデートされ、パドルシフトアニメーションが追加されました。
  • ガレージ画面が調整され、すべてがスクロールせずに表示できるようになりました。分離されたダンパータブが追加されました。
  • アンチロールバーサイズの選択肢はフェーズアウトし、より調整可能なシングルバーとなりました。これにより複数の部品で共有される冗長なレートがなくなります。

Late Model Stock

  • ウィンドシールドのバナーロゴがアップデートされました。
  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Legends Ford ’34 Coupe

  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Legends Ford ’34 Coupe – Rookie

  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Lotus 49

  • 新ダメージモデルが使用できるようになりました!
  • 残念ながらこのリリースではまだ新ダメージモデルが有効化されません。
    • 最終テスト中にいくつか問題が発生したため、この車両への新ダメージモデル搭載は延期せざるを得ません。さらにテストを行ったあとで、パッチにてリリースする予定です。
  • フロントとリアで使用できるスプリングレートの幅が増えました。
  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Lotus 79

  • 新ダメージモデルが使用できるようになりました!
  • 残念ながらこのリリースではまだ新ダメージモデルが有効化されません。
    • 最終テスト中にいくつか問題が発生したため、この車両への新ダメージモデル搭載は延期せざるを得ません。さらにテストを行ったあとで、パッチにてリリースする予定です。
  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Lucas Oil Off Road Pro 2 Lite

  • 新ダメージモデルが使用できるようになりました!

Lucas Oil Off Road Pro Trucks

  • (BOTH) 新ダメージモデルが使用できるようになりました!

McLaren MP4-12C GT3

  • 2024 シーズン 1 リリースに向けて車両パラメータがアップデートされました: エンジントルクがわずかに減少、ドラッグがわずかに減少、ダウンフォースがわずかに増大
  • キャンバーとリアトゥ調整幅がわずかに調整されました。キャスター調整はなくなりました。

Mercedes-AMG GT3 2020

  • キャンバーとリアトゥ調整幅がわずかに調整されました。キャスター調整はなくなりました。
  • ドライバーアニメーションがアップデートされ、パドルシフト、ブレーキ、アクセル、シェイク、のアニメーションが追加されました。

Mercedes-AMG W12 E Performance

  • 車両ペイントスキームがアップデートされました。

Mercedes-AMG W13 E Performance

  • 新ダメージモデルで、フロアの抵抗がわずかに増えました。
  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Modified – SK / NASCAR Whelen Tour Modified

  • (BOTH) – iRacingセットアップがアップデートされました。

Porsche 911 GT3 R (992)

  • リアトゥ調整幅がわずかに調整されました。

Porsche 963 GTP

  • 2024 シーズン 1 リリースに向けて車両パラメータがアップデートされました: ダウンフォースがわずかに増加

Radical SR10

  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Ray FF1600

  • 新ダメージモデルで、ホイールとアクスルのダメージパラメータが調整されました。
  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Renault Clio R.S. V

  • リアビューミラーが最優先になりました。

SCCA Spec Racer Ford

  • 新ダメージモデルのテクスチャがアップデートされました。
  • 特定のカメラ角度でタイヤのトレッドが透明になる問題を修正しました。

Silver Crown

  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Skip Barber Formula 2000

  • タイヤサウンドが改善しました。

Street Stock

  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Super Formula SF23

  • (BOTH) – iRacingセットアップがアップデートされました。

Super Late Model

  • 新ダメージモデルが使用できるようになりました!
  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Toyota GR86

  • エンジンブレーキが減少し、より現実の車両とマッチするようになりました。
  • ピットレーンで前転してしまう可能性のあった問題を修正しました。

USF 2000

  • iRacingセットアップがアップデートされました。

[Legacy] NASCAR Cup Chevrolet Impala COT – 2009

  • 新ダメージモデルが使用できるようになりました!
  • 浮き上がるブロウオーバーの演算がアップデートされました。
  • iRacingセットアップがアップデートされました。

[Legacy] NASCAR Truck Chevrolet Silverado – 2008

  • 新ダメージモデルが使用できるようになりました!
  • バンプドラフトを向上するためにノーズとリアバンパーのパラメータがアップデートされました。
  • UI 用モデルがアップデートされました。

[Legacy] Porsche 911 GT3 Cup (991)

  • 新ダメージモデルが使用できるようになりました!
  • iRacingセットアップがアップデートされました。

2024s1 リリースノート:

2023 Petit Le Mans

プチルマンについて発表されました。3クラス 12車種での10時間耐久レースです。
https://forums.iracing.com/discussion/48630/2023-iracing-petit-le-mans-powered-by-vco/p1

スロット 日時
#1 2023/10/07(土) 07:00
#2 2023/10/07(土) 16:00
#3 2023/10/07(土) 21:00
#4 2023/10/08(日) 01:00
コース Road Atlanta
必要ライセンス Road D 4.0
シミュレート日時 2023/10/14
10:55 AM セッション開始
Warmup/Join待ち 30 分
Qualify レースセッション Join後開催
2周, 8分
Race 10時間
天候 ダイナミックウェザー・ダイナミックスカイ
スプリット iRating
ドライバー (2~16/チーム)
Stop&Go 50インシデント及び以降20インシデント毎
DQ なし
フィールドサイズ 45台

2023/09/28 BOP追記しました

class cars BOP
GTP Acura ARX-05 GTP -1% fuel capacity
BMW M Hybrid V8
Cadillac V-Series.R GTP +5kg
Porsche 963 GTP -1% fuel capacity
LMP2 Dallara P217
GTD Audi R8 LMS GT3
BMW M4 GT3 -1% power, -1% fuel capacity
Ferrari 296 GT3 -1% power, -1% fuel capacity
Lamborghini Huracán GT3 EVO
Mercedes-AMG GT3 2020 -1% power, -1% fuel capacity
Porsche 911 GT3 R -1% power, -1% fuel capacity

Release Notes

2023 シーズン 4 ビルドのリリースノートを和訳して紹介します。
記事に誤字・間違いなど見つけたら教えてくださいね

長くなるので 4本の記事に分けました。

2023s4 リリースノート:


CARS:

GT3 Cars

  • このクラスの新ダメージモデルで様々な改良を行いました。これらの変更でクラス内の車両ダメージを標準化することを目的としています。
    • 常にホイールのダメージについて空力面のダメージよりも先に扱われるようになります。
    • 曲がったり壊れたりする車両パーツがダメージを負ったり壊れた場合には、ピット作業で完全な修理や交換が行われるようになりました。
    • ミートボール(オレンジボール)フラッグは空力面のダメージのためだけに振られることはなくなりました。ホイール、エンジン、燃料漏れがあった場合に対象となります。
    • パネルやヒンジの修理時間が短くなりました。
    • 空力のダメージによる被るペナルティを調整しました。ダメージによる最高速度の低下度合いは少なくなりますが、ダウンフォースの損失は大きくなります。
  • シーズン 4 リリースに向けてクラス全体で燃費のバランス調整を行いました。
  • IMSA と同じナンバーボードが実装され、カスタムペイント作成が簡素化されました。

GTE Cars

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

GTP Cars

  • 空力モデルをアップデートしました。
  • このクラスの新ダメージモデルで様々な改良を行いました。これらの変更でクラス内の車両ダメージを標準化することを目的としています。
    • 常にホイールのダメージについて空力面のダメージよりも先に扱われるようになります。
    • 曲がったり壊れたりする車両パーツがダメージを負ったり壊れた場合には、ピット作業で完全な修理や交換が行われるようになりました。
    • ミートボール(オレンジボール)フラッグは空力面のダメージのためだけに振られることはなくなりました。ホイール、エンジン、燃料漏れがあった場合に対象となります。
    • パネルやヒンジの修理時間が短くなりました。
    • 空力のダメージによる被るペナルティを調整しました。ダメージによる最高速度の低下度合いは少なくなりますが、ダウンフォースの損失は大きくなります。
  • ビデオカメラポータルの寸法・FOVがアップデートされました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

NASCAR Cup Series Next Gen Cars

  • ディテールページに車両スペックが追加されました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

NASCAR Legends Cars

  • NASCAR 1987 車両クラスは NASCAR Legends にリネームされました。
  • 新ダメージモデルでノーズ、フェンダー、フロントホイール、ボディパネルの破壊限界を引き下げました。
  • ホイールが外れてテザーでのみ接続された状況においてバウンスしすぎるのを防ぐためにタイヤ属性をアップデートしました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

NASCAR Truck Series Trucks

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

NASCAR Xfinity Cars

  • このクラスで新ダメージモデルが有効化されました!
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Stock Car Pro Series Cars

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Touring Cars

  • オフィシャルな TCR デカールが追加されました。

Acura ARX-06 GTP

  • 新車の登場です!
    • Acura ARX-06 GTP が利用できるようになりました!
    • IMSA WeatherTech SportsCar Championship の新しい GTP レギュレーションで製造された Acura ARX-06 は、DPi 規程で 5年間レースした ARX-05 に変わって 2023 デイトナ 24時間レースでデビューしました。アキュラはオレカとのパートナーシップを継続して新車を製造し、Meyer Shank Racing with Curb-Agajanian と Taylor Racing with Andretti Autosport でデビュー、1-2 を飾って歓声を受けました。ARX-06 が搭載するエンジンは前モデルよりも小型な 2.4L ツインターボ V6 エンジンですが、 670馬力以上を発生します。他の GTP カーと同様、重量は 1,030kg で 50kW ハイブリッドシステムを搭載しています。
    • Acura ARX-06 GTP の購入は iRacing Store のこちらから: https://members.iracing.com/membersite/member/CarDetail.do?carid=170
  • AI レースで使用できます!
  • 新ダメージモデルが搭載されました!

ARCA Menards Chevy / Gen 4 Cup

  • (Gen 4 Cup) – AI レースで使用できます!
  • (BOTH) – iRacing セットアップがアップデートされました。

Audi 90 GTO

  • AI レースで使用できます!

BMW M Hybrid V8

  • 2023 シーズン 4 のクラス内バランスとして最低重量を 5kg 増加させました。
  • ダッシュボードの一部ビジュアルをアップデートしました。
  • ドライバーアニメーションがアップデートされました。

Cadillac V-Series.R GTP

  • 燃料デルタディスプレイがアップデートされました。
  • テレメトリーボックスのライトが接続されました。
  • ドライバーのシフト操作アニメーションがアップデートされました。
  • 外部コクピット照明のマイナーな問題を修正しました。

Dallara F3

  • 新ダメージモデルでほとんどのボディパネルの破壊限界が引き下げられました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Dallara iR-01

  • iRacing セットアップが追加されました。

Dallara IR18

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Dallara P217

  • 新ダメージモデルで様々な改良を行いました。
    • 常にホイールのダメージについて空力面のダメージよりも先に扱われるようになります。
    • 曲がったり壊れたりする車両パーツがダメージを負ったり壊れた場合には、ピット作業で完全な修理や交換が行われるようになりました。
    • ミートボール(オレンジボール)フラッグは空力面のダメージのためだけに振られることはなくなりました。ホイール、エンジン、燃料漏れがあった場合に対象となります。
    • パネルやヒンジの修理時間が短くなりました。
    • 空力のダメージによる被るペナルティを調整しました。ダメージによる最高速度の低下度合いは少なくなりますが、ダウンフォースの損失は大きくなります。

Dirt Late Model

  • (ALL) – 周囲の車両で描画されるタイヤ回転方向の正確性を改善しました。
  • (ALL) – iRacing セットアップがアップデートされました。

Dirt Midget

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Dirt Modified

  • (ALL) – iRacing セットアップがアップデートされました。

Dirt Sprint Car

  • (ALL) – 周囲の車両でルーフウィングが消えたり正しくアニメーションされない問題を修正しました。
  • (ALL) – iRacing セットアップがアップデートされました。

Dirt Sprint Car Non-Winged

  • (ALL) – iRacing セットアップがアップデートされました。

Dirt Street Stock

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Dirt UMP Modified

  • 新ダメージモデルが有効化されました!
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Ferrari 296 GT3

  • 新車の登場です!
  • Ferrari 296 GT3 が利用できるようになりました!
    • フェラーリの最新 GT3 マシンの 296 GT3 は IMSA WeatherTech SportsCar Championship や主要な世界選手権で 2023 年シーズンに合わせてデビューしました。2020年にデビューした 488 GT3 Evo の後継モデルであり、クルーによるセットアップ変更が容易になったりダウンフォースが大幅に増加するなど前モデルの成功を踏まえて設計されました。公道モデルと同形式の V6 エンジンは 2.9L で 600 馬力を発生します。デビュー戦となったデイトナ 24時間レースでは IMSA GTD 及び GTD Pro クラスで 4台が出場、その数か月後のニュルブルクリンク 24時間レースでは勝利を収めました。
    • Ferrari 296 GT3 の購入は iRacing Store のこちらから: https://members.iracing.com/membersite/member/CarDetail.do?carid=173
  • Ferrari 488 GT3 Evo 2020 を 30日以内に購入していた場合には全額を、180日以内の購入だったらその 50%を、iRacing Credit で返金されます。
  • AI レースで使用できます!
  • 新ダメージモデルが搭載されました!

Ferrari 488 GTE

  • ブレーキバイアスノブの回転方向が逆だったのが修正されました。

FIA F4

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Ford Mustang FR500S

  • 新ダメージモデルが有効化されました!

Formula Renault 3.5

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Formula Vee

  • ステアリングホイールのナットを締めました。

Indy Pro 2000 PM-18

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Late Model Stock

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Legends Ford ’34 Coupe

  • (Legends, Dirt, & Rookie) – 様々な車両テクスチャをアップデートしました。
  • (Legends, Dirt, & Rookie) – iRacing セットアップがアップデートされました。

Ligier JS P320

  • 新ダメージモデルで様々な改良を行いました。
    • 常にホイールのダメージについて空力面のダメージよりも先に扱われるようになります。
    • 曲がったり壊れたりする車両パーツがダメージを負ったり壊れた場合には、ピット作業で完全な修理や交換が行われるようになりました。
    • ミートボール(オレンジボール)フラッグは空力面のダメージのためだけに振られることはなくなりました。ホイール、エンジン、燃料漏れがあった場合に対象となります。
    • パネルやヒンジの修理時間が短くなりました。
    • 空力のダメージによる被るペナルティを調整しました。ダメージによる最高速度の低下度合いは少なくなりますが、ダウンフォースの損失は大きくなります。
  • ドライバー側サイドミラーの順位を上げるようミラーポータルの優先順位を調整しました。
  • 車外用ギヤシフトサウンドの問題を修正しました。
  • シフトライトの外部ハードウェアが適切にマッチしていなかった問題を修正しました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Lotus 49

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Lotus 79

  • タイヤパラメータを調整しました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Lucas Oil Off Road Pro 2 Lite

  • Paint Shop でマッドフラップが表示されるようになりました。
  • ダートトラックでの磨耗率がアップデートされました。
  • 冷却水とオイルのクーリングについて改善しました。

Lucas Oil Off Road Pro Trucks

  • (ALL) – Paint Shop でマッドフラップが表示されるようになりました。
  • (ALL) – ダートトラックでの磨耗率がアップデートされました。
  • (Pro 2 Truck) – 冷却水とオイルのクーリングについて改善しました。

Mercedes-AMG GT3 2020

  • 2023 シーズン 4 のクラス内バランスとして重量とダウンフォースを増加、エンジントルクとドラッグを引き下げ、燃費をファインチューニングしました。
  • 空力パラメータ、リアサスペンションジオメトリ、タイヤ温度についてファインチューニングしました。
  • エンジンブレーキが削減されました。
  • テレメトリボックスのライトが追加されました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Mercedes-AMG W13 E Performance

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Modified – SK / NASCAR Whelen Tour Modified

  • (BOTH) – 新ダメージモデルが有効化されました!
  • (BOTH) – iRacing セットアップがアップデートされました。

NASCAR Legends Pontiac Grand Prix – 1987

  • 新車の登場です!
    • NASCAR Classic Pontiac Grand Prix – 1987 が利用できるようになりました!
    • Petty Enterprises, Blue Max Racing, RahMoc Enterprises, McDuffie Racing の Pontiac Grand Prix は 1987年の NASCAR Cup Series に少数ながら強力なドライバーラインナップで出場していました。Rusty Wallace は 2勝を挙げ 9回の TOP5 でランキング 5位、Richard Petty も 9回の TOP5 で自身最後のトップ10となるランキング 8位を獲得しました。
    • NASCAR Classic Pontiac Grand Prix – 1987 の購入は iRacing Store のこちらから: https://members.iracing.com/membersite/member/CarDetail.do?carid=175
    • AI レースで使用できます!
  • 新ダメージモデルが搭載されました!

NASCAR Truck Chevrolet Silverado

  • ドライバーアニメーションを新しいブレンディングシステムを使ってアップデートして、アニメーション間の繋がりがスムーズになりました。

NASCAR Xfinity Ford Mustang

  • 実際の車両に合わせてフロントの MUSTANG レタリングを取り除きました。

Nissan GTP ZXT

  • AI レースで使用できます!

Porsche 911 GT3 R (992)

  • ダメージを負うとヘッドライトフレアが一方向にしか現れなかった問題を修正しました。
  • 一部のテレメトリボックスライトが追加されました。

Porsche 963 GTP

  • 新車の登場です!
    • Porsche 963 GTP が利用できるようになりました!
    • 5年間のトップレベルのプロトタイプレース休止を経て、2023年 IMSA WeatherTech SportsCar Championship の GTP クラスに新型 963 でポルシェが復帰しました。Multimatic と提携して製造した 963 シャシーは Porsche Penske Motorsport と共に 2023 デイトナ 24時間レースでデビューを果たしてから、さらに多くのチームが採用し始めています。ペンスキーの Mathieu Jaminet と Nick Tandy は IMSA 出場 3戦目の Long Beach で初勝利を挙げました。4.6L ツインターボ V8 の 9RD エンジンは 670馬力以上を発生します。他の GTP カーと同様、車体重量は 1,030kg で 50kW ハイブリッドシステムを搭載しています。
    • Porsche 963 GTP の購入は iRacing Store のこちらから: https://members.iracing.com/membersite/member/CarDetail.do?carid=174
  • AI レースで使用できます!
  • 新ダメージモデルが搭載されました!

Radical SR10

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Ray FF1600

  • オンボードエンジンサウンドが改良されました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Silver Crown

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Skip Barber Formula 2000

  • オンボードエンジンサウンドが改良されました。

Street Stock

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Super Formula SF23

  • 新車の登場です!
    • Super Formula SF23 が利用できるようになりました!
  • レース中にはオーバーテイクシステムが使用できます。
    • スーパーフォーミュラ 2023 シーズンにデビューした SF23 は Dallara が日本のプレミアオープンホイールシリーズ向けに製造した 3世代目の車両です。
      その見た目からも SF23 はより多くのオーバーテイクを生み出すための新しい空力設計がうかがえます。
      サステナビリティの観点から、新しい天然素材によって原材料及び製造における二酸化炭素排出量が 75% 削減した新しい設計となり、装着するタイヤもヨコハマタイヤが多くの再生可能原材料で製造しながらこれまでの性能を維持しています。
      スーパーフォーミュラが搭載する直列 4気筒 2.0L ターボエンジンは 540馬力以上を発生します。各車両にはレースあたり最大 200秒間の追加燃焼でエンジンパワーを増大できるオーバーテイクシステム (OTS) が搭載されています。
    • Super Formula SF23 の購入は iRacing Store のこちらから: https://members.iracing.com/membersite/member/CarDetail.do?carid=171
  • 新ダメージモデルが有効化されました!
  • AI レースで使用できます!

Super Late Model

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

USF 2000

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

2023s4 リリースノート:

Acura ARX-06 GTP

カバーが外されて登場がアナウンスされた GTP マシンはやはり Acura ARX-06 でした。IMSA 充実しますね。
どうやら 2023 s4 ビルドリリースは日本時間だと水曜メンテとなるのでしょうか。

2023/09/06追記: 動画が公開されました

https://www.youtube.com/watch?v=E8JjmIHr3tE

登場見込みの新コンテンツ

間もなく 9月にリリースされる 2023 シーズン 4 ビルドで登場が見込まれる新コンテンツのスクリーンショットが公開されましたね。

フランスのレドゥノン・サーキット(Circuit de Ledenon)

2023/09/07追記: 動画が公開されました。

https://www.youtube.com/watch?v=RXVS52izVs0

ポルシェ 962

2023/09/03追記: 動画が公開されました。

https://www.youtube.com/watch?v=UZ-UAOizJao

以前の予告画像でカバーがかけられていたもう一台の GTP は果たして同時にリリースされるのでしょうか。

2022 Petit Le Mans

プチルマンについて発表されました。
https://forums.iracing.com/discussion/29535/iracing-presents-the-2022-petit-le-mans-powered-by-vco/p1

スロット 日時
#1 2022/10/08(土) 07:00
#2 2022/10/08(土) 16:00
#3 2022/10/08(土) 21:00
#4 2022/10/09(日) 01:00
コース Road Atlanta
必要ライセンス Road D 4.0
シミュレート日時 2022/10/01
11:20 AM セッション開始
Warmup/Join待ち 30 分
Qualify レースセッション Join後開催
2周, 8分
Race 10時間
天候 ダイナミックウェザー・ダイナミックスカイ
スプリット iRating
ドライバー (2~16/チーム)
フィールドサイズ 45台
Stop&Go 50インシデント及び以降20インシデント毎
DQ なし

2022/10/01 BOP追記しました

class cars BOP
LMP2 Dallara P217
GTD Audi R8 LMS GT3 +10kg, -0.2% power
BMW M4 GT3 +15kg, -0.2% power
Ferrari 488 GT3 Evo 2020 +10kg
Lamborghini Huracán GT3 EVO +10kg, -0.2% power
McLaren MP4-12C GT3 -0.2% power
Mercedes-AMG GT3 2020 +15kg
Porsche 911 GT3 R +15kg

Chicago Street Race

2023年に NASCAR と IMSA がシカゴ市街地コースでイベント。iRacing が設計・開発したシカゴ市街地サーキットが現実となり、2023/07/01-02 に開催されます。

https://twitter.com/NASCAR/status/1549488466572070912

https://www.nascar.com/chicago
https://www.nascar.com/news-media/2022/07/19/nascar-reveals-chicago-street-race-on-tap-for-2023-cup-series-seasons-july-1-2-weekend/
https://www.iracing.com/iracing-designed-chicago-street-course-to-become-reality-for-nascar-in-2023/

Release Notes

2022 シーズン 3 ビルドのリリースノートを和訳して紹介します。
記事に誤字・間違いなど見つけたら教えてくださいね

長くなるので 3ページに分けました。

2022s3 リリースノート目次:


iRacing 2022 シーズン 3 ビルドが到着しました!GT3とGT4の2台のメルセデスAMGレースカーとラディカル SR10 がガレージに追加されました。富士スピードウェイ、サンダウンレースウェイ、ポートロイヤルスピードウェイで、日本、オーストラリアそして米国を旅しましょう。NASCAR Cup の全てのオーバルに追加されたスタートゾーンでより本格的なグリーンフラッグを体験することができるようになりました。コミュニティに耳を傾け、予選で使われていたタイヤエクスプロイトを使えなくしました。タイヤグレイニングとコードのビジュアルエフェクトがすべての車両で見れるようになり、GT3 クラスは最新の IMSA 仕様グラフィックアップデートを受けました。新ダメージモデルが 5車種に追加搭載され、AI レースで行えるコンテンツがさらに 12 増えました。そして 600以上のカスタムセットアップも提供されます。iRacing 2022 シーズン 3 へ真っ先に飛び込みましょう!

シーズンハイライト

新コンテンツy:

  • Mercedes-AMG GT3 2020
  • Mercedes-AMG GT4
  • Radical SR10
  • Sandown International Motor Raceway
  • Fuji International Speedway
  • Port Royal Speedway
  • iRacing UI の機能強化:
    • Quick Join (Race Now & Test Drive)
    • UIの手引きとなるガイドツアー
    • プロフィールウィジェット
    • 合理化された Test Drive
    • カスタムカークラス
  • スタートゾーン
  • 予選中のタイヤウォーミングアップに関するFix
  • NASCAR NextGen 車両のパラメータアップデート
  • タイヤのグレイニングとビジュアルエフェクト
  • GT3 IMSA ビジュアルアップデート
  • 車両ごとのUI位置調整
  • 新ダメージモデルを5車種に搭載: NASCAR NextGen, Mercedes-AMG GT4, Radical SR10
  • AI レースで使える車両が 8車種追加: ARCA Menards Chevrolet Impala, Chevrolet Monte Carlo SS, Mercedes-AMG GT3 2020, Mercedes-AMG GT4, NASCAR SK Modified, NASCAR Whelen Tour Modified, Stock Car Pro シリーズ車両
  • AI レースで使えるコースレイアウトの追加: Fuji International Speedway(2コース共), Sandown International Motor Raceway, Stafford Motor Speedway – Full Course
  • 600以上に上るカスタムセットアップ

2022 シーズン 3 の特徴を紹介するページはこちら: https://www.iracing.com/seasons/2022-s3/

2022 シーズン 3 リリースの詳細は以下の通り。

iRACING UI:

Dashboard

  • ニュースストーリーとクイックアクセスボタンを Dashboard タブに統合しました。

Profile Widget

  • 新しいプロフィールウィジェットをダッシュボードに配置し、最近のリザルトやアクティビティ、パフォーマンスや獲得したアワードを確認できるようになりました!

Guided Tours

  • iRacing UI でガイドツアーシステムが追加されました。
    • このツアーでインターフェース各セクションの利用方法や詳細とコツを学べます。
  • ガイドツアーは以下の UI ページで表示されます:
    • Dashboard
    • Test Drive
    • Current Series
  • ガイドツアーはボタンをクリックしたり矢印キーを使って進めることができます。

Quick Join

  • Race Now と Test Drive の 2つの新しいボタンが UI の右上に追加されました。
    • これらのボタンはシムが実行中か参加登録バーが表示されているとき以外はいつでも表示されているのでいつでも使えます。

Quick Join: Race Now

  • Race Now ボタンから、最近参加したオフィシャルシリーズページへのクイックリンクが表示されます。
    • さらにオフィシャルシリーズページでは、シリーズ名のすぐ右にドロップダウンメニューが追加されていて、でオフィシャルシリーズを探して別のシリーズページにダイレクトに切り替えることができます!
  • Race Now にはホストセッション作成のクイックリンクもあります。

Quick Join: Test Drive

  • Test Drive セッションの作成手順を見直して使い勝手を向上して素早くコースに出られるようになりました。

Custom Car Classes

  • iRacing UI の一部で、メンバーサイトからしか行えなかったカスタムカークラスを管理する機能が追加されました。
    • Cars ページから開く新しいモーダルウィンドウでカスタムカークラスを管理することができます。
    • ホストセッションの作成中にカスタムカークラスを作成することができるようになりました。
      • カスタムカークラスを使ったホストセッションでは AI ドライバーを含めることはまだできないことに留意してください。
    • カスタムカークラスを AI ドライバーと一緒に使うことはまだできません。

Official Series

  • オフィシャルシリーズページにはシリーズ名のすぐ右にドロップダウンメニューが追加され、オフィシャルシリーズを探して別のシリーズページにダイレクトに切り替えることができるようになりました!

Race Results

  • レースリザルトページに Share ボタンが追加されました。Facebook で簡単にシェアできます!

Favorites

  • お気に入りのシリーズはシーズンをまたいで保持されます。

iRACING MEMBERSITE:

Paint Shop

  • ペイントショップに新スポンサー Extreme Simracing が追加されました!

Results Page

  • リザルトで管理者名のフォーマットに関する問題があったのを修正しました。

Note for 3rd Party Developers

Data API

  • 一部のエラーレスポンスに詳細メッセージを追加しました。
  • 以下の新しいエンドポイントを追加しました。
    • /data/constants/categories
    • /data/constants/event_types
    • /data/league/directory
    • /data/league/seasons
    • /data/league/season_standings
    • /data/league/season_sessions
    • /data/member/chart_data
    • /data/results/search_series
    • /data/results/search_hosted
    • /data/team/get
  • ドキュメントはこれまでと同様に利用できます: https://members-ng.iracing.com/data/doc/:service/:method

SIMULATION:

Race Servers

  • チームの車両がピットストップでタイヤを装着したとき、チームメイトは新しく装着したタイヤがどのコンパウンドなのか確認できなかった問題を修正しました。
  • 使用したいカーナンバーが同じドライバーがいるときに割り当てられた代わりのナンバーがすでに使用済みとなっている可能性がある問題を修正しました。

NetCode

  • ノーズとリアの衝突判定を和らげるために設計された最近の外挿に関する変更がアップデートされました。

Race Control

  • 予選監査システムがアップデートされ、ピット出口周辺の感度が向上しました。これはピットを出るだけのエリアです。
  • スタンディングスタートのレースで、ピットスタートの車両をレースコントロールがすぐにコースへリリースすることがあった問題を修正しました。
  • 一部のパーツに適切なダメージしきい値が設定されておらず、誤って任意のオプショナルリペアとみなされた場合に問題が発生する可能性があったのを修正しました。
  • コーション中に2台がピットレーンを出るときに順不同とされる可能性がある問題を修正しました。

Start Zones

  • 実際のレースではレースコントロールのためにローリングスタートやコーション終了してレースリスタートとなる場面でドライバーがグリーンフラッグを受けるゾーンが設定されます。NASCAR はこれで知られていて、こういったゾーンは目立つように青くペイントされたウォールやエプロンで識別することができます。NASCAR ではこれらをスタートゾーンと呼んでいます。
  • この機能が iRacing に再現され、このリリースでは以下のコースで有効化されました:
    • Atlanta Motor Speedway – Oval
    • Auto Club Speedway – Oval
    • Bristol Motor Speedway – Dirt – 2021
    • Charlotte Motor Speedway – Oval – 2018
    • Chicagoland Speedway
    • Darlington Raceway
    • Daytona International Speedway – Oval
    • Dover Motor Speedway
    • Homestead Miami Speedway – Oval
    • Indianapolis Motor Speedway – Oval
    • Iowa Speedway – Oval
    • Kansas Speedway – Oval
    • Kentucky Speedway – Oval
    • Las Vegas Motor Speedway – Oval
    • Los Angeles Memorial Coliseum
    • Martinsville Speedway
    • Michigan International Speedway
    • Nashville Superspeedway
    • New Hampshire Motor Speedway – Oval
    • Phoenix Raceway – Oval
    • Pocono Raceway
    • Richmond Raceway
    • Talladega Superspeedway
    • Texas Motor Speedway – Oval
    • World Wide Technology Raceway – Oval
  • ホストレースや AI レースでは、スタートゾーン機能を Track Options のチェックボックスで有効化したり無効化したりすることができます。
    • すべてのコースにスタートゾーンがあるわけではないことに注意してください。したがってこのオプションは使用可能なコースでのみ現れます。
  • 機能を有効化すると、スタートゾーンは以下のように執行されます:
    • スタートゾーンが定義されたコースでは、ペースカーがコースを外れたあともリーダーに制約が課されます。ペースカーがコースを離れたあと、両方のラインのリーダーはスタートゾーンに到達するまでペースの速度を維持する必要があります。ラインリーダーの後方の車両はラインリーダーに追走します。レースコントロールはペース速度を維持することを期待して、リーダーにはペーシング UI でペース速度と現在速度が表示されます。これはペースカーが離れたら表示され、ピット速度制限の表示と同じような振る舞いで表示されます。あまり厳しい制限ではありませんが、速度を上げると、ペース速度を維持できなかったとして新しく追加されたペース スピード ブラック フラッグを受けるリスクがあります。
    • イベントで最初のローリングスタートでレースが始まるとき、リーダーはスタートゾーンのランダムな位置でスターターがグリーンフラッグを振るまで、速度を維持する必要があります。グリーンフラッグが振られる前にリーダーが大幅に加速した場合、ストップ & ゴーのジャンプスタートペナルティが課せられます。
    • レースがスタートしたあとのローリングスタートでは、リーダーはスタートゾーンまでペース速度を維持する必要がありますが、スタートゾーンの中で自身で決めたタイミングで「テイク オフ」することができます。リーダーが「テイク オフ」すると、スターターが間髪入れずにグリーンフラッグを振り、それを合図に後続も「テイク オフ」することができます。もしリーダーがスタートゾーンが終わるまで「テイク オフ」しなかった場合には、スターターはとにかくグリーンフラッグを振って、誰もがリーダーを置いて加速することができます。
    • これらの新しいローリングスタートルールにより、Pass the Leader ルールも異なってきます: 2番目の列のリーダーはレーススタートでもリスタートでも、グリーンフラッグが振られた瞬間にリーダーの前に出ていてはいけませんが、そのあとはスタート/フィニッシュラインを待たずにリーダーの前に出ることができます。
    • スタートゾーンを使うコースでは、ゾーンが視覚的に識別できるようにアートワークで定義されています。たとえば最終コーナー内側のウォールにあるスタートゾーンの開始と終了を示す青いエリアがそうです。
    • スポッターコールとルールタブもアップデートされ、ドライバーにスタートゾーンルールを通知しています。
    • 2列目がリーダーから大幅に遅れている場合、ドライバーがリーダーに追いつくまで、そのドライバーに対する「ペース速度に従うルール」は適用されません。
    • ラインリーダーの一人がレースコントロールを無視してストップ & ゴー ジャンプ スタート ペナルティを受けた場合、そのスタートではスタートゾーンルールは放棄され、すべての車がルールを破った車に追いつけることになります。
    • ペーシング UI 要素、スポッターコール、スポッターメッセージがアップデートされ、詳細情報が追加されました。
  • クラシックメンバーサイトでホストセッションを作成するときには、スタートゾーンの設定は利用できません。
  • スタートゾーンの使用に関する情報はクラシックメンバーサイトでは表示されません。

AI Racing

  • AI レースで以下の車両が使えるようになりました:
    • ARCA Menards Chevrolet Impala
    • Chevrolet Monte Carlo SS
    • Modified – SK
    • NASCAR Whelen Tour Modified
    • Mercedes-AMG GT3 2020
    • Mercedes-AMG GT4
    • Stock Car Pro Series Toyota Corolla
    • Stock Car Pro Series Chevrolet Cruze
  • AI レースで以下のコース・レイアウトが使えるようになりました:
    • Fuji International Speedway (Both configs)
    • Sandown International Motor Raceway
    • Stafford Motor Speedway – Full Course
  • 2022 シーズン 3 の AI スクールを修了しました!:
    • A Backseat Driver’s Guide to Rear-Wheel Drive
    • Binary Switches – is it ON or OFF? A crowd-sourced project
    • Handling Excessive Slip Like a Greasy Champ
    • Pushing the Limit: Maintaining Focus with an Active Low Fuel Light
    • Growing Confidence for Close Proximity Road Racing and Other Herbs
    • ART-303: Zoetropes and Animation Loops
    • Drag Reduction System Deployment Strategies for the Modern Age
    • Tire Changes Take Time – a Documentary in the “Stories from the Pits” Series
    • Counting with Car Numbers 0 to 999
  • AI ドライバーが追加の専門トレーニングを修了しました:
    • GT4 Class Cars
    • NASCAR Cup Series Class Cars
    • NASCAR Xfinity Class Cars
    • Porsche 911 R GT3
    • Street Stock
  • AI ドライバーが以下のコースで補習を受けました:
    • Kansas Speedway – Oval.
    • Martinsville Speedway

Tires

  • 低速でブレーキを過度に引きずったりステアリングホイールを過度に回転させることでタイヤをウォームアップさせる手法が使えた問題を修正しました。
  • コンパウンド変更が必須のタイヤルール用に、F2 および F3 ブラックボックスにステータスを示すインジケーターアイコンを追加しました。ジョーカーラップのアイコンと同様、交換ルールの要件を満たせばこのアイコンが点灯します。
  • タイヤセット追跡システムがアップデートされ、ドライバーが初めてコクピットに乗り込むまではタイヤセットが使用済とならないようにしました。これによってイベントで許可されたタイヤセットが 1 セットだけの場合でも、初めて車両に乗り込む前にガレージ画面でタイヤ空気圧を設定することができるようになります。

New Damage Model

  • 以下の車両に新ダメージモデルが搭載されました:
    • NASCAR NextGen Class Cars (ALL)
    • Mercedes-AMG GT4
    • Radical SR10
  • 新ダメージモデル搭載車両用にダートの路面属性を調整しました:
    • ダート路面の摩擦抵抗とドラッグを増やしました。
    • ダート路面に軽くあたれば柔らかく、深くあたれば硬くなるようにしました。
  • タイヤサイドウォールの衝突と関連するトルクの計算処理をアップデートし、壁走りのメリットを減らして非現実的に斜めに走るのを防ぎます。
  • タイヤの衝突判定形状の計算方法をアップデートしてタイヤ空気圧に基づいた精度を向上させました。
  • タイヤリムの衝突と下側の衝撃を少し改善しました。
  • リアリズムを向上するために金網リンクフェンスのフィジクス属性を調整しました。
  • ホイールが修理中のままスタックしてしまうことがある問題を修正するためにダメージ状況マネージャーをアップデートしました。
  • ピットへの牽引でホイールやサスペンションのスプリング/ダンパーやマウントが誤って修理されていたバグを修正しました。これはピットでの修復後に本来あるべきよりも良好な状態となることがあったことを意味します。
    • 以前はピットへの牽引で誤って修復されていたので、この修正によってサスペンションが弱くなったように見える場合があります。しかしこれが正しい状態なので、オープンホイール車両では注意してください!

Rendering

  • グラフィック自動設定を少しアップデートしました。
  • 現在使用中のレンダラーファイルをユーザーが参照できるように Advanced Graphics Options メニューに表示されるようになりました。
  • SSAO (Screen Space Ambient Occlusion, スクリーンスペース・アンビエント・オクルージョン) が使えるようになりました。
  • AMDs FidelityFX Super Resolution 1.0 が使えるようになりました。
    • Graphics オプションの Resolution セクションに設定が追加されました。
  • シャドウマップフィルターがデフォルトで PCF (Percentage Closer Filtering) を有効化するようにアップデートされました。
  • ダイナミックシャドウマップがカスケードスプリットをまたいでよりよく融合するようになりました。
  • 一部の静的シャドウマップオプションはトラックとオブジェクトを一緒に雲の影を切り替えられるようにより少ないオプションとなるよう畳まれています。
  • トラック路面の静的シャドウマップのフィルターを改善してコース上のスパークが減りました。
  • チェイスカメラでミラーを描画する際に車両インテリアが仮想ミラーに隠されるようになりました。
  • スタンドアロンのグラフィック自動設定ツールがユーザーが選択したオプションを保存していなかった問題を修正しました。
  • 夜間のトラック路面デカールに関する透過率の問題を修正しました。
  • 昼夜の切り替わり中にトラック路面に明かりがちらつく問題を修正しました。
  • Two-Pass Treesオプションが有効なときの夜間の樹木描画に関する問題を修正しました。
  • 空中に浮かぶ黒い線が含まれていた地平線の樹木限界線テクスチャを修正しました。
  • ダイナミックタイヤが無効なときに一部のタイヤが正しく描画されない問題を修正しました。
  • 旧ダメージモデルを使用中の車両で調整したあとで同じ車で新ダメージモデルを使用中に調整したり、あるいはその逆をすすると、 F9 ブラックボックスのミラー調整が誤ったミラーにスワップされる可能性がある問題を修正しました。
  • 一部のシェーダーが廃止済バージョンにフォールバックしてしまって一部のダッシュボードライトが四角く表示される問題を修正しました。
  • 様々な車で、ウィンドシールドが明るすぎた GGX シェーダーの問題を修正しました。

Visual Effects

  • 新しいタイヤのグレイニングと視覚的なエフェクトを全車に適用しました。
    • グレイニングはタイヤからゴムストリップが引き裂かれてすぐに高温なタイヤ表面に貼りつくときに発生します。コードはタイヤ表面の下にある補強材です。グレイニングはタイヤのライフサイクル中に始まって摩耗とともに悪化します。コードはタイヤ寿命の終わりに見え始め、つまり悪いことが起こる前にピットでタイヤを交換する必要があります。
  • スモークとダストパフに Haze エフェクトが追加されました。
  • 霧の照明および霧へとコンディションが変わる際の拡散照明が改善されました。
  • タイヤ痕に特に暗いエッジがあるように見える問題を修正しました。
  • PopcornFX パーティクルシステムがバージョンアップされました。

Audio

  • 様々な素材の衝撃音や擦過音が優れたダイナミクスで改善されました。

Pit Stops

  • 燃料漏れ修理が通常の修理の 4倍の速度で修理される問題を修正しました。

Environment

  • DRS ラインのテクスチャがアップデートされました。
  • 忠実度を上げるために環境オブジェクトのテクスチャがアップデートされ、一部の問題が修正されました。
  • 一部の 2022 シーズン 2 トラックで、一部の環境オブジェクトの様々な法線マップを更新しました。

Pace Car

  • ロードコースの狭いコーナーでペースカーがスロー走行する可能性がある問題を修正しました。

Spotter

  • 予選でベストタイムを記録したタイヤコンパウンドでのスタートとなることを伝えるスポッターメッセージが追加されました。
    • このメッセージは、関連するルールが有効なときと複数タイヤコンパウンドルールが有効なときに、初めて予選セッションに入ったときに再生されます。
  • イタリア語のMarco_Arcidiacono、イタリア語のRenzo_A_Olivier、スペイン語のAri_Cejasなど、複数のスポッターパックがアップデートされました。
    • Marco, Renzo, Ari, Dimitry, そして全てのスポッターパックマネージャーに感謝します!
  • ピットボックスカウントダウンを無効化するサウンドオプションを追加しました。

User Interface

  • HUD を調整する Alt + K で車両ごとに保存するチェックボックスが追加されました。
  • インターフェースの中央部が制限されているときでも VR セッションでも Alt + K コマンドを使えば UI 項目を画面上どこでも任意の場所に移動させることができるようになりました。
  • マウスオーバーのヘルプメッセージはディスプレイの一番下でなく各ダイアログの一番下に表示されるようになりました。これにより VR ユーザーの視野より外に表示されるようなことがなくなります。
  • Dash ボックスをアップデートして、RPM テキスト色がシフト LED と一致するようになりました。
  • セッション画面(リプレイ画面)は、ワイドスクリーンでも幅を全て使えるようになりました。すべての UI 要素をディスプレイの端に強制することはありません。
  • 超高解像度ディスプレイ使用時にシミュレータの描画クラスを変更するときにインターフェースがズーム調整されなくなりました。
  • 超ワイドモードの PiMax など高アスペクト比のデバイスで UI が縦方向に縮む問題が修正されました。
    • Oculus と OpenVR で 2D UI を 3D UI スペースに配置するための処理も同様の変更が行われました。
  • Trade Show バージョンのインターフェースパラメータはデフォルトのインターフェースパラメータから分離されています。Trade Show バージョンのパラメータは調整されていません。

Controllers

  • TrueForce 対応ステアリングホイールに適用するダンパー調整が設定できるようになりました。
    • このオプションは app.ini [Trueforce] trueForceDamperPct=0.05 がデフォルト値の 5% で、ステアリングホイールに少し重さを加えます。
  • Logitech TrueForce API が最新バージョンにアップデートされました。このアップデートにより再構築フィルターが利用できる場合、自動的に 60Hz に設定されます。

Options

  • Auto-Wiper と Auto-Tear Off が個別のオプションへと分離されました。

Replays

  • リプレイでのダイナミックトラックのデータの生成処理で、特に新ダメージモデルを使用した古いリプレイで、精度が上がりました。

Sporting Code

  • iRacing スポーティングコードがアップデートされました。
    • すべての車両がフィニッシュラインを通過するまで、インシデントがカウントされることを説明する文章に更新されました。
    • Breach of Rules セクションが追加されました。
    • タイヤコンパウンド交換要件ルールのセクションが追加されました。
    • 失格が定義されました。
  • いつでも最新バージョンのスポーティングコードが次のリンクから取得できます:

2022s3 リリースノート目次:

2022 Sebring 12 Hour presented by Heusinkveld

iRacing セブリング12時間レースについてアナウンスがありました。LMP2 と GT3 7車種による耐久チームイベントです。
2022 Sebring 12 Hour presented by Heusinkveld
https://forums.iracing.com/discussion/18653/2022-sebring-12-hour-presented-by-heusinkveld/p1

追記: PRIZE

セブリング12時間レースで走行1周ごとに Sim Pedals Sprint – Team Redline Edition が当たるチャンス!
https://forums.iracing.com/discussion/19886/2022-sebring-12-hour-presented-by-heusinkveld-contest/p1

開催概要

Timeslot #1 – 2022/03/26(土) 07:00
Timeslot #2 – 2022/03/26(土) 16:00
Timeslot #3 – 2022/03/26(土) 21:00
Timeslot #4 – 2022/03/27(日) 01:00

コース Sebring International Raceway – International
ライセンス要件 ロード D 4.0 以上
出走登録 1時間前より受付開始
Warm Up/Join待ち 30分
予選 2周/8分
レース長 12時間
シム内日時 2022/03/19 09:30 AM –
天候・空 Dynamic
スプリット iRating
Team? Yes, チームドライバー: 2~16名
ペナルティ x50 及び以降 x20ごとにドライブスルー
Inc積算による失格 なし
最大台数 50

車両

IMSAブランディング。BOPは1週間前にアナウンスされます >> 追記しました

LMP2 Dallara P217
GT3 Audi R8 LMS +12 kg, タンク 98%
BMW M4 GT3
Ferrari 488 GT3 EVO 2020
Lamborghini Huracan GT3 EVO +12 kg, タンク 98%
McLaren MP4-12C GT3
Mercedes AMG GT3
Porsche 911 GT3.R

参考

2022年のスペシャルイベントはこちら。
https://www.shupop.com/iracing/2021/11/20/special-events-2022/

Moar Endurance Series

2022シーズン2より、2時間ソロ耐久シリーズ Moar Endurance Series が始まります。

  • 車両は GT4 と TCR
  • IMSA Pilot Challenge と同じシーズンカレンダー
  • タイムスロットは日本時間で日曜00時、09時、月曜05時
  • 2022/02/18追記: 隔週(偶数週)開催

NEW SERIES: MOAR Endurance Series
https://forums.iracing.com/discussion/17762/new-series-moar-endurance-series/p1

Release Notes

2022 Season 1 Patch 1 Hotfix 1 Release Notes [2022.01.12.02] を和訳して掲載します。

間違いなど見つけたら教えてくださいね

※今季これまでのリリースノート:
2022s1 Release Notes
2022s1 Hotfix 1 Release Notes
2022s1 Hotfix 2 Release Notes
2022s1 Patch 1 Release Notes


このパッチには 2022シーズン 1 リリースのパッチ 1 のアップデートや修正が含まれます。

SIMULATION:

Tires

  • 新品タイヤを装着しても以前のセッションから芝や汚れがついて持ち越されたように見えることがあった問題を修正しました。

CARS:

Audi R8 LMS

  • IMSA 順位パネルの1の位と10の位の表示が逆だったのを修正しました。
  • 低い側のフォグランプが IMSA 仕様の色で固定されていたのを修正しました。
  • タイヤリムのテクスチャの問題を修正しました。

GT4 Class Cars

  • GT4クラスのスプリングダンパーについて、収率と破壊限界のバランス調整を行いました。

Hyundai Elantra N TC

  • スプリング/ダンパーの強度が他のTCR車両と比べて著しく低かった問題を修正しました。

McLaren MP4-12C GT3

  • IMSA 順位パネルの1の位と10の位の表示が逆だったのを修正しました。

Mercedes-AMG F1 W12 E Performance

  • ブレーキ バイアスの Fine (微調整)調整幅を +/- 1% に制限しました。
    Fine brake bias has been limited to +/-1%.

    • ブレーキバイアスの Fine もガレージ画面で調整できるようになりました。
    • コクピットで Dynamic ブレーキバイアスがスクリーンに表示されるようになりました。

Mercedes-AMG GT3

  • IMSA 順位パネルの1の位と10の位の表示が逆だったのを修正しました。
  • タイヤリムのテクスチャの問題を修正しました。

TRACKS:

Daytona International Speedway

  • バックストレートの縁石に目に見えない攻撃的なバンプがあったのが修正されました。
  • ピット出口にあった特に意地の悪いバンプをなだらかにしました。
  • 一部のトラックサイドデカールにスペキュラーマップとノーマルマップがなかった問題を修正しました。
  • いろいろ地形とトラックの継ぎ目があったのが埋められました。

Release Notes

2022 Season 1 Patch 1 Release Notes [2022.01.10.03] を和訳して掲載します。

間違いなど見つけたら教えてくださいね

2022s1 Release Notes
2022s1 Hotfix 1 Release Notes
2022s1 Hotfix 2 Release Notes


このパッチには 2022シーズン 1 リリースのアップデートや修正が含まれます。

iRACING UI:

Home Page

  • Home ページの日付表示で 2022 シーズン 4 となっていたのを修正しました。

Up Next

  • Up Next ページのセッション一覧が時間が経過しても更新されなかった問題を修正しました。

Tracks

  • Knockhill Racing Circuit と Hockenheimring Baden-Württemberg – Porsche Experience Center でピットレース速度制限が抜け落ちていた問題を修正しました。

Filters

  • Mercedes-AMG F1 W12 E Performance用に検索フィルターを追加しました。

Retired Content

  • 廃止された [Retired] コンテンツが UI でどう表示されるか更新しました。

Documentation

  • 新しいペイントポリシーが追加されました。(2021/12/15)
  • ブロードキャストポリシーがアップデートされました。(2021/12/15)

SIMULATION:

iRacing Live

  • iRacing Live コンパニオン ウェブサイトがオープンしました。 https://iracing.com/live
    • iRacing のビッグライブイベントはすべてここから観戦できます。
    • ブロードキャストパートナーからのあらゆる放送予定が網羅されるのでお気に入りのコンテンツを見逃すことはありません。
    • 今後・過去のイベントやブロードキャストパートナーをキーワード検索できます。
    • 見逃したイベントがあっても 6か月前まで保存されているので見返すことができます。

Loading

  • トラックのロード中に75%付近で大きな遅延が生じてサウンドスクリプトが機能しなくなる問題を修正しました。

Race Control

  • 予選やタイムアタックをより厳格にするためにピットレーンのチェックポイント通過を検出するようにして、ピットレーンを使って不正なラップタイムを記録することを防ぎます。

Penalties

  • メンバーサイトのリザルトページで Session Events に表示されるはずのペナルティ消化/クリアがデータベースに保存されないバグを修正しました。ペナルティが適切に消化/クリアされたことがデータベースに記録されなかったものがあります。

AI Racing

  • 来たるイベントに向けて AI ドライバーが Daytona International Speedway でのレーシングスキルを向上させました。

Audio

  • 新規の app.ini ファイルではデフォルトのオーディオデバイスが XAudio2 に設定されるようになりました。

Spotter

  • 不適切に Low Fuel がコールされることがあった問題を修正しました。
  • スポッターコールが少し改善されました。

Fuel Data

  • ブラックフラッグ、ピットイン、リセット、車両制御不能時、牽引などの不完全なラップや、レースが終了したら、燃費予測データとしては破棄されるようになりました。

Driver Display Name

  • 車両にドライバー名が表示される場合、サインアップした際のFirst Name/Last Nameから直接表示するようになりました。
    • 名前が正しく表示されなかった場合、カスタマーサービスに連絡して修正を依頼してください。

CARS:

ARCA Menards Chevrolet Impala

  • ステアリングホイール表示非表示の問題を修正しました。

Audi R8 LMS

  • IMSAシリーズイベントではミシュランタイヤが装着されるようになりました。
  • IMSAシリーズイベントではIMSAのバッジが表示されるようになりました。

Chevrolet Corvette C8.R GTE

  • UI 用のモデルにヘッドライトの部品が揃っていなかった問題を修正しました。

Dallara iR-01

  • 周囲の車両が予選と異なるタイヤでスタートしているように表示されることがあった問題が修正されました。

Dallara IR18

  • 周囲の車両が予選と異なるタイヤでスタートしているように表示されることがあった問題が修正されました。
  • 一部のボディタイプではドライバーの手がステアリングホイール上でおかしなシフト操作をすることがあった問題を修正しました。

Global Mazda MX-5 Cup

  • エンジンのイン・カー・サウンドをアップデートしました。
  • タイヤがアスファルト上を転がる音がアップデートされました。
  • 風のオーディオレベルをバランス調整しました。

Honda Civic Type R

  • エンジン冷却についてアップデートしました。
  • 大きく縁石にヒットした際のバウンドに対処できる新しいショックパッケージが追加されました。
  • 周囲の車両すべてにアクティブなミラーポータルがあり FPS に深刻に影響していた問題を修正しました。
  • フロントガラスの数字表示の問題を修正しました。
  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Hyundai Elantra N TC

  • IMSAゼッケンプレートとフロントガラス上のナンバーがデフォルトの車両ペイントパターン上に復活しました。
  • フロントガラスの数字がちらつかないように改善しました。
  • ガレージ画面に余分なタブが表示されていたのを修正しました。
  • ステアリングホイール表示非表示の問題を修正しました。

Lamborghini Huracán GT3 EVO

  • ブラックボックス設定によってはダッシュボードで一部のノブが消失してしまう問題を修正しました。

McLaren MP4-12C GT3

  • IMSAシリーズイベントではミシュランタイヤが装着されるようになりました。
  • IMSAシリーズイベントではIMSAのバッジが表示されるようになりました。

Mercedes-AMG F1 W12 E Performance

  • ペイントパターン 12 をアップデートしました。
  • レーススタート時に、周囲の車両が汚れたタイヤや予選と異なるタイヤを装着しているように表示されることがあった問題を修正しました。
  • コントロールのポップアップ画面が表示されたときにシフトライトが動作しなくなる問題を修正しました。
  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Mercedes-AMG GT3

  • IMSAシリーズイベントではミシュランタイヤが装着されるようになりました。
  • IMSAシリーズイベントではIMSAのバッジが表示されるようになりました。

Modified – SK

  • (ALL) – Fixed セットアップセッションでもピラーの表示を変更できるようにしました。

NASCAR Cup Series Class Cars

  • ドラフトドラッグによる速度低下が若干増えました。

NASCAR Gander Outdoors Class Trucks

  • iRacingセットアップがアップデートされました。

NASCAR Next Gen Class Cars

  • ジャックマンの合図を見落としてリアタイヤチェンジャーがアニメーションループにスタックする問題を修正しました。
  • iRacingセットアップがアップデートされました。

NASCAR Next Gen Ford Mustang

  • サイドウィンドウに人工物が出現することがあった問題を修正しました。

NASCAR Xfinity Class Cars

  • iRacingセットアップがアップデートされました。

Porsche 911 R GT3

  • レブリミッターとイグニッションカット バックファイアのサウンドをアップデートしました。

Porsche 919

  • エンジンとハイブリッドのイン・カー・サウンドをアップデートしました。

Skip Barber Formula 2000

  • ドライバーの腕がチューブフレームを通り抜けることがあった問題を修正しました。

Touring Class Cars

  • ピットストップタイヤチェンジャーのタイミング差異を減少させました。
  • ピットストップでリアタイヤが非表示となってしまう問題を修正しました。

VW Beetle

  • ルーフ上のカーナンバーの向きを修正しました。

VW Jetta TDI Cup

  • ダメージパフォーマンスを向上するためにサスペンションの強度・剛性が上がりました。

[Legacy] Dallara DW12

  • レガシータイプのヘルメットにが使われるようになりました。

[Legacy] Indycar Dallara – 2009

  • レガシータイプのヘルメットにが使われるようになりました。

TRACKS:

Chili Bowl

  • 一部のフラッグが暗かったのを明るくしました。

Daytona International Speedway

  • 2021年のレーザースキャンデータでトラック路面など様々なアップデートを行いました:
    • バスストップの縁石をアップデートしました。
    • バスストップのカット防止チェックポイントがアップデートされました。
    • ターン 2 からオーバルへのマージ地点に白い破線を追加しました。
    • ターン 5 の縁石をアップデートしました。
    • ピットロード路面をアップデートしました。
  • (Oval) – スタートグリッドのサイズを 60 に拡大しました。
  • (Oval) – ショートパレードラップのオプションが使えるようになりました。
  • 3D オブジェクトを使ってトラックのフェンスがアップデートされました。
    • フォトリアリズムとコリジョンパラメータの両面で改善がみられるはずです。
  • 一部フェンスがなかったセクションにもフェンスが追加されました。
  • 様々な芝のテクスチャがアップデートされました。
  • 一部の環境オブジェクトとトラックサイドデカールの属性をアップデート・修正しました。
  • 一部浮遊していたオブジェクトを接地させました。
  • フラッグブースやコーションライトを透過して表示されることのあった観衆を修正しました。

Hockenheimring Baden-Württemberg

  • トラックのマイナーな問題をいくつか修正しました。
  • ランブルストリップが不適切に 1x ペナルティを生じていた問題を修正しました。

Knockhill Racing Circuit

  • 一部の浮遊していた建物を接地させました。

Phoenix Raceway

  • 一部の地形の継ぎ目を塞ぎました。
  • 一部浮遊していた照明ポールを接地させました。

Silverstone Circuit

  • (Grand Prix) – アリーナのコースカットに対するペナルティを大きくしました。

Watkins Glen International

  • ダイナミックトラックシステムが適切に働いていなかった問題を修正しました。ラバー、ダスト、マーブル、デブリ、熱の働きが戻ってきました。
  • トラック路面のバンプマップを生成しなおしました。
  • ブーツセクションの縁石近くにあったいくつかの波がスムーズになりました。
  • さまざまな環境オブジェクトのテクスチャをアップデートしました。
  • トラックのローディングスクリーンをアップデートしました。
  • ブーツの一部ウォールの問題を修正しました。
  • 一部のコーションライトが適切に動作していなかった問題を修正しました。

[Legacy] Pocono Raceway – 2009

  • トラックのマイナーな問題をいくつか修正しました。

IMSA, iRacing Extend Partnership through 2023

IMSA が iRacing とのパートナーシップを 2023年まで延長すると発表しました。

IMSA, iRacing Extend Partnership through 2023

IMSA や他のカテゴリに出場しているプロドライバーを招聘する IMSA iRacing Pro シリーズもカムバック開催されます。開催日時は2022年になってから決定される模様。

IMSA Hagerty iRacing Series は現実世界の IMSA WeatherTech SportsCar Championship を同様のクラスでより短いレースで再現します。
iRacing IMSA Michelin Pilot Challenge はその名の通り、Grand Sport (GS) クラスと Touring Car (TCR) クラスによるレースを再現します。
iRacing IMSA Endurance Series は 2時間40分のチーム戦です。
パートナーシップにより、WeatherTech Championship シリーズ 12 開催すべてのコースが iRacing 上で使用可能となり、iRacing メンバーは複数の IMSA マシンが利用可能であること、IMSA と iRacing とで 2022 年に開催されるイベントの開発に取り組んでいます。

IMSA

2022シーズンは IMSA 及び IMSA Endurance シリーズから GTE クラスが除外されます。
実際のシリーズで沿って行われる変更で、2022 シーズン 1 から使用できる車両クラスは以下のようになります。

クラス 車両
LMP2 Dallara P217
GT3
(GTD)
Audi R8 LMS
BMW M4 GT3
Ferrari 488 GT3 Evo 2020
Lamborghini Huracan GT3 EVO
McLaren MP4-12C GT3
Mercedes-AMG GT3
Porsche 911 R GT3

なお、GTE クラス車両は引き続き European Sprint 及び European Endurance シリーズで使用できます。

iRacing Presents Petit Le Mans powered by VCO

ジョージア州ロードアトランタで行われる10時間レース、プチ・ル・マンについて発表されました。IMSAウェザーテック・スポーツカーチャンピオンシップでおなじみのイベントです。

https://forums.iracing.com/discussion/7859/iracing-presents-petit-le-mans-powered-by-vco/p1

スロット 日時
#1 2021/10/02(土) 07:00
#2 2021/10/02(土) 16:00
#3 2021/10/02(土) 21:00
#4 2021/10/03(日) 01:00
コース Road Atlanta – Full Course
必要ライセンス Road D 4.0
シミュレート日時 2021/11/13
11:30AM
セッション開始
Warmup/Join待ち 30 分
Qualify レースセッション Join後開催
2周, 8分
Race 10時間
天候 ダイナミックウェザー・ダイナミックスカイ
スプリット iRating
ドライバー (2~16/チーム)
Stop&Go 50インシデント及び以降20インシデント毎
フィールドサイズ 45台
DQ なし

2021/09/26 BOP追記しました。

class cars
LMP2M Dallara P217
GTE BMW M8 GTE +-0kg, +- 0% Power, 100% Fuel
Chevy Corvette C8R +10kg, +- 0% Power, 100% Fuel
Ferrari 488 GTE +5kg, +- 0% Power, 100% Fuel
Porsche 911 RSR GTE +10kg, +- 0% Power, 100% Fuel
GT3 BMW M4 GT3 +10kg, +- 0% Power, 100% Fuel
Lamborghini Huracan GT3 EVO +-0kg, +- 0% Power, 100% Fuel
Porsche 911 GT3 R +10kg, +- 0% Power, 100% Fuel

IMSA Endurance Series

現在行われている GTE Enduranceシリーズ (GTE 車両による90分ソロ・レースシリーズ)は、2021シーズン 4 からは IMSA Endurance シリーズとして IMSA 車両による 2時間40分のチームイベントとなることが発表されました。

GTE Endurance Series to become IMSA Endurance Series in Season 4
https://forums.iracing.com/discussion/3675/gte-endurance-series-to-become-imsa-endurance-series-in-season-4

タイムスロットには変更ありません(日本時間で土曜 16, 日曜 03, 23時の隔週開催)。
使用車両は 45分ソロ・レースシリーズの IMSA シリーズと同様(シーズン 4 に変更がなければ、BMW M4 GT3, Lamborghini Huracán GT3 EVO, Porsche 911 GT3 R, Ferrari 488 GTE, Porsche 911 RSR, BMW M8 GTE, Chevrolet Corvette C8.R GTE, Dallara P217)とされています。

IMSA iRacing Pro Series presented by SimCraft

Back to Virtual Reality: IMSA iRacing Pro Series Returns in April

IMSA ドライバーによる iRacing シリーズが2021年も開催されます。LMP2とGTLMで50台のフィールドを生成、米国時間で4/9より隔週木曜18:30(日本時間では金曜朝7:30)開催、全3戦が予定されています。60分のイベントは Youtube と Facebook でライブ配信されるとのこと。

日付(米国時間) コース
4/8 Sebring International Speedway
4/22 WeatherTech Raceway Laguna Seca
5/6 Michelin Raceway Road Atlanta

第1戦セブリング


https://www.youtube.com/watch?v=fVao6zAvyuQ

第2戦ラグナセカ


https://www.youtube.com/watch?v=kupfOZhw7ME

第3戦ロードアトランタ


https://www.youtube.com/watch?v=Qhp907aZ7Vc

IMSA Series Decals & LED Leaderboard Lights

IMSAシリーズではシリーズ用のデカールと共に車体横にLEDリーダーボードライトが搭載されるようです。カスタムペイントのためにそれらの位置が分かりやすくなるようレイヤーを加えて、当該GT3/GTE/P2車両のペイントテンプレートがアップデートされています。

カスタムペイントテンプレートは iRacing UI の各車両ペイント画面からダウンロードできますが、My Content > Cars の一覧ページ右上にある「Paint My Cars」のドロップダウンから「Download Templates」をクリックするのも近道かと思いますよ。