Skip to content

Archive

Tag: GT4

Release Notes

2024 シーズン 3 パッチ 1 のリリースノートを和訳して紹介します。
記事に誤字・間違いなど見つけたら教えてくださいね


このパッチで 2024 シーズン 3 初期リリースの様々な更新と修正を配信します。フラッグマンのバーニー、一部車両でのダメージモデルの追加チューニング、安定度に影響するクリティカルな問題の修正、公平かつ一流のコンペティションを保証するための更新が含まれます。間もなく始まる Week 1 に備えましょう!

iRACING:

Profile – Awards

  • Rovaler アワードが同期されない可能性があった問題を修正しました。
  • The Profiler アワードは廃止されました。

SIMULATION:

iRacing Weather System

  • フロントガラスの結露が進むエフェクトを美的に改善しました。
  • 雨粒テクスチャの生成が高速化されました。

Race Control

  • ラリークロスイベントにペースカーが参加できないように一部の問題を修正して適切に無効化します。2017年に起こった問題により、(ペースカードライバーの)フレッドはラリークロスコースには入れません。

Engine

  • 駆動系のスプリングトルクが現実的なレベルに制限されるようになりました。不安定な駆動系を Zippy イベントを引き起こしてシミュレーションのフィジクスを壊すのを防ぎます。
    • 高速ギアでクラッチが滑るとき、不安定な数値で駆動系がひどく振動することがあります。この変更によってフィジクスエンジンがクラッシュしないよう保護されますが、ひどいノイズで駆動系が壊れる可能性があります。

Dirt Racing

  • 「Out of Control」インシデントの閾値を若干緩めました

Time Trial

  • タイムトライアルの有効周回数をロード及びダートで以下のように統一されました:
    • 2マイルに満たないコース = 8 周
    • 2マイル以上のコース = 5 周
    • Circuit des 24 Heures du Mans = 2 周
    • Nürburgring Nordschleife (混合レイアウトを含む全レイアウト) = 1 周

Graphics

  • 一部路面が光り過ぎていた問題を修正しました。

Spotter

  • スポッターテキストで一部の代名詞を更新しました。

Spotter – Foreign Language

  • ポルトガル語の Portuguese-Guto_Colvara パックにいくつかの音声を追加しました。

CARS:

NASCAR Cup Series Next Gen Series Car

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

NASCAR Truck Series Trucks

  • ダメージモデルについて、サイドスカートのダメージは修理できなくなりました。横方向の衝撃から右側のスカートがダメージを受ける可能性を引き下げました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Street Stocks

  • ダメージモデルについて、エンジンおよび液体区画の耐久性を向上させ、ノーズの破壊限界を引き上げ、リア及びトランクの破壊限界を引き下げました。
  • フロントノーズカメラのずれを修正しました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Acura ARX-06 GTP

  • ガレージ画面について、フロントヒーブスプリングの最大変位が 25mm に制限されました。

Aston Martin DBR9 GT1

  • ダメージモデルについて、リアパネルの擦過ダメージを調整しました。

Aston Martin Vantage GT4

  • 特定のカメラ距離でリアバンパーがずれていた問題を修正しました。
  • ウェットタイヤがあまりに暗かった問題を修正しました。
  • 雨天時にヘッドライトスイッチが有効化されました。

Audi R18

  • UI でのタイヤのレンダリング問題を修正しました。

BMW M4 GT4

  • コクピット内のミラーに雨しぶきが表示される問題を修正しました。
  • ペイントショップでのリアウィンドウがちらつく問題を修正しました。

Chevrolet Corvette Z06 GT3.R

  • ダッシュボードの燃費表示の桁数が誤っていた問題を修正しました。
  • IMSA パネルが GTD の緑でなく常に赤で表示されていた問題を修正しました。
  • 特定カメラ距離でテールライトが表示されない問題を修正しました。
  • 車外から見たときにリアビューカメラ画面が映るようになりました。
  • 相手車両で常に ABS 警告灯が点灯していた問題を修正しました。
  • UI のレンダリングで燃料キャップが表示されていなかった問題を修正しました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Dirt Sprint Car

  • エンジン回転数の数字が適切にレンダリングされていなかった問題を修正しました。

Dirt Sprint Car Non-Winged

  • エンジン回転数の数字が適切にレンダリングされていなかった問題を修正しました。

Dirt Street Stock

  • エンジン回転数の数字が適切にレンダリングされていなかった問題を修正しました。

FIA F4

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Ford Mustang GT3

  • ピットストップでの調整が行えない問題を修正しました。
  • ダメージモデルについて、ルーフ構造を引き上げ、強化しました。
  • ダメージモデルについて、リアウィングとトランクが完全に取り外せるようになりました。
  • ブレーキバイアスのデジタル表示の問題を修正しました。
  • ピットスピードのオーバースピードバーがライブとリプレイリモートでテレメトリが異なる問題を修正しました。
  • カメラ距離によってウィンドウバナーの表示に問題があったのが修正されました。
  • IMSA イベントで IMSA デカールレイヤーが適切に使用されるようになりました。
  • コクピット内のミラーに雨しぶきが表示される問題を修正しました。
  • 熱せられたブレーキローターのテクスチャをアップデートしました。

Global Mazda MX-5 Cup

  • 右タイヤだけ交換するとシムがクラッシュする問題を修正しました。
  • UI 画像のフロントガラステクスチャを修正しました。

Honda Civic Type R TCR

  • タイヤリム表示の問題を修正しました。
  • UI モデルでフードラッチがついていなかった問題を修正しました。

Ligier JS P320

  • 雨天時にコクピットのダッシュボードボタンが適切に点灯するようになりました。

Lucas Oil Off Road Pro Trucks

  • (Pro 4 Truck) – タイヤ表示が暗すぎた問題を修正しました。

McLaren 570S GT4

  • レインライトが付いていなかった問題を修正しました。

McLaren MP4-12C GT3

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Mercedes-AMG GT4

  • トランクが外れてもレインライトが外れなかった問題を修正しました。
  • 遠距離カメラでレインライトが表示されなかった問題を修正しました。
  • 雨天時にヘッドライトスイッチが有効化されました。

Modified – SK / NASCAR Whelen Tour Modified

  • (Modified – SK) – ダメージモデルについて、リアからエンジンコンポーネントにまで到達する衝撃を引き下げました。

NASCAR Cup Series Toyota Camry

  • タイヤとリムのずれを修正しました。

Porsche 718 Cayman GT4 Clubsport MR

  • 雨天時のフロントガラスの反射に関する問題を修正しました。
  • リアのレインライトと Wet Tire デジタルディスプレイが適切に動作するようになりました。

Porsche Mission R

  • コクピットでフロントガラスがときどき反射しすぎていた問題を修正しました。

SRX

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

[Legacy] NASCAR Cup Chevrolet Impala COT – 2009

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

TRACKS:

Circuit of the Americas

  • 夜間にヘッドライトに適切に照らされるシェーダーで縁石を更新しました。

Circuito de Jerez – Ángel Nieto

  • バーニーが正しい位置でチェッカーフラッグを振るようになりました。

Circuito de Navarra

  • 伝説のフラッグマン、バーニーが到着しました!
  • ターン 11 のチェックポイントが調整されました。
  • (Speed Circuit – Short) – ピットレーンを通ってラップを完了できるエクスプロイトを修正しました。
  • (Speed Circuit – Medium) – 見えない壁を削除しました。

Nürburgring

  • コーナーの縁石がヘッドライトに照らされなかった問題を修正しました。

Oswego Speedway

  • アスファルトの色と粗さが調整されました。
  • ポプラの木を更新しました。

Sachsenring

  • 伝説のフラッグマン、バーニーが到着しました!
  • オフィスビルが表示されていなかったのが修正されました!
  • 一部表示されていなかった樹木が植えられました。
  • 駐車車両が追加されました。
  • 一部のバナーが更新されました。
  • 浮いて表示されていた観客やテントが修正されました。
  • 一部樹木モデルがトリミングされました。
  • オークの木のテクスチャが光り過ぎていた問題を修正しました。

Release Notes

2024 シーズン 3 ビルドのリリースノートを和訳して紹介します。
記事に誤字・間違いなど見つけたら教えてくださいね

長くなるので 4本の記事に分けました。

2024s3 リリースノート:


CARS:

GT3 Cars

  • トラクションコントロールパラメータがアップデートされました。
  • 最低車高は正確に 50.0 mm と認められるようになりました。
  • ピットストップ中にアンチロールバーとリアウィングを調整できるようになりました。
    フォーラムでの補足 ※2:
    これは長いレース中の雨や路面温度変化に応じて調整するためのもの

    • ARB 調整は車軸 1つに対して 5秒かかります。タイヤ交換を行う場合はホイールを外してあってブレード調整してタイヤを戻すので追加の時間はありません。
    • ウィング変更は 10秒かかりますが、タイヤ交換と同時には行われません。ウィング調整は給油中の作業となるため、10秒以上給油する際には追加のコストなしにウィング調整を行うことができますが、タイヤ交換とウィング調整を同時に行った場合には時間がかかります。前後 ARB とウィング調整を行うと全部で 20秒かかります。
    • スプリントレースでスプラッシュする場合には前後片方の ARB調整を行えるかもしれませんが、ウィング調整はおそらく無理があるでしょう。一方で耐久レースではタイヤ交換と給油をしながら 3つの変更すべてを行うことができるでしょう。
    • タイヤ交換と給油の同時進行は現実の IMSA ルールからの採用で、現実的にはピットストップごとにタイヤを交換できます。
  • リアバンパーのゼッケンはシリーズのゼッケンボードと同じフォントが使われるようになりました。
  • 旧モデルのタイヤビジュアルを更新してウェットタイヤに WH を追加しました。
  • IMSA GTD のヘッドライトレンズを統一しました。
  • フロントガラスの雨エフェクトを調整しました。
  • フットウェルのアンビエントオクルージョンが暗くなりました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。
  • ※フォーラムでの補足:

GT4 Cars

  • GT4 クラスが雨天対応になりました!
    • 以下の車両が含まれます:
      • Aston Martin Vantage GT4
      • BMW M4 GT4
      • McLaren 570S GT4
      • Mercedes-AMG GT4
      • Porsche 718 Cayman GT4 Clubsport MR
    • これらの車両でレインタイヤコンパウンドが有効化され使えるようになりました!
  • 熱の生成とタイヤ摩耗率などのタイヤパラメータを調整しました。
  • タイヤコンパウンドのロジック変更に基づいてピットスクリプトがアップデートされました。
  • 様々な 2024 シーズン 3 BoP 調整が行われました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

GTP Cars

  • レインタイヤをアップデートしてグリップが増しました。
  • フロントとリアのアンチロールバーの調整は一直線になりました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

NASCAR Legends 1987 Cars

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

NASCAR Next Gen Cars

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

NASCAR Trucks Series Trucks

  • 現実世界での最新データリサーチに基づいて様々なフィジクスアップデートが行われました。
    • ドラマチックなエアロとシャーシのアップデートを含みます。詳細はこちら
  • サイドスカートの新ダメージマウントなどダメージモデルがオーバーホールされてレース体験が大幅に向上しました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

NASCAR Xfinity Series Cars

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Stock Car Pro Series Cars

  • 新ダメージモデルが有効化され、これらの車両で使えるようになりました!:
    • Stock Car Pro Series Chevrolet Cruze
    • Stock Car Pro Series Toyota Corolla
  • 2024 シーズンデカールにアップデートされました。

Street Stock Series Cars

  • 以下の車両を含む新しい車両クラスができました:
    • Street Stock – Panther
    • Street Stock – Casino
    • Street Stock – Eagle

TCR Series Cars

  • タイヤパラメータがアップデートされました。
    フォーラムでの補足:

    • コールドタイヤのパフォーマンスを向上
    • タイヤライフを短くしました。最悪のシナリオでは燃料 1 スティント分でフロントタイヤが終わります。
    • ファステストラップのターゲットは計時開始から 2, 3周目で、スティントを通じてラップタイムは低下します。
    • 競争力を高めるためのより大きなキャンバー設定を可能にしました。
    • フィーリング、レスポンス、前輪で引っ張る能力が向上。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

V8 Supercars – 2019

  • 以下の車両で新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました:
    • Supercars Ford Mustang GT
    • Supercars Holden ZB Commodore

[Legacy] NASCAR Cup Cars

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

[Legacy] NASCAR Xfinity Series Cars

  • 以下の車両で新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました:
    • [Legacy] NASCAR Xfinity Chevrolet Camaro – 2014
    • [Legacy] NASCAR Xfinity Ford Mustang – 2016
    • [Legacy] NASCAR Xfinity Toyota Camry – 2015
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

[Legacy] V8 Supercars – 2014

  • 以下の車両で新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました:
    • [Legacy] V8 Supercar Ford FG Falcon – 2014
    • [Legacy] V8 Supercar Holden VF Commodore – 2014

Acura ARX-06 GTP

  • ダウンフォースエアロマップが再プロファイルされました。
    • GTP クラス内 BoP 改善のため全体的なダウンフォースが削減されました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

ARCA Menards Chevy / Gen 4 Cup

  • (ARCA Menards Chevrolet Impala) – リアフレームのコリジョンパラメータがアップデートされました。
  • (Gen 4 Cup) – 燃圧計の問題が修正されました。
  • (Both) – 燃料計表示を改善しました。
  • (Both) – iRacing セットアップがアップデートされました。

Audi 90 GTO

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!

BMW M4 GT3

  • BoP 調整により車体重量、エンジントルク、燃料容量を引き下げました。

Chevrolet Corvette C7 Daytona Prototype

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!

Chevrolet Corvette Z06 GT3.R

  • NEW CAR!
  • GT3 クラスの新しい Sports Car 、Chevrolet Corvette Z06 GT3.R を購入して使用できるようになりました!
  • 2023年のレースシーズンで GTE が終了したことで、 GT3 スペックで製造される Chevrolet Corvette C8.R 後継車が必要になりました。Z06 GT3.R が登場して、ファクトリー直結の Corvette Racing プログラムからカスタマー運営への方向転換となりましたが、GTE 運営と同じ Pratt Miller Motorsports が主体となったことはレース活動において重要でした。Z06 GT3.R は C8.R と共通点が多く、最も注目すべきは 5.5 リッター LT6 ベースの V8 エンジンです。この車は Nicky Catsburg と Tommy Milner によって 2024 年春のラグナセカで初めての IMSA WeatherTech SportsCar Championship GTD Pro クラス 3位表彰台を獲得しました。Z06 GT3.R はコルベットのスポーツカーレースでの成功の長い歴史を受け継ぎ、今後もさらなる勝利と表彰台の獲得が期待されます。
  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!
  • AI ドライバーがこの車両でレースできます!
  • 雨天対応です!
    • レインタイヤコンパウンドを使えます!
  • Chevrolet Corvette Z06 GT3.R は iRacing Store から $11.95 で購入できます。

Dallara F3

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Dallara iR-01

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Dallara IR18

  • In-Car Adjustment のブラックボックスに新しい項目 P2P Remaining が追加されました。
  • ステアリング操作が大幅に軽減されました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Dallara P217

  • カメラ距離によってレインライトが点灯しない問題を修正しました。
  • フットウェルのアンビエントオクルージョンがアップデートされました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Ferrari 296 GT3

  • 車体のビニールテクスチャがアップデートされました。

Ferrari 488 GTE

  • 地表と衝突するコリジョン高さが若干引き上げられました。

FIA F4

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Ford Fiesta RS WRC

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!

Ford Mustang GT3

  • NEW CAR!
  • GT3 クラスの新しい Sports Car 、Ford Mustang GT3 を購入して使用できるようになりました!
  • 第 7 世代の Ford Mustang は NASCARカップシリーズからオーストラリア スーパーカー シリーズまで、世界中でフォードの現代モータースポーツの要となっています。ブルーオーバルが 2024 年型 Mustang Dark Horse モデルをベースとした Mustang GT3 で IMSA WeatherTech SportsCar Championship に 2019 年以来の復帰を発表したことは驚きではありません。Ford Mustang GT3 は 5.4 リッター自然吸気 Ford Coyote V8 エンジンを搭載しています。GTD Pro クラスで Multimatic によって製造・運用され、Proton Competition によって GTD と国際 GT3 シリーズでカスタマーカーとして運用されているこの車は、1997年以来初めてル・マンにも参戦します。Mike Rockenfeller や Joey Hand といったル・マン ウィナーがフォードのファクトリー IMSA プログラムに参加し、ブランドが Mustang のレース伝説の新章を書くことへ期待が高まっています。
  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!
  • AI ドライバーがこの車両でレースできます!
  • 雨天対応です!
    • レインタイヤコンパウンドを使えます!
  • Ford Mustang GT3 は iRacing Store から $11.95 で購入できます。

Formula Renault 3.5

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!

Global Mazda MX-5 Cup

  • 雨天対応となりました
    • レインタイヤコンパウンドを使えるようになりました!
  • Dry タイヤパラメータがアップデートされました。
  • ダメージモデルテクスチャがアップデートされました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Indy Pro 2000 PM-18

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Late Model Stock

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Legends Ford ’34 Coupe

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました! 以下のすべてのバージョンが対象です:
    • Legends Ford ’34 Coupe
    • Legends Ford ’34 Coupe – Dirt
    • Legends Ford ’34 Coupe – Rookie
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Ligier JS P320

  • 雨天対応となりました
    • レインタイヤコンパウンドを使えるようになりました!
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Lotus 49

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Lotus 79

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

McLaren 570S GT4

  • ドライバーアニメーションがアップデートされました。

McLaren MP4-12C GT3

  • フロントガラスのマッピングを調整しました。

McLaren MP4-30

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!
  • Zippy クラッシュを引き起こす空力ペナルティ値の問題を修正しました。

Mercedes-AMG GT3 2020

  • セットアップパラメータが追加されました:
    • バンプラバーの接触/ギャップ調整がセットアップに追加されました。これは動的な車高のファインチューニングでプラットフォームの安定性やパフォーマンスを向上することができます。この変更に伴い、既存のセットアップは車高調整が必要になります。
  • GT3 クラスのバランス調整で燃費が更新されました。
  • ダメージモデルテクスチャがアップデートされました。

Mercedes-AMG GT4

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!

Mercedes-AMG W13 E Performance

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Modified – SK / NASCAR Whelen Tour Modified

  • (BOTH) – iRacing セットアップがアップデートされました。

Nissan GTP ZXT

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!

Pontiac Solstice

  • (ALL) – 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました! 以下の車両が含まれます:
    • Pontiac Solstice
    • Pontiac Solstice – Rookie

Porsche 718 Cayman GT4 Clubsport MR

  • ダッシュボックスの照明が機能していなかったのをアップデートしました。

Porsche 911 GT3 Cup (992)

  • 雨天対応となりました
    • レインタイヤコンパウンドを使えるようになりました!
  • この車の 2024 シーズン 3 リリースに向けて大幅なアップデートが完了しました:
    • タイヤ全体をリワーク。
    • 現実世界の現行仕様に合致するように、エンジン、ブレーキ、サスペンション、重量配分と慣性、リアウィング角度の感度、セットアップ調整範囲および車検制限値、ダッシュディスプレイなど車両のシステムをアップデートしました。
      フォーラムでの補足:
      車体面

      • エンジンのパワー/トルクカーブが実車により合致するようになりました。実際に最高出力が向上し、シフトタイミングのエンジン回転数は上がっていますがシフトライトもそれに合わせて更新しているのでブルーでシフト、には変更ありません。
      • 重量配分が少しリア寄りになりました。車体重量も少し増したのでコーナー出口のトラクションとブレーキ性能が向上しています。アンダーステア寄りのバランスから始まりますが、走行が進むに連れてオーバーステアに向かいます。また燃料が減ると重量配分がさらにリア寄りになることにも注意。
      • ステアリングレシオが全体に速く、サスペンションが硬くなりました。タイヤの変更で打ち消される可能性もありますが、基本的に以前よりもさらに実車に近づきました。
      • ブレーキのコンポーネントのサイズ、冷却、入力が再現され、パッドは以前よりもはるかにダイナミックな特性になり、ブレーキングがより繊細になりました。実際にABS非搭載の実車でペダルをフルに踏み込むとほぼ常にロックします。以前よりブレーキパフォーマンスは向上していますが、最大限の効果を得るためには適切な操作・調整が必要です。冷えたタイヤでは特に敏感なのでアウトラップでは注意が必要です。
      • リアウィングの角度に対する感度を再調整しています。多くのコースで 4-10 の範囲が使えるでしょう。

      タイヤ

      • アウトラップはアンダーステアが予想されます。ピットレーンから出てすぐはフロントエンドの反応が得られないでしょう。ラップ 2分の1周目が終わるまでに準備は整い、走行終わりに近づくにつれてリアタイヤをマネージメントすることで安定したパフォーマンスを得られます。
      • タイヤパフォーマンスを生み出す悪質な手法への対抗策が講じられています。
      • 中低速の反応が改善してアンダーステアが以前より少なくなっていますが、もともとがリアヘビーで空力バランスもリア寄りの車です。パフォーマンスはブレーキング技術とブレーキングとターンインの段階で最大限の力を引き出します。実際の車はブレーキングを除いて非常に運転しやすくアンダーステア傾向でコーナー出口のトラクションが優れています。言い換えれば、コーナー進入で車を振り回すには、リア寄りのブレーキバイアスを積極的に活用して早めに向きを変えてトラクションを最大化することです。
      • 限界を超えた際の挙動が改善しました。以前よりも簡単にスライドを回復できます。
      • ウェットタイヤが使えます。このコンパウンドは GT3 のウェットよりも早く始動しますが、乾き始めるとオーバーヒートしやすくなります。ABS がなくてもウェットでもそれほど難しくありません。かなり楽しいと感じていただけると思います。

      留意点:

      • この車は991ではありません。991よりも運転しやすく最大限の性能を引き出す方法も少し異なります。この車が何を求めているのかを学び、車が望むように運転することをお勧めします。
      • 実車の特徴でもある EPAS 電動ステアリングシステムによってステアリングが少し軽く感じます。フィードバックに細心の注意を払う必要があり、過度のステアリング入力はコーナー進入時に簡単にピークを越えてスリップしてしまいます。アンダーステアが発生しているのにエイペックスを正しく通過できたときが、うまく乗れていたことになるでしょう。

      2024/06/06追加補足:

      • ダッシュでのブレーキバランス表示の変更: 以前は (50-バイアス) >>> ライン圧バイアスでなくアジャスターの位置を表示するように変更されました(アジャスターが真ん中のときに 0.0 、1 クリックで 0.25% )
      • 開発中にターゲットとしていたリアルなドライでのバイアス: -4.50
        ウェットではリア寄りに: -9.50
    • ピットストップ中にアンチロールバーとリアウィングを調整できるようになりました。
      フォーラムでの補足

      • GT3 と同様ですがウィング調整には 20秒かかります。ただしタイヤ交換中に行うことができます。
    • 時速 100km 以上でクラッチペダルは無効化されて使えなくなります。
    • 空力ダメージによるペナルティと修理時間をアップデートしました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。以前のセットアップは車検に通りません。

Porsche 911 GT3 R (992)

  • セットアップパラメータが追加されました:
    • バンプラバーの接触/ギャップ調整がセットアップに追加されました。これは動的な車高のファインチューニングでプラットフォームの安定性やパフォーマンスを向上することができます。
    • スプリングパーチのオフセットでなく、ダンパー/ショックの長さの調整で直接車高を調整するようになりました。
    • 既存セットアップは車高調整が必要になります。
  • リアウィンドウシェーダーのシェーディングエフェクトをアップデートしました。
  • シフトランプが調整されました。

Porsche 963 GTP

  • センタースプリングを 0.0001m 刻みに減らしてレインタイヤのクロスウェイトをより簡単にゼロにすることができるようになりました

Radical SR8

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!

Radical SR10

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Ray FF1600

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Renault Clio R.S. V

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Ruf RT 12R

  • (ALL) – 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました! 以下の車両が含まれます:
    • Ruf RT 12R AWD
    • Ruf RT 12R C-Spec
    • Ruf RT 12R RWD
    • Ruf RT 12R Track

Silver Crown

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!
  • ライブビューで視覚的なステアリングフィードバックが発生する可能性がある問題を修正しました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Sprint Car

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!
  • 遠距離カメラでロールバーが不当に表示されてしまう問題を修正しました。

SRX

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Street Stock – Panther

  • 以前に Street Stock とされていた車には Panther という名前が付けられました。独自性が増して、新しい Street Stock クラスの Casino と Eagle にマッチするようになりました!
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Street Stock – Casino & Eagle

  • NEW CARS!
    • 新しいアスファルトオーバルスポーツカー、Street Stock – Casino および Eagle が購入できるようになりました!
  • Street Stock ほど草の根として根付いたレースはありません。全米の 1/4 とか 1/2 マイルのレーストラック数と同じくらいの様々なバリエーションが Street Stock のルールにはありますが、アメリカの古いストリートカーを使うという共通点があります。レーストラックとルールそして予算に応じて、ストリートカーの内装を剥がして窓を外してロールケージを取り付けた程度のものから、ハイチューンエンジンとサスペンションアップグレードに元となった車体形状に樹脂で作られたボディワークといった純粋なレーシングカーまで、さまざまな Street Stock があります(iRacing の Street Stock は後者で純粋なレーシングカールールで造られています)。具体的なルールに関わらず、ストリートカーを Street Stock にチューニングすることは専用のレーシングカーを購入するよりも費用がかからないだけでなく、ドライバーやメカニックがレーシングカーの基本的な構造やメンテナンスとセットアップを学ぶのにも役立ちます。そして学びこそすべてで、Street Stock はストックカーレースの基礎を学ぶクラスです。
  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!
  • AI ドライバーは両車を使ってレースできます!
  • これらの車両は新しい Street Stock クラスとなりました!
  • Street Stock – Casino および Eagle はiRacing Store から $11.95 で購入できます。

Subaru WRX STI

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!

Super Formula Lights

  • フロント最大車高が若干下げられ、空力の正確性が向上しました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Super Formula SF23

  • ブレーキ領域の変数は定数になりました。実際の車では調整できません。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Super Late Model

  • パーツ重量、剛性、マウント属性など一部のダメージ調整を行いました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Toyota GR86

  • ボンネットフードが外れたとき、空のスペースでなく一部の追加エンジンベイコンポーネントが表示されるようになりました。

USF 2000

    iRacing セットアップがアップデートされました。

Williams FW31

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!

[Legacy] BMW Z4 GT3

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!

[Legacy] Dallara DW12

    iRacing セットアップがアップデートされました。

[Legacy] Ferrari 488 GT3

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!

[Legacy] Mazda MX-5 Cup & Roadster – 2010

  • (ALL) – 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました! 以下の車両が含まれます:
    • [Legacy] Mazda MX-5 Cup – 2010
    • [Legacy] Mazda MX-5 Roadster – 2010

[Legacy] Mercedes-AMG GT3

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!

[Legacy] NASCAR Nationwide Chevrolet Impala – 2012

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!

[Legacy] Pro Mazda

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!

[Legacy] Riley MkXX Daytona Prototype – 2008

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!

[Legacy] V8 Supercar Ford Falcon – 2009

  • 新ダメージモデルが有効化されて使えるようになりました!

2024s3 リリースノート:

JEMC in iRacing

VERSUS e-Sports より GT3/GT4車両で岡山国際サーキットを走行するレースイベントの開催お知らせありました。1チーム2名の事前エントリー制(7/1~8/4締切)。

2024/08/10 スプリントカップ 各クラス60分レース
2024/08/10 エンデュランスカップ 混走180分レース

開催概要や競技規則が別ドキュメントとして公開されています。

詳細は以下のiRacing フォーラムなどから参照してください。
JEMC in iRacing開催のお知らせ
https://forums.iracing.com/discussion/62811/jemc-in-iracing%E9%96%8B%E5%82%AC%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B

Development Update May 2024

iRacing が取り組んできたこと、現在進行中のこと、将来のこと、エグゼクティブプロデューサーの Greg Hill が開発の現状を伝えてくれました。まとめて紹介します。

iRacing Development Update: May 2024
https://www.iracing.com/iracing-development-update-may-2024/
iRacing Development Update – May 2024
https://forums.iracing.com/discussion/62056/iracing-development-update-may-2024

最近の iRacing より

  • iRacing Weather System には満足しながらも参加率に悪影響を及ぼす可能性がありましたが、雨が降るシーズンの累計では非ウェットセッション参加者の 91% がウェットセッションに参加していました!
  • iRacing Sebring 12時間レースでは、ユーザー個別には 37%、チームでは 46% の増加でサーバーは 7.8TB を超えるデータを送信しました!
  • マルチクラスの IMSA シリーズはとても良かったが GTP ウェットタイヤでもっと良くなるはずです。シーズン 3 リリースでの改善が期待されます。
  • シーズン 3 はロックアップの対処が少し簡単になります。
  • ビデオドライバーやパーティクルに関連したシムのクラッシュが増加していて安定性に課題があります。このような経験をしている皆様にお詫び申し上げます。非常に深刻に受け止めています。舞台裏では多大なエンジニアリングリソースを投入してきました。そこには Nvidia や PopcornFX のビジネスパートナーと協力して修正に取り組む最上級エンジニアも含まれます。また、問題を解決して安定性を高めるためにトラッキングと修正のために問題の可視化に取り組み、以前よりも迅速に修正を配信できるようになりました。
  • 雨でレースサーバ負荷が増加して悪影響を及ぼすことがありました。エンジニアリングチームが最適化して事態を改善するまで支えてくれた運用チームに感謝します。より優れたリアルタイムメトリクスを提供する進行中のプロジェクトにより、運用チームとエンジニアリングチームがレースサーバーのパフォーマンスを洞察できるようになり、応答性、安定性がさらに向上するはずです!
  • iRacing Weather System はインディ500のような独立予選形式のイベントの機会も提供できます。新システムによって静的な天候で平等な予選を行えると同時に、レース中には動的な天候システムを最大限に活用できます。これはコミュニティからの長年の要望でした。
  • スタジオ閉鎖などもあってゲーム業界では多くの人員削減が行われ、業界の不安定さが懸念されますが、iRacing においては健全なビジネスであるとのこと。

2024 Season 3

数週間後に迫るシーズン 3 で期待される改善・コンテンツ追加について。

Street Stock

新しいストリートストックボディを 2つリリース予定。2台を 1つのパッケージにして販売。無償の車両だけでも問題ない、あくまで多様性のオプションです。


GT3

GT3は重要な部分を占めており、GT3/IMSA/耐久シリーズを新たな高みに拡大することを目指してアメリカを拠点とする 2台の新 GT3 車両がリリースされます。詳細は近日。
https://twitter.com/FordPerformance/status/1790766337217769549

これに関連してパフォーマンスと最適化によってセッション内最大車種が 13台に増えます。


Circuito de Navarra

スペインのナバラサーキットが無償コースとしてリリースされます。


Sachsenring

歴史あるドイツのザクセンリンクがリリースされます。


Oswego Speedway

オンタリオ湖近くのダート&舗装オーバルがリリースされます。ダートが間に合わずに舗装オーバルだけでの初期リリースとなった場合にはパッチでアップデートとなります。


Vehicle Dynamics

レース車両の継続的な改善に取り組んでいます。

  • レインタイヤ供給: Porsche 992 Cup, Mazda MX-5, GT4 クラス, Ligier JS P320
  • 車両力学部隊にはレース業界でプロの空力専門エンジニアもいます。チームはNASCARと協力してNASCARクラフトマントラックの空力を再設計しました。これには非常に詳細なCFDシミュレーションが含まれ、最新のボディ設計と現実のレース戦略を反映しています。より新しく包括的なデータがよりリアルで正確なコーナリングと直線スピードにつながります。
    我々の運動学モデルと組み合わせた高詳細CFDモデルの構築によって、現実のレースプログラムと同じスタイルの高レベル空力シミュレーションを実行できるようになります。
  • 現実ではフォーメーションラップでタイヤとブレーキに熱を入れることができますが、すぐにレースを始められる利点のために、iRacing ではこれを行わないことにしました。レース開始時にはマシンに妥協が生じます。スタンディングスタートが難しい場合がありますが、事前に調整されたタイヤとブレーキを提供するプロジェクトに取り組んでいます。シーズン 3 のこととしてここに取り上げてはいますが、さらに先のアップデートとなる可能性があります。
  • まったく同じように製造されて同じエンジニアが組付けたとしても、現実には同じクラッチは 2つとありません。物理的な変動、摩耗、語りつくせないほど多くの要素が絡んでいます。現在の機械的なものでなく、よりリアルなクラッチシステムの開発に取り組んでいます。

UI, Web, Design initiatives

UI は継続的に改善・拡張がリリースされていますが、シーズンビルドでは以下の改善が予定されています。

  • AI シングルプレーを再編成して使いやすさを向上します(AI サービス見直しの最初のステップ)。
  • 従来の Web バージョンから大幅にパフォーマンスを改善してドライバー統計機能がようやく登場。
  • ラップチャートとグラフがリザルトに追加。
  • より良い洞察を提供するために様々な視覚化を模索しています。
  • 従来のメンバーサイトの「廃止」を進めるためのステップがまたひとつ進みます。シーズン 3 ビルドでメンバーサイトを縮小し、アカウント管理機能にフォーカスしたサイトとなります。
    https://forums.iracing.com/discussion/62065/notice-for-season-3-2024-summary-of-legacy-membersite-features-sunset
  • Web バージョンの UI を使ったことがなければチェックしてください。そこからレースを起動したりペイントキットを使用することはできませんが、それ以外にはアクセスすることができるのでブックマークしてください。
    https://members-ng.iracing.com/

完全版は直前に公開されるリリースノートをお待ちください。

Rendering and Graphics

iRacing は将来に備えてコアテクノロジーとシステムの最新化に重点を置いてきました。

グラフィックスとレンダリングの進歩は最優先事項であり、過去数年間にわたって業界をリードするレンダリングアーキテクト複数名をチームに迎え入れてきました。このチームには最近、iRacing でのグラフィックスとレンダリングの将来に向けたロードマップ作成という重要なプロジェクトが任されました。
プラン作成にはシムとユーザーの要件を理解することが重要でした。iRacing は信憑性とリアリズムを基盤としています。競技のため、トレーニングのため、趣味のため、ここにいる理由には関係なく、物理学ファーストで、高速で、モニタ数やVRやモーションプラットフォームなど様々な世代のハードウェア環境で見事に動作する体験を提供することが重要です。
iRacing がサステナビリティを目指して構築された製品であることを理解することも重要です。私たちは今日、明日、来年、そしてすぐに来る 2030年代にも、一緒にレースをすることでしょう。iRacing のグラフィックスエンジンがこの旅のために構築され、メンテナンスやアップグレードをコントロールすること、そして残りのシステムとシームレスに統合されることが重要です。

適正評価の一環として、素晴らしいサードパーティエンジンのいくつかの評価を行いました。それらはアートワークをグラフィックエンジンにパイプできて表面レベルではすぐに使える美しい見栄えのするもので優れたツールとパイプラインも提供しますが、私が共有した要件に照らし合わせると、それらのエンジンが iRacing にフィットするとは考えられませんでした。

それを念頭に置いて選択した、テクノロジーと私たちの要件を合わせて目標を実現するための道のりを皆さんと共有できることをうれしく思います。私たちは将来のグラフィックスエンジンを私たち自身で構築します。誤解のないように言うと、それは現在のグラフィックスエンジンとその機能を最新の API コールに置き換えることではありません。最新原理を活用し、最新の GPU テクノロジーのとんでもない能力を最大限に生かしてあるべき方向に導きます。

技術面では新しい進化がすでに始まっています。実際、チームはほんの数週前に iRacing のコースを初歩的なバージョンのレンダラーに正常にロードするという節目に到達しました!(画像の左半分)

シンプルに見えますが大きな前進です。ただし、期待が適切に設定されることが重要です。これは忍耐が必要なプロセスです。進捗するにつれて、現在のレンダラーの改善とサポートも継続されます。実際、できるだけ皆さんに改善をお届けするために、最初に現在のレンダラーに戦略的に構築するシステムがあります。

Web and Design

iRacing の AI は継続的に改善することを中心に構築されています。ただし一部機能は UI からアクセスするのが難しい場合があるので改善に取り組んでいます。はじめに、AI 「シーズン」テクノロジーに取り組んでいます。

シーズンがどのように作られ、どのように管理維持されるのか、理解することが必要です。そこから、iRacer に様々な体験を提供する扱いやすい構築済みパッケージを提供します。例えば、「Special Event」AI パッケージは来たるイベントの準備や、似た体験を自分のペースで楽しむのに役立ちます。

レースシーズンも同様で、クリックだけでレースシーズンのカレンダーが表示されたら便利です。さらに、現在の車両の自動イメージではなく、各 AI パッケージにカスタムアートワークを適用できるようになりました。

UI を通じて iRacing の構造を紹介する方法の見直しを継続していきます。

  • レースシリーズを見つけて迅速に効率的にレースに導くより良い方法
  • 初めてのインストール、パッチ更新、コンテンツ購入、といったインストールと更新についての改善

Career Mode

時期尚早ながらキャリアモードの取り組みは広範囲にわたり、毎週目まぐるしく進化しています。
iRacing のキャリアモードはこれまで構築したものの多くを活用しますが、私たちが設計した体験を提供するには新しいシステムが必要で、多くの既存システムに新機能が必要です。ひとつ紹介するとゲームのセーブのような機能を提供するフレームワークを作りました。この技術の基礎部分は Active Reset から始まっており、それを拡張し続けています。

Audio

Aussie Greg と Blaine がまとめた Audio Developer Blog はもう聞きましたか?まだならぜひ聞いてください!

https://www.youtube.com/watch?v=EH_i_ABPaeA

チームは引き続きコアオーディオテクノロジーの再構築に重点を置いています。最新機能のフレームワークを提供し、最後にはオーディオ機能を転換します。レインサポートで減速しましたがそれは単なるピットストップでありチームは将来に向かって全力で進んでいます。

Ongoing Development Misc

現在進行中のことをご紹介。

  • エンジニアリングチームは多くの物理エンジンとタイヤモデルのプロジェクトを進行中です:
    • FFB の改善。高いティックレートと関連するタイヤ改良に加えて、ドライバーが感じるべきトルクを正確に生成し、よりスムーズで速く、安定した体験を提供します。
    • タイヤモデルの進化が進行中で大幅な進歩を遂げました。タイヤインターフェースコードを再構築してより効率的にしました。タイヤ形状と同じようにコンタクトパッチのモデル化方法も見直しました。これにより形状全体の動力学と摩耗がより正確になり、モーメントも向上します。
    • 最新PCハードウェアをより効果的に活用するために、再設計されたより正確で低遅延のコア物理学エンジンと結び付けます。
  • NoesisGUI によるシム内 UI の書き換えは引き続き進んでおり、他のゲームで完全な NoesisGUI 実装を構築した請負業者グループを追加してサポートされています。プロセスが転換してデザイナーが以前よりも直接的に貢献できるようになります。
  • オーバルリフレッシュもフェーズ 2 リリースに向けて継続的に進められています。完全な透明性でコースや車両と動力学ベースのシステムに関わる複雑なプロジェクトで、未踏地域への探索です。これは重要な取り組みです。準備が整ったと判断すればリリースします。

Upcoming Content

今後登場予定のコンテンツについて。

Spa

アップデート鋭意開発中!


Zolder

完全リマスターされた Zolder が 9月にリリースされる予定です。


Mini Stock

9月予定で Mini Stock cars に取り組んでいます。


Sonoma

数週前、Sonoma を再スキャンした翌日に新舗装がテストされました。典型的な iRacing の運ですがまたやります。すべての NASCAR コースをリフレッシュする取り組みの一環です。


NASCAR 2003 Gen4

Dale Jrがシェアしていたように、2003年シーズンに基づいた Gen4 車両をリリースする予定です。インターミディエイトとスーパースピードウェイの両方用のボディを持ちます。この年は私たち多くにとって特別です。


Dirt Road

ダートロードレースにより良い車両と新しいコースレイアウトを提供して活性化を図ることに取り組んでいます。詳細は近日。


iRacing photographing…

たいていの場合、世界中で私たちが車両やコースの写真を撮っているのを見かけたらそれは近日登場を意味します。そう、最近は現行犯で見つかることが多いので変装を始める頃合いですね。


Australia

オーストラリアで多くのことが浸透してきています。詳細は近日。


England

前回イギリスにスキャンに戻る計画を話しました。チームはこの数週間多忙にしていて 3つのサーキットでドローン空撮や写真撮影とスキャンしていました。


shocking vehicle

前回チラ見せした shocking 車両について、shocking の意味をダジャレやヒントと考えていた人が多かったですが私はそれほどクリエイティブではないのでそれはたまたまでした。実際、考えてみると iRacing を未開拓領域に推進する車両関連のプロジェクトが複数あります。待って、ダシャレになってました?

Discount Programs

割引プログラムについてご存じない方もいるようなので、また復習として、概要を示します。

  • カートに入れたコンテンツ数に応じて 10 – 30 % の段階的な割引があります。
    Volume Discounts – iRacing.com https://www.iracing.com/volume-discounts/
  • レースするだけでシーズンあたり最大10ドル分のクレジットを獲得できます。
    Race Participation Credit Program – iRacing.com https://www.iracing.com/race-participation-credit-program/
  • 友達を紹介すると10ドル分のクレジットがもらえます。
    The iRacing Referral Reward Program – iRacing.com https://www.iracing.com/the-iracing-referral-reward-program/

さらに、新規ユーザーだけでなくまだ購入したことのない既存メンバーにも恩恵のある 1回限りの割引、初回購入で最大 2つのコンテンツが 10% 割引、を導入予定です。これはさらに大きな割引が適用される場合には重複して適用されません。

Final thoughts

最後に。
長文にお付き合いありがとうございます。次回のためにもっと残しておかなくてはいけませんね。つまり、私たちは非常に多くの魅力あるプロジェクトに取り組んでいるということです

今後数年間でコードベースと機能面で大幅な最新化を図りながらシーズンごとに製品が進化していくのを見るのはとても楽しく、それを実現できるチームであると確信しています。

Nurburgring 24H

2024年のニュルブルクリンク24時間レースについて発表されました。5クラス 12車種となりました。
https://forums.iracing.com/discussion/61017/2024-nuerburgring-24h-presented-by-extreme-sim-racing/p1

日本時間で 2024/05/18(土) 07:00, 16:00, 21:00, 05/19(日) 01:00 の 4スロット開催。

コース Nürburgring Combined – Gesamtstrecke 24h
必要ライセンス Road D 4.0
シミュレート日時 2024/06/01
15:13 セッション開始
Warmup/Join待ち 20 分
Qualify Attached 単走 2周, 25分
Race 24時間
天候 ダイナミックウェザー
スプリット iRating
ドライバー (2~16/チーム)
フィールドサイズ 55台
ペナルティ 100インシデント及び以降20インシデント毎
DQ なし

※2024/05/16 BOP更新しました

class cars
GT3 Audi R8 LMS EVO II GT3 (-0.75%)
BMW M4 GT3 (-1/25% Power, -1% Fuel)
Ferrari 296 GT3 (-1% Power, -1% Fuel)
Mercedes AMG GT3 2020 (-3% Power, -2% Fuel)
Porsche 911 GT3R
Porsche Cup Porsche 992 GT3 Cup(992)
GT4 Aston Martin Vantage GT4 (-2.5% Power, -1% Fuel)
BMW M4 GT4 (-2.5% Power, -1% Fuel)
Porsche 718 Cayman GT4 Clubsport
TCR Honda Civic Type R TCR
Hyundai Elantra TCR (+5kg)
GR86 Toyota GR86

ニュルブルクリンク耐久シリーズ


2024年のニュルブルクリンク耐久選手権について発表されました。

https://forums.iracing.com/discussion/58655/iracing-nurburgring-endurance-championship-announces-nine-race-2024-schedule/p1
https://www.iracing.com/iracing-nurburgring-endurance-championship-announces-nine-race-2024-schedule/

スケジュール他

スロット: 土曜 16:00, 日曜 02:30, 10:00, 22:00

1 2024/03/30-31 4 hours
2 2024/04/20-21 4 hours
3 2024/05/11-12 4 hours
4 2024/07/13-14 4 hours
5 2024/07/27-28 6 hours
6 2024/08/17-18 4 hours
7 2024/08/31-09/01 4 hours
8 2024/09/28-29 4 hours
9 2024/10/26-27 4 hours

車両クラス

2024/03/28 BOP追記しました。
2024/05/09 BOP更新しました。
2024/05/16 BOP更新しました。

クラス 車両
GT3 Audi R8 LMS EVO II GT3 (-0.75% Power)
BMW M4 GT3 (-1.25% Power, -1% Fuel)
Ferrari 296 GT3 (-1% Power, -1% Fuel)
Mercedes AMG GT3 2020 (-3% Power, -2% Fuel)
Porsche 911 GT3 R (992)
Cup Porsche 911 GT3 Cup (992)
GT4 Aston Martin Vantage GT4 (-2.5% Power, -1% Fuel)
BMW M4 GT4 (-2.5% Power, -1% Fuel)
Porsche 718 Cayman GT4 Clubsport MR
TCR Honda Civic Type R TCR
Hyundai Elantra TCR (+5 kg)
GR86 Toyota GR86

iRacing Roar

2024 シーズン最初のスペシャルイベント、iRacing Roar についてアナウンスがありました。LMP3, GT4, TCR による 2.4H (144分) ソロ耐久イベントです。
2024 iRacing ROAR
https://forums.iracing.com/discussion/53027/2024-iracing-roar/p1

開催概要

Timeslot #1 – 2024/01/13(土) 07:00
Timeslot #2 – 2024/01/13(土) 16:00
Timeslot #3 – 2024/01/13(土) 21:00
Timeslot #4 – 2024/01/14(日) 01:00
Timeslot #5 – 2024/01/14(日) 09:00 *2024/01/03追加

コース Daytona International Speedway – Road
ライセンス要件 ロード D 4.0 以上
シム内日時 2024/01/21、01:00 PM
Warm Up/Join待ち 30分
予選 2周/8分
レース長 2.4 時間(144分)
天候・空 Dynamic
スプリット iRating
Team? No
ペナルティ x20 以降 x10ごとにドライブスルー
Inc積算による失格 なし
最大台数 50

車両/クラス

BOPは1週間程度前に発表される見込み>追記しました/最終調整が行われる可能性があります>更新あり

LMP3 Ligier JS P320  
GT4 Aston Martin Vantage GT4 -1% Fuel Tank
BMW M4 GT4 -1% Fuel Tank
McLaren 570S GT4  
Mercedes-AMG GT4 -0.5% Power, -2% Fuel Tank
Porsche 718 Cayman GT4 Clubsport MR -2% Fuel Tank
TCR Audi RS 3 LMS -0.5% Power
Honda Civic Type R -1% Fuel Tank
Hyundai Elantra N TC  
Hyundai Veloster N TC  

参考

2024年のスペシャルイベントはこちら。
https://www.shupop.com/iracing/2023/12/12/special-events-2024/

Ring Meister & Draft Master

リングマイスター シリーズがとても好評だったので 2023 シーズン 4 も継続してさらにこれに加えてタラデガとデイトナを巡るドラフトマスターシリーズも開催する、とのこと。

Series Expansion: Ring Meister and Draft Master
https://forums.iracing.com/discussion/47135/series-expansion-ring-meister-and-draft-master/p1

Draft Master

タラデガ 18周 または デイトナ 20 周のショートフォーマットレースです。

Week Cars Track
1 NASCAR Truck Daytona
2 [Legacy]NASCAR Cup Impala CoT Daytona
3 NASCAR Xfinity Daytona
4 NASCAR 1987 Daytona
5 Gen 4 Cup Daytona
6 NASCAR Cup Next Gen Daytona
7 NASCAR Truck Talladega
8 [Legacy]NASCAR Cup Impala CoT Talladega
9 NASCAR Xfinity Talladega
10 NASCAR 1987 Talladega
11 Gen 4 Cup Talladega
12 NASCAR Cup Next Gen Talladega

Ring Meister

Week Cars
1 Ford Mustang FR500
2 BMW M4 GT3
3 Spec Racer
4 Street Stock
5 Ferrari 488 GT3 Evo 2020
6 Aston Martin Vantage GT4
7 VW Jetta
8 Radical SR10
9 Porsche 911 RSR GTE
10 Mercedes AMG GT3 2020
11 Toyota GR86
12 Lotus 49

※週替わり直前となる月曜最後のスロットのレース開催はありません。このタイミングで車両の切り替えが行われます。

Ricmotech Ring Meister Series

2023 シーズン 3 より、ニュルブルクリンクを舞台に毎週使用車両を変えて競うリング マイスター シリーズが始まります。Nurburgring Industriefahrten レイアウトでの 4周レースで、予選は事前に開催される別セッションで行われます。

2023 シーズン 3 の第1回シリーズで予定されている使用車両は以下のとおり(変更される可能性もあります)。

  • Mercedes-AMG GT3 2020
  • Porsche 718 Cayman GT4
  • Hyundai Elantra
  • Toyota GR86
  • Ferrari 488 GT3 EVO
  • BMW M4 GT4
  • Honda Civic
  • Ray FF1600
  • Porsche 911 GT3 R
  • Aston Martin Vantage GT4
  • Renault Clio
  • BMW M4 GT3

iRacing Introduces Ricmotech Ring Meister Series for 2023 Season 3
https://www.iracing.com/iracing-introduces-ricmotech-ring-meister-series-for-2023-season-3/
iRacing Introduces Ricmotech Ring Meister Series for 2023 Season 3
https://forums.iracing.com/discussion/41766/iracing-introduces-ricmotech-ring-meister-series-for-2023-season-3/p1

Release Notes

2023 シーズン 2 パッチ 4 のリリースノートを和訳して紹介します。
記事に誤字・間違いなど見つけたら教えてくださいね

※今季これまでのリリースノート:
2023 Season 2 Release Notes [2023.03.07.01] – ハイライト
2023 Season 2 Release Notes [2023.03.07.01] – Simulation
2023 Season 2 Release Notes [2023.03.07.01] – Cars
2023 Season 2 Release Notes [2023.03.07.01] – Tracks
Release Notes for iRacing UI (8.7.1)
Release Notes for iRacing UI (8.7.3)
Release Notes for iRacing UI (8.8.0)
Release Notes for iRacing UI (8.8.1)
2023 Season 2 Patch 1 Release Notes [2023.03.12.02]
2023 Season 2 Patch 2 Release Notes [2023.03.20.02]
Release Notes for iRacing (8.9.1)
2023 Season 2 Patch 3 Release Notes [2023.04.05.02]


SIMULATION:

AI Racing

  • AI ドライバーがときどき変にダウンフォースの劣るパッケージを選択することがある問題を修正しました。

Graphics

  • グラフィックメモリスライダーを危険なレベルまで増やした際にポップアップされる警告メッセージをアップデートしました。

Controls

  • フォースフィードバックに関して、GameInput API のアップデートで生じていた問題への残課題だった、一部ホイールでの iRFFB と競合することがあった問題を修正しました。

CARS:

Stock Car Pro Series Cars

  • 2023シーズンに合わせたブランディングとスポンサーステッカーにアップデートしました。

Audi R8 LMS GT3

  • 新ダメージモデル用のモデルでトランクの R8 ロゴ表示が不適切だったのを修正しました。

Dallara F3

  • iRacing セットアップをアップデートしました。

Mercedes-AMG GT4

  • ABS システムを改善してより高速なレスポンスとよりよい操作性とパフォーマンスとなりました。
  • 車両重量が若干重くなりました。
  • RPM ライトが正しい間隔で表示されていなかった問題を修正しました。
  • iRacing セットアップをアップデートしました。

Nurburgring 24H

2023年のニュルブルクリンク24時間レースについて発表されました。
https://forums.iracing.com/discussion/40618/iracing-presents-the-2023-nuerburgring-24h/p1

日本時間で 2023/05/13(土) 07:00, 16:00, 21:00, 05/14(日) 01:00 の 4スロット開催。

コース Nürburgring Combined – Gesamtstrecke 24h
必要ライセンス Road D 4.0
シミュレート日時 2023/05/20
15:13 セッション開始
Warmup/Join待ち 20 分
Qualify 単走 2周, 25分
Race 24時間
天候 ダイナミックウェザー
スプリット iRating
ドライバー (2~16/チーム)
フィールドサイズ 55台
Stop&Go 100インシデント及び以降20インシデント毎
DQ なし

※BOPは1週間前頃の発表見込み >> 追加しました(2023/05/09) / GT3 BOP更新アリ(2023/05/11)

class cars
GT3 BMW M4 GT3 (-0.75% power)
Mercedes AMG GT3 2020 (-1.25% power, +10 kg, -2% fuel capacity)
Porsche 911 GT3R (+7 kg, -2% fuel capacity)
GT4 Aston Martin Vantage GT4 (-2% power)
Porsche Cayman GT4
Porsche Cup Porsche 992 GT3 Cup
TCR Audi RS3 LMS TCR
Spec Toyota GR86

Release Notes

2023 シーズン 2 パッチ 3 のリリースノートを和訳して紹介します。
記事に誤字・間違いなど見つけたら教えてくださいね

※今季これまでのリリースノート:
2023 Season 2 Release Notes [2023.03.07.01] – ハイライト
2023 Season 2 Release Notes [2023.03.07.01] – Simulation
2023 Season 2 Release Notes [2023.03.07.01] – Cars
2023 Season 2 Release Notes [2023.03.07.01] – Tracks
Release Notes for iRacing UI (8.7.1)
Release Notes for iRacing UI (8.7.3)
Release Notes for iRacing UI (8.8.0)
Release Notes for iRacing UI (8.8.1)
2023 Season 2 Patch 1 Release Notes [2023.03.12.02]
2023 Season 2 Patch 2 Release Notes [2023.03.20.02]
Release Notes for iRacing (8.9.1)


SIMULATION:

Race Control

  • スタートゾーンのローリングスタートでリーダー自身にジャンプスタートの黒旗がトリガーされる問題を修正しました。

Auto Fuel

  • Auto Fuel の Lap Margin 設定の制限値を +/- 10 にまで拡大しました。
  • 十分な燃費データを取得できていない場合に表示されるラベルを Auto Fuel ブラックボックスに追加しました。
  • クールダウン、グリッド上、アウトラップでは Auto Fuel が無効な状態で表示されるようになりました。
  • Options メニューの Auto Fuel 用コントロールの名前が変更され、動作するようになりました。
  • app.ini の [Pit Service] セクションに Auto Fuel に関する値を追加しました
    • autoFuelDefaultEnable= 1 (レースで Auto Fuel を自動的に有効化する) or 0 (レースで Auto Fuel を自動的に無効化する)
    • autoFuelDefaultMarginLaps= 1.0000 (デフォルトで設定しておくセーフティマージン周回数)
      • Auto Fuel がグレーアウトしているときにラップマージンには 1.0 と表示されますが、レース開始時にはデフォルト値が適用されます。
  • app.ini の autoFuelDefaultEnable 設定を利用すると、ピット出口で Auto Fuel を自動的に有効化したり無効化したりすることができます。
  • ピットマクロ autofuel が追加されました。
    • オン/オフ、反転、クリアが使えます。
  • Auto Fuel チャットマクロでの値調整に負の値が使えるようになりました。
  • Auto Fuel システムが Gen 4 Cup カーで使えるようになりました。
  • チェッカーフラッグが振られたあとで Auto Fuel の計算が間違っていた問題を修正しました。

New Damage Model

  • 2023 シーズン 2 でリリースした、体系的な新ダメージモデルの変更によって多くの車両で耐久性が非現実的に高いものとなっていました。このパッチで様々な車両のボディパネルを調整し、全般的に弱められ、より現実的なものとなります。このパッチでシーズン 2 リリース後のリアリズムと新ダメージシステムのバランスに関する評価を完了します。この影響を受ける車両は以下のとおり:
    • GT1 Cars
    • GT3 Cars
    • NASCAR Cup Series Next Gen Cars
    • BMW M Hybrid V8
    • Dallara P217
    • Dirt Sprint Car
    • Dirt Sprint Car Non-Winged
    • Formula Vee
    • Mercedes-AMG W12 E Performance
    • Porsche Mission R

Graphics

  • グラフィックスオプションの CPU と GPU のメモリスライダー上限がそれぞれ 32GB と 16GB に拡大されました。

Controls

  • 最近の Microsoft Gaming Input のアップデートに起因するフォースフィードバックの問題を修正しました。
    • FFB デバイスが更新されると常にその FX の再起動を強制するようにしました。Thrustmaster デバイスを使用している場合、ドライバーを最新バージョンにアップデートする必要があります。

Telemetry

  • 新しい変数 PushToTalk がテレメトリに追加されました。
    • この変数には Push to Talk に割り当てたボタンを押しているときに True が設定されます。これは自身がボイスチャットを送信しようとしただけで、他のメンバーがあなたの声を聞こえたかを意味するものではありません。サーバーは他の話者を優先したりボイスチャットに制限をかけることができます。

CARS:

GT4 Cars

  • ABS システムを改善してレスポンスとパフォーマンスを高めることができました。
  • クラスの BoP 調整を行いました。
  • シフトインジケーターライトの設定をアップデートしました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

ARCA Menards Chevy / Gen 4 Cup

  • (Gen 4 Cup) – Auto Fuel が使えるようになりました。
  • (Gen 4 Cup) – iRacing セットアップがアップデートされました。

Audi RS 3 LMS

  • リアのダンピングが引き上げられました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

BMW M4 GT4

  • 空力バランスを前よりにシフトしました。

McLaren 570s GT4

  • 車重が若干増やされました。

Mercedes-AMG GT4

  • 車重が若干増やされました。

Porsche 718 Cayman GT4 Clubsport MR

  • エンジントルクが若干大きくなりました。

Radical SR10

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Ray FF1600

  • キャンバー調整幅を更新しました。

TRACKS:

Circuit of the Americas

  • (Grand Prix and West) – コース上にペイントされた位置に合うようにスタンディングスタート位置を調整しました。

Sebring International Raceway

  • 夜間照明で明るすぎるエリアがあった問題を修正しました。

[Legacy] Texas Motor Speedway – 2009

  • (Oval) – マルチグルーブレースを改善するために路面パラメータをアップデートしました。

ニュルブルクリンク耐久シリーズ

2023年のニュルブルクリンク耐久選手権について発表されました。
タイムスロットは日本時間で土曜 16:00, 日曜 02:30, 10:00, 22:00。使用コースは Nürburgring Combined – Gesamtstrecke VLN です。

2023 iRacing Nürburgring Endurance Championship
https://forums.iracing.com/discussion/39020/2023-iracing-nuerburgring-endurance-championship/p1

車両クラス

BOP は 1週間前にアナウンスされる見込みです。>>>追記しました (2023/04/02) >>> 2023/04/13 更新入りました >>> 2023/06/22 更新 >> BMW M4 GT4 の記述が追加されていたので更新しました (2023/08/05) >> Ferrari 296 GT3 追記更新しました (2023/09/27)

クラス 車両
GT3 BMW M4 GT3 (-1% Power, -1% fuel capacity)
Ferrari 296 GT3 (-1% Power, -1% fuel capacity)
Mercedes AMG GT3 2020 (+15 kg, -2% fuel capacity)
Porsche 911 GT3 R
GT4 Aston Martin Vantage GT4 (-2% Power)
BMW M4 GT4 (+1% Power, +1% fuel capacity)
Porsche 718 Cayman GT4 Clubsport MR
CUP Porsche 992 GT3 Cup (992)
TCR Audi RS 3 LMS
Spec Toyota GR86

スケジュール他

1 2023/04/08-09 4 hours
2 2023/04/22-23 4 hours
3 2023/06/03-04 4 hours
4 2023/06/24-25 4 hours
5 2023/07/15-16 6 hours
6 2023/08/05-06 4 hours
7 2023/08/26-27 4 hours
8 2023/09/30-10/01 4 hours
9 2023/10/28-29 4 hours
天候 ダイナミック
プラクティス(Join待ち) 10分
予選(アタッチド) 30分
ペナルティ インシデント 50、以後 20毎にドライブスルー
チーム ソロ参加も可

Release Notes

2023 シーズン 2 ビルドのリリースノートを和訳して紹介します。
記事に誤字・間違いなど見つけたら教えてくださいね

長くなるので 4本の記事に分けました。

2023s2 リリースノート:


CARS:

GT3 Cars

  • ABS を改善し、レスポンス及び制御とパフォーマンスが向上しました。
  • ノルドシュライフェ走行時にはサスペンションの下垂距離を拡大させました。
  • 高速走行時に燃料節約のためにクラッチを切ることができなくなりました。
  • 後続車のドラッグ効果を削減しました。
  • ダイナミックブレーキオーディオシステムが追加されました。ブレーキ温度とブレーキプレッシャーによるロジックでチューニングされたブレーキオーディオロジックで、ブレーキの鳴きは高温になるとフェードアウトして温度が下がるとまた鳴るようになります。この音はブレーキプレッシャーによって動的に生成されます。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

GT4 Cars

  • 後続車のドラッグ効果を削減しました。
  • ダイナミックブレーキオーディオシステムが追加されました。ブレーキ温度とブレーキプレッシャーによるロジックでチューニングされたブレーキオーディオロジックで、ブレーキの鳴きは高温になるとフェードアウトして温度が下がるとまた鳴るようになります。この音はブレーキプレッシャーによって動的に生成されます。

GTE Cars

  • ダイナミックブレーキオーディオシステムが追加されました。ブレーキ温度とブレーキプレッシャーによるロジックでチューニングされたブレーキオーディオロジックで、ブレーキの鳴きは高温になるとフェードアウトして温度が下がるとまた鳴るようになります。この音はブレーキプレッシャーによって動的に生成されます。

NASCAR Classic 1987 Cars

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

NASCAR Cup Series Next Gen Cars

  • タイヤパラメータがアップデートされました。
  • ドラフティングパラメータがアップデートされました。
  • エンジンのレブリミッターが引き下げられました。
  • シフトライトの回転数をアップデートしました。
  • ガレージ画面のブレーキバイアスとテレメトリ値 dcBrakeBias の値がマッチするようになりました。
  • 外れる部品の LOD カメラ距離がアップデートされました。特定の距離で車体の部品が消失するのを防ぎます。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

NASCAR Trucks

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

NASCAR Xfinity Cars

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

V8 Supercars Cars

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Touring Cars

  • 後続のエアロドラッグ効果が削減されました。
  • ABS を改善し、レスポンス及び制御とパフォーマンスが向上しました。
  • ダイナミックブレーキオーディオシステムが追加されました。ブレーキ温度とブレーキプレッシャーによるロジックでチューニングされたブレーキオーディオロジックで、ブレーキの鳴きは高温になるとフェードアウトして温度が下がるとまた鳴るようになります。この音はブレーキプレッシャーによって動的に生成されます。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

[Legacy] V8 Supercar – 2014 Cars

  • フロントロールセンターの Low オプションは取り除かれました。

ARCA Menards Chevrolet Impala

  • ウィンドシールドのプルタブにダートが付着する問題を修正しました。ノーズロアグリルのテクスチャを調整しました。ペイントテンプレートのナンバーブロックの問題を修正しました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Audi 90 GTO

  • ブレーキペダルの最大フォースを調整しました。

Audi R8 LMS GT3

  • インターフェースモデルにペダルがなかった問題を修正しました。

BMW M4 GT3

  • 現行ドライバーマニュアルに合致するようにダッシュディスプレイをアップデートしました。

Chevrolet Corvette C8.R GTE

  • バックファイアの新しいオーディオとトリガーするロジック、ビジュアルエフェクトが追加されました。

Chevrolet Monte Carlo SS

  • 今シーズンのアップデートで、この車両はリタイヤコンテンツとなりました。
    • Late Model Stock がこの Chevrolet Monte Carlo SS を置き換えます。
      • Chevrolet Monte Carlo SS は [Retired] 状態となり、すべてのイベント及び iRacing ストアから取り除かれます。Chevrolet Monte Carlo SS での記録は残ります。リプレイは機能しなくなります。
      • Chevrolet Monte Carlo SS を購入していたメンバーには新車の Late Model Stock が無償で提供されます。
      • この車両を使ってスケジュールされていた AI を使わないホストセッションは Late Model Stock を使うようにアップデートされます。
      • この車両の AI ロースターを使ってスケジュールされていたホストセッションはキャンセルされ、課金取消となります。必要なら Late Model Stock とその AI を使って再作成してください。

Dallara F3

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Dallara iR-01

  • エアロモデルとタイヤ属性のコンビネーションがオーバルレースを改善するために開発されました。
  • エアロモデルとタイヤパラメータがアップデートされました。
  • セットアップ調整幅がアップデートされました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Dallara IR18

  • この車両でのバイザーのティアオフ操作割り当てが削除されました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Dallara P217

  • ドラフトパラメータがアップデートされました。
  • 高速走行時に燃料節約のためにクラッチを切ることができなくなりました。
  • ブレーキバイアス調整は 0.25 単位で変更できるようになりました。

Dirt Street Stock

  • 一部のカーパーツのカメラ距離が調整されました。

Ford Mustang FR500S

  • タコメーターのミスプリントを修正しました。 RPM は宣伝されているような 10,000 の倍数にはなっていません。
  • ダッシュボードの燃料及び油圧の単位変換と警告灯に関する問題を修正しました。

Formula Renault 2.0

  • コクピットカメラでタイヤが誤ったモデルを使用していた問題を修正しました。

Formula Renault 3.5

  • リアフロアの耐久性が向上しました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Global Mazda MX-5 Cup

  • ABS を改善し、レスポンス及び制御とパフォーマンスが向上しました。

Honda Civic Type R

  • 2023s2 BoP: 車重を若干軽く、エンジントルクを若干削減しました。

Hyundai Elantra N TC

  • 2023s2 BoP: 車重を若干重く、エンジントルクを若干削減しました。

Hyundai Veloster N TC

  • 2023s2 BoP: 車重を若干重く、エンジントルクを若干削減しました。

Indy Pro 2000 PM-18

  • 新ダメージモデルのチューニングが完了しました。サイドポッド、フロント/リアウィングの破壊限界を引き下げました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

iRacing Formula iR-04

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Lamborghini Huracán GT3 EVO

  • バックファイアのオーディオ効果を改善しました。

Late Model Stock

  • NEW CAR!
  • 新しいストックカー Late Model Stock が購入できるようになりました!
    • CARS Late Model Stock Tour などで使われる Late Model Stock はストックカーレースキャリアの重要なステップとなっています。ジョシュ ベリー、サム メイヤー、マイアット スナイダーなど NASCAR Xfinity シリーズのフロントランナーから NASCAR Craftman Truck シリーズのヘイリー ディーガンやクリスチャン エックスなど、そして 2023 NASCAR Cup シリーズルーキーのタイ ギブスなどがこのシリーズから栄光を掴んでいます。Late Model Stock Car は 400馬力を超える 350 キュービックインチエンジンを搭載しています。ファイバーグラス製ボディパネルは車を計量化しますがフルコンタクトに耐える強度を持ち、CARS ツアーは Southern National Motorsports Park, Hickory Motor Speedway, Langley Speedway, South Boston Speedway, North Wilkesboro Speedway を巡ってショートトラックレースで最高のショーを行います。
  • Late Model Stock は既存の iRacing レイトモデル車両 Chevrolet Monte Carlo SS を置き換えます。
    • この入替で Chevrolet Monte Carlo SS はリタイヤコンテンツとなって使用できなくなり、iRacing ストアからもなくなります。Chevrolet Monte Carlo SS の記録・Stats は残されますがリプレイは機能しなくなります。
    • Chevrolet Monte Carlo SS を所有していたメンバーには Late Model Stock が無償で提供されます。
  • Late Model Stock の購入は iRacing ストアのこちらから: https://members.iracing.com/membersite/member/CarDetail.do?carid=164
  • この車両には新ダメージモデルが適用されます!
    土壇場の問題によって新ダメージモデルは搭載されなくなりました。パッチでの登場となる見込み。
  • AI レースで使用できます!

Legends Ford ’34 Coupe

  • 回転する右タイヤのテクスチャが反転していた問題を修正しました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Lotus 49

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Lotus 79

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Mercedes-AMG GT3 2020

  • 2023s2 BoP: 重心が若干高くなり、リアサスペンションジオメトリもアップデートされました。エアロバランスが若干前側へ移動してリアタイヤの発熱性が若干引き下げられました。
  • 周囲の車両の LED ルーフライトストライプの問題を修正しました。

Mercedes-AMG GT4

  • 高速走行時に燃料節約のためにクラッチを切ることができなくなりました。
  • コクピットの燃料位置ビジュアルを調整しました。
  • インターフェースモデルにスタリングギアを追加しました。
  • インターフェースモデルにブレーキバイアスノブが付いていなかった問題を修正しました。

Mercedes-AMG W12 E Performance

  • 外部RPMライトを調整しました。

Mercedes-AMG W13 E Performance

  • AI レースで使用できます!
  • 外部RPMライトを調整しました。
  • ドライバーのパドルシフト操作アニメーションを追加しました。
  • 黒い Monza ロールフープストライプを取り除きました。
  • サイドミラーモデルとテクスチャをアップデートしました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Modified – SK & NASCAR Whelen Tour Modified

  • (Both) – iRacing セットアップがアップデートされました。

NASCAR Classic Buick LeSabre – 1987

  • 新ダメージモデルが使用されていないとき、ダッシュボードのゲージレンズが不透明になる問題を修正しました。

NASCAR Cup Series Next Gen Chevrolet Camaro ZL1

  • 特定の距離からミラーで見ると車のノーズが消えることがある問題を修正しました。

NASCAR Cup Series Next Gen Toyota Camry

  • フロントフェンダーのテクスチャマッピングを改善しました。
  • 特定のカメラ距離でファントムダメージが出現する問題を修正しました。

Porsche 911 GT3 Cup (992)

  • 新ダメージモデルが適用されます!
  • 特定の距離で一部のミラーが位置を入れ替えて表示される問題を修正しました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Radical SR10

  • フィジクスパラメータが若干アップデートされました。
  • 新ダメージモデルで、ボディパネルのイールド及び破壊限界を引き下げました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Ray FF1600

  • NEW CAR!
  • 新オープンホイール車両 Ray FF1600 が iRacing で使用できるようになりました。この車両はすべてのメンバーに無償で提供されます!
    • 英国を拠点とする Ray Race Cars は半世紀異常にわたってエントリーレベルオープンホイール車両を製造してきました。

      FF1600はグランプリを目指す練習用の手ごろな価格のフォーミュラです。ウィングなしでダウンフォースの少ないマシンに1.6リッターエンジンを搭載するFF1600は、他のジュニアフォーミュラと比べるとコーナーではかなり注意が必要ですがコース上では接近戦で追い越しが多くなります。スペースフレームシャーシによる比較的オープンなレギュレーションによってFF1600は手ごろなオープンホイールレースとして世界中で人気です。Ray Race Cars は世界中で多くのチャンピオンシップで勝利し、最近では 2022年 4月に Alex Crosbie がニュージーランドのナショナルタイトルを獲得しました。

  • Ray FF1600 について詳細はこちら: https://members.iracing.com/membersite/member/CarDetail.do?carid=163
  • この車両は iRacing の基本コンテンツに含まれるので全メンバーに無償で提供されます。
  • この車両には新ダメージモデルが適用されます!
  • AI レースで使用できます!

Renault Clio R.S. V

  • NEW CAR!
  • 新しいロードカー Renault Clio R.S. V が購入できるようになりました!
    • ルノーのワンメイクシリーズはほぼ60年間ずっとヨーロッパで最も親しみやすい下位レベルのロードレースシリーズの一部を担っています。1966年に誕生したゴルディーニを起源とする初代クリオは 1991 年にデビュー、欧州の主要各国でシリーズが開催されました。一時中断もありましたが、2000年代初頭から再びルノークリオが選ばれるようになりました。第5世代のルノークリオカップカーは 2020年にデビューして以来ヨーロッパ中のアクティブなクリオカップシリーズに採用されています。

      車重 1030 kg ホイールベース 2579mm でルノー HR13 エンジンを搭載、速く機敏な車はあらゆるスキルレベルのドライバーに楽しい体験となります。

      過去のルノーワンメイクチャンピオンには、WRC とダカールのレジェンド Carlos Sainz 、ルマン勝者の Jan Lammers 、ツーリングカーのヒーロー Jason Plato 、オープンホイールチャンピオンで X Games ゴールドメダリストの Kenny Brack らの名前が挙がります。私たちが話している間に次にくる偉大なレーサーはクリオで走っています。

  • Renault Clio R.S. V の購入は iRacing ストアのこちらから: https://members.iracing.com/membersite/member/CarDetail.do?carid=162
  • AI レースで使用できます!

Silver Crown

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Street Stock

  • カメラがフォーカスしている車を除いてサイドミラーが消失してしまう問題を修正しました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Supercars Ford Mustang GT

  • インターフェースモデルが誤って詳細なカーモデルを使用していた問題を修正しました。

Super Late Model

  • iRacing セットアップがアップデートされました。

Toyota GR86

  • この車両に新ダメージモデルが適用されました!
  • ABS を改善し、レスポンス及び制御とパフォーマンスが向上しました。
  • 一部のタイヤアートワークがアップデートされました。

USF 2000

  • 新ダメージモデルのチューニングが完了しました: サイドポッド、フロント/リアウィングの破壊限界を引き下げました。
  • iRacing セットアップがアップデートされました。

2023s2 リリースノート:

12時間耐久レースシリーズ

現実に開催される24時間耐久レースシリーズ及び iRacing NEO Endurance リーグを主催の CREVENTIC とのパートナーシップによるチーム対抗12時間耐久レースシリーズ CREVENTIC Endurance Series も 3年目です。

iRacing CREVENTIC Endurance Series Returns for Four-Race 2023 Season
https://forums.iracing.com/discussion/37632/iracing-creventic-endurance-series-returns-for-four-race-2023-season/p1

レースカレンダー

以下のスケジュールが発表されました。
変更なければ、4イベントとも日本時間では土曜日 10、22時の 2スロット開催です。

日付 コース
3/11 スパ Circuit de Spa-Francorchamps
5/27 モンツァ Autodromo Nazionale Monza
8/12 バルセロナ Circuit de Barcelona Catalunya
12/2 バージニア Virginia International Raceway – Full

車両クラス/車種

車両クラス 車種
GT3 Cup Porsche 911 GT3 Cup (992)
GT4 Aston Martin Vantage GT4
BMW M4 GT4
McLaren 570S GT4
Mercedes-AMG GT4
Porsche 718 Cayman GT4 Clubsport MR
Touring Car Honda Civic Type R
Hyundai Elantra N TC

2022年: https://www.shupop.com/iracing/2022/03/15/creventic-endurance-series-2022/
2021年: https://www.shupop.com/iracing/2021/03/10/2021-creventic-endurance-series/
*2020年: https://www.shupop.com/iracing/2019/12/18/2020-iracing-endurance-series/(iRacing Endurance Series)

iRacing Roar


2023シーズン最初のスペシャルイベント、iRacing Roar についてアナウンスがありました。GT4, TCR, GR86 による 2.4H (144分) ソロ耐久イベントです。
iRacing Special Event | 2023 iRacing Roar
https://forums.iracing.com/discussion/34352/iracing-special-event-2023-iracing-roar/p1

開催概要

Timeslot #1 – 2023/01/14(土) 07:00
Timeslot #2 – 2023/01/14(土) 16:00
Timeslot #3 – 2023/01/14(土) 21:00
Timeslot #4 – 2023/01/15(日) 01:00

コース Daytona International Speedway – Road
ライセンス要件 ロード D 4.0 以上
Warm Up/Join待ち 30分
予選 2周/8分
レース長 2.4 時間(144分)
シム内日時 2023/01/22、01:00 PM
天候・空 Dynamic
スプリット iRating
Team? No
ペナルティ x20 以降 x10ずつでドライブスルー
Inc積算による失格 なし
最大台数 50

車両/クラス

BOPは1週間程度前に発表される見込み>>追記しました

GT4 Aston Martin Vantage GT4 +10kg
BMW M4 GT4 +10kg
Mercedes-AMG GT4 +10kg
Porsche 718 Cayman GT4 Clubsport MR
TCR Audi RS 3 LMS
Honda Civic Type R
Hyundai Elantra N TC +8kg
Spec Toyota GR86

参考

2023年のスペシャルイベントはこちら。
https://www.shupop.com/iracing/2022/12/05/special-events-2023/

Peachtree Three

National MS Society (NMSS) = アメリカ国立多発性硬化症協会 とタイアップしたチャリティイベント “ピーチツリー スリー” の開催内容が発表されました。ソロ参加も可能なロードアトランタ 3時間レースです。

Peachtree Three benefiting the National MS Society
https://forums.iracing.com/discussion/25230/updated-start-time-peachtree-three-benefiting-the-national-ms-society/p1

寄付の受け付けはこちら。
http://www.nationalmssociety.org/iracing

開催概要

Timeslot #1 – 2022/07/15(金) 09:00 08:30
Timeslot #2 – 2022/07/15(金) 12:00
Timeslot #3 – 2022/07/15(金) 19:00
Timeslot #4 – 2022/07/16(土) 03:00

コース Road Atlanta – Full Course
ライセンス要件 ロード Rookie 以上
Warm Up/Join待ち 30分
アタッチド予選 2周/8分
レース長 3時間
シム内日時 2022/07/15 08:00 AM –
天候・空 Dynamic
スプリット iRating
Team? Yes, チームドライバー: 1~名
ペナルティ x25 及び以降 x20ごとにドライブスルー
Inc積算による失格 なし
スプリットあたり最大台数 55
ファストリペア 無制限

車両

GTE Corvette C8R GTE
GT4 Aston Martin Vantage GT4
BMW M4 GT4
McLaren 570S GT4
Mercedes AMG GT4
Porsche 718 Cayman GT4 Clubsport MR
MX-5 Global Mazda MX-5 Cup

参考

2022年のスペシャルイベントはこちら。
https://www.shupop.com/iracing/2021/11/20/special-events-2022/
2021年のNMSSチャリティイベント シャーロット 4時間レース
https://www.shupop.com/iracing/2021/04/23/nmss-4-hours-of-charlotte/

2022 season 3

今季ビルドのハイライト動画として新機能スタートゾーン、新 AI コンテンツ、新ダメージモデル搭載車両、UI アップデート、トラックアップデート、そして新コンテンツを紹介する動画が公開されました。

https://www.youtube.com/watch?v=Mfq5b2gRNJA

Mercedes-AMG GT3 & GT4

メルセデスAMGの新車を紹介する動画が公開されました(記事の公開に失敗していたので改めて投稿)。


https://www.youtube.com/watch?v=iexPUbjhec8


https://www.youtube.com/watch?v=-BDzSXlm9Uo


https://www.youtube.com/watch?v=Rn7iXSVmVL4

Release Notes

2022 シーズン 3 ビルドのリリースノートを和訳して紹介します。
記事に誤字・間違いなど見つけたら教えてくださいね

長くなるので 3ページに分けました。

2022s3 リリースノート目次:


iRacing 2022 シーズン 3 ビルドが到着しました!GT3とGT4の2台のメルセデスAMGレースカーとラディカル SR10 がガレージに追加されました。富士スピードウェイ、サンダウンレースウェイ、ポートロイヤルスピードウェイで、日本、オーストラリアそして米国を旅しましょう。NASCAR Cup の全てのオーバルに追加されたスタートゾーンでより本格的なグリーンフラッグを体験することができるようになりました。コミュニティに耳を傾け、予選で使われていたタイヤエクスプロイトを使えなくしました。タイヤグレイニングとコードのビジュアルエフェクトがすべての車両で見れるようになり、GT3 クラスは最新の IMSA 仕様グラフィックアップデートを受けました。新ダメージモデルが 5車種に追加搭載され、AI レースで行えるコンテンツがさらに 12 増えました。そして 600以上のカスタムセットアップも提供されます。iRacing 2022 シーズン 3 へ真っ先に飛び込みましょう!

シーズンハイライト

新コンテンツy:

  • Mercedes-AMG GT3 2020
  • Mercedes-AMG GT4
  • Radical SR10
  • Sandown International Motor Raceway
  • Fuji International Speedway
  • Port Royal Speedway
  • iRacing UI の機能強化:
    • Quick Join (Race Now & Test Drive)
    • UIの手引きとなるガイドツアー
    • プロフィールウィジェット
    • 合理化された Test Drive
    • カスタムカークラス
  • スタートゾーン
  • 予選中のタイヤウォーミングアップに関するFix
  • NASCAR NextGen 車両のパラメータアップデート
  • タイヤのグレイニングとビジュアルエフェクト
  • GT3 IMSA ビジュアルアップデート
  • 車両ごとのUI位置調整
  • 新ダメージモデルを5車種に搭載: NASCAR NextGen, Mercedes-AMG GT4, Radical SR10
  • AI レースで使える車両が 8車種追加: ARCA Menards Chevrolet Impala, Chevrolet Monte Carlo SS, Mercedes-AMG GT3 2020, Mercedes-AMG GT4, NASCAR SK Modified, NASCAR Whelen Tour Modified, Stock Car Pro シリーズ車両
  • AI レースで使えるコースレイアウトの追加: Fuji International Speedway(2コース共), Sandown International Motor Raceway, Stafford Motor Speedway – Full Course
  • 600以上に上るカスタムセットアップ

2022 シーズン 3 の特徴を紹介するページはこちら: https://www.iracing.com/seasons/2022-s3/

2022 シーズン 3 リリースの詳細は以下の通り。

iRACING UI:

Dashboard

  • ニュースストーリーとクイックアクセスボタンを Dashboard タブに統合しました。

Profile Widget

  • 新しいプロフィールウィジェットをダッシュボードに配置し、最近のリザルトやアクティビティ、パフォーマンスや獲得したアワードを確認できるようになりました!

Guided Tours

  • iRacing UI でガイドツアーシステムが追加されました。
    • このツアーでインターフェース各セクションの利用方法や詳細とコツを学べます。
  • ガイドツアーは以下の UI ページで表示されます:
    • Dashboard
    • Test Drive
    • Current Series
  • ガイドツアーはボタンをクリックしたり矢印キーを使って進めることができます。

Quick Join

  • Race Now と Test Drive の 2つの新しいボタンが UI の右上に追加されました。
    • これらのボタンはシムが実行中か参加登録バーが表示されているとき以外はいつでも表示されているのでいつでも使えます。

Quick Join: Race Now

  • Race Now ボタンから、最近参加したオフィシャルシリーズページへのクイックリンクが表示されます。
    • さらにオフィシャルシリーズページでは、シリーズ名のすぐ右にドロップダウンメニューが追加されていて、でオフィシャルシリーズを探して別のシリーズページにダイレクトに切り替えることができます!
  • Race Now にはホストセッション作成のクイックリンクもあります。

Quick Join: Test Drive

  • Test Drive セッションの作成手順を見直して使い勝手を向上して素早くコースに出られるようになりました。

Custom Car Classes

  • iRacing UI の一部で、メンバーサイトからしか行えなかったカスタムカークラスを管理する機能が追加されました。
    • Cars ページから開く新しいモーダルウィンドウでカスタムカークラスを管理することができます。
    • ホストセッションの作成中にカスタムカークラスを作成することができるようになりました。
      • カスタムカークラスを使ったホストセッションでは AI ドライバーを含めることはまだできないことに留意してください。
    • カスタムカークラスを AI ドライバーと一緒に使うことはまだできません。

Official Series

  • オフィシャルシリーズページにはシリーズ名のすぐ右にドロップダウンメニューが追加され、オフィシャルシリーズを探して別のシリーズページにダイレクトに切り替えることができるようになりました!

Race Results

  • レースリザルトページに Share ボタンが追加されました。Facebook で簡単にシェアできます!

Favorites

  • お気に入りのシリーズはシーズンをまたいで保持されます。

iRACING MEMBERSITE:

Paint Shop

  • ペイントショップに新スポンサー Extreme Simracing が追加されました!

Results Page

  • リザルトで管理者名のフォーマットに関する問題があったのを修正しました。

Note for 3rd Party Developers

Data API

  • 一部のエラーレスポンスに詳細メッセージを追加しました。
  • 以下の新しいエンドポイントを追加しました。
    • /data/constants/categories
    • /data/constants/event_types
    • /data/league/directory
    • /data/league/seasons
    • /data/league/season_standings
    • /data/league/season_sessions
    • /data/member/chart_data
    • /data/results/search_series
    • /data/results/search_hosted
    • /data/team/get
  • ドキュメントはこれまでと同様に利用できます: https://members-ng.iracing.com/data/doc/:service/:method

SIMULATION:

Race Servers

  • チームの車両がピットストップでタイヤを装着したとき、チームメイトは新しく装着したタイヤがどのコンパウンドなのか確認できなかった問題を修正しました。
  • 使用したいカーナンバーが同じドライバーがいるときに割り当てられた代わりのナンバーがすでに使用済みとなっている可能性がある問題を修正しました。

NetCode

  • ノーズとリアの衝突判定を和らげるために設計された最近の外挿に関する変更がアップデートされました。

Race Control

  • 予選監査システムがアップデートされ、ピット出口周辺の感度が向上しました。これはピットを出るだけのエリアです。
  • スタンディングスタートのレースで、ピットスタートの車両をレースコントロールがすぐにコースへリリースすることがあった問題を修正しました。
  • 一部のパーツに適切なダメージしきい値が設定されておらず、誤って任意のオプショナルリペアとみなされた場合に問題が発生する可能性があったのを修正しました。
  • コーション中に2台がピットレーンを出るときに順不同とされる可能性がある問題を修正しました。

Start Zones

  • 実際のレースではレースコントロールのためにローリングスタートやコーション終了してレースリスタートとなる場面でドライバーがグリーンフラッグを受けるゾーンが設定されます。NASCAR はこれで知られていて、こういったゾーンは目立つように青くペイントされたウォールやエプロンで識別することができます。NASCAR ではこれらをスタートゾーンと呼んでいます。
  • この機能が iRacing に再現され、このリリースでは以下のコースで有効化されました:
    • Atlanta Motor Speedway – Oval
    • Auto Club Speedway – Oval
    • Bristol Motor Speedway – Dirt – 2021
    • Charlotte Motor Speedway – Oval – 2018
    • Chicagoland Speedway
    • Darlington Raceway
    • Daytona International Speedway – Oval
    • Dover Motor Speedway
    • Homestead Miami Speedway – Oval
    • Indianapolis Motor Speedway – Oval
    • Iowa Speedway – Oval
    • Kansas Speedway – Oval
    • Kentucky Speedway – Oval
    • Las Vegas Motor Speedway – Oval
    • Los Angeles Memorial Coliseum
    • Martinsville Speedway
    • Michigan International Speedway
    • Nashville Superspeedway
    • New Hampshire Motor Speedway – Oval
    • Phoenix Raceway – Oval
    • Pocono Raceway
    • Richmond Raceway
    • Talladega Superspeedway
    • Texas Motor Speedway – Oval
    • World Wide Technology Raceway – Oval
  • ホストレースや AI レースでは、スタートゾーン機能を Track Options のチェックボックスで有効化したり無効化したりすることができます。
    • すべてのコースにスタートゾーンがあるわけではないことに注意してください。したがってこのオプションは使用可能なコースでのみ現れます。
  • 機能を有効化すると、スタートゾーンは以下のように執行されます:
    • スタートゾーンが定義されたコースでは、ペースカーがコースを外れたあともリーダーに制約が課されます。ペースカーがコースを離れたあと、両方のラインのリーダーはスタートゾーンに到達するまでペースの速度を維持する必要があります。ラインリーダーの後方の車両はラインリーダーに追走します。レースコントロールはペース速度を維持することを期待して、リーダーにはペーシング UI でペース速度と現在速度が表示されます。これはペースカーが離れたら表示され、ピット速度制限の表示と同じような振る舞いで表示されます。あまり厳しい制限ではありませんが、速度を上げると、ペース速度を維持できなかったとして新しく追加されたペース スピード ブラック フラッグを受けるリスクがあります。
    • イベントで最初のローリングスタートでレースが始まるとき、リーダーはスタートゾーンのランダムな位置でスターターがグリーンフラッグを振るまで、速度を維持する必要があります。グリーンフラッグが振られる前にリーダーが大幅に加速した場合、ストップ & ゴーのジャンプスタートペナルティが課せられます。
    • レースがスタートしたあとのローリングスタートでは、リーダーはスタートゾーンまでペース速度を維持する必要がありますが、スタートゾーンの中で自身で決めたタイミングで「テイク オフ」することができます。リーダーが「テイク オフ」すると、スターターが間髪入れずにグリーンフラッグを振り、それを合図に後続も「テイク オフ」することができます。もしリーダーがスタートゾーンが終わるまで「テイク オフ」しなかった場合には、スターターはとにかくグリーンフラッグを振って、誰もがリーダーを置いて加速することができます。
    • これらの新しいローリングスタートルールにより、Pass the Leader ルールも異なってきます: 2番目の列のリーダーはレーススタートでもリスタートでも、グリーンフラッグが振られた瞬間にリーダーの前に出ていてはいけませんが、そのあとはスタート/フィニッシュラインを待たずにリーダーの前に出ることができます。
    • スタートゾーンを使うコースでは、ゾーンが視覚的に識別できるようにアートワークで定義されています。たとえば最終コーナー内側のウォールにあるスタートゾーンの開始と終了を示す青いエリアがそうです。
    • スポッターコールとルールタブもアップデートされ、ドライバーにスタートゾーンルールを通知しています。
    • 2列目がリーダーから大幅に遅れている場合、ドライバーがリーダーに追いつくまで、そのドライバーに対する「ペース速度に従うルール」は適用されません。
    • ラインリーダーの一人がレースコントロールを無視してストップ & ゴー ジャンプ スタート ペナルティを受けた場合、そのスタートではスタートゾーンルールは放棄され、すべての車がルールを破った車に追いつけることになります。
    • ペーシング UI 要素、スポッターコール、スポッターメッセージがアップデートされ、詳細情報が追加されました。
  • クラシックメンバーサイトでホストセッションを作成するときには、スタートゾーンの設定は利用できません。
  • スタートゾーンの使用に関する情報はクラシックメンバーサイトでは表示されません。

AI Racing

  • AI レースで以下の車両が使えるようになりました:
    • ARCA Menards Chevrolet Impala
    • Chevrolet Monte Carlo SS
    • Modified – SK
    • NASCAR Whelen Tour Modified
    • Mercedes-AMG GT3 2020
    • Mercedes-AMG GT4
    • Stock Car Pro Series Toyota Corolla
    • Stock Car Pro Series Chevrolet Cruze
  • AI レースで以下のコース・レイアウトが使えるようになりました:
    • Fuji International Speedway (Both configs)
    • Sandown International Motor Raceway
    • Stafford Motor Speedway – Full Course
  • 2022 シーズン 3 の AI スクールを修了しました!:
    • A Backseat Driver’s Guide to Rear-Wheel Drive
    • Binary Switches – is it ON or OFF? A crowd-sourced project
    • Handling Excessive Slip Like a Greasy Champ
    • Pushing the Limit: Maintaining Focus with an Active Low Fuel Light
    • Growing Confidence for Close Proximity Road Racing and Other Herbs
    • ART-303: Zoetropes and Animation Loops
    • Drag Reduction System Deployment Strategies for the Modern Age
    • Tire Changes Take Time – a Documentary in the “Stories from the Pits” Series
    • Counting with Car Numbers 0 to 999
  • AI ドライバーが追加の専門トレーニングを修了しました:
    • GT4 Class Cars
    • NASCAR Cup Series Class Cars
    • NASCAR Xfinity Class Cars
    • Porsche 911 R GT3
    • Street Stock
  • AI ドライバーが以下のコースで補習を受けました:
    • Kansas Speedway – Oval.
    • Martinsville Speedway

Tires

  • 低速でブレーキを過度に引きずったりステアリングホイールを過度に回転させることでタイヤをウォームアップさせる手法が使えた問題を修正しました。
  • コンパウンド変更が必須のタイヤルール用に、F2 および F3 ブラックボックスにステータスを示すインジケーターアイコンを追加しました。ジョーカーラップのアイコンと同様、交換ルールの要件を満たせばこのアイコンが点灯します。
  • タイヤセット追跡システムがアップデートされ、ドライバーが初めてコクピットに乗り込むまではタイヤセットが使用済とならないようにしました。これによってイベントで許可されたタイヤセットが 1 セットだけの場合でも、初めて車両に乗り込む前にガレージ画面でタイヤ空気圧を設定することができるようになります。

New Damage Model

  • 以下の車両に新ダメージモデルが搭載されました:
    • NASCAR NextGen Class Cars (ALL)
    • Mercedes-AMG GT4
    • Radical SR10
  • 新ダメージモデル搭載車両用にダートの路面属性を調整しました:
    • ダート路面の摩擦抵抗とドラッグを増やしました。
    • ダート路面に軽くあたれば柔らかく、深くあたれば硬くなるようにしました。
  • タイヤサイドウォールの衝突と関連するトルクの計算処理をアップデートし、壁走りのメリットを減らして非現実的に斜めに走るのを防ぎます。
  • タイヤの衝突判定形状の計算方法をアップデートしてタイヤ空気圧に基づいた精度を向上させました。
  • タイヤリムの衝突と下側の衝撃を少し改善しました。
  • リアリズムを向上するために金網リンクフェンスのフィジクス属性を調整しました。
  • ホイールが修理中のままスタックしてしまうことがある問題を修正するためにダメージ状況マネージャーをアップデートしました。
  • ピットへの牽引でホイールやサスペンションのスプリング/ダンパーやマウントが誤って修理されていたバグを修正しました。これはピットでの修復後に本来あるべきよりも良好な状態となることがあったことを意味します。
    • 以前はピットへの牽引で誤って修復されていたので、この修正によってサスペンションが弱くなったように見える場合があります。しかしこれが正しい状態なので、オープンホイール車両では注意してください!

Rendering

  • グラフィック自動設定を少しアップデートしました。
  • 現在使用中のレンダラーファイルをユーザーが参照できるように Advanced Graphics Options メニューに表示されるようになりました。
  • SSAO (Screen Space Ambient Occlusion, スクリーンスペース・アンビエント・オクルージョン) が使えるようになりました。
  • AMDs FidelityFX Super Resolution 1.0 が使えるようになりました。
    • Graphics オプションの Resolution セクションに設定が追加されました。
  • シャドウマップフィルターがデフォルトで PCF (Percentage Closer Filtering) を有効化するようにアップデートされました。
  • ダイナミックシャドウマップがカスケードスプリットをまたいでよりよく融合するようになりました。
  • 一部の静的シャドウマップオプションはトラックとオブジェクトを一緒に雲の影を切り替えられるようにより少ないオプションとなるよう畳まれています。
  • トラック路面の静的シャドウマップのフィルターを改善してコース上のスパークが減りました。
  • チェイスカメラでミラーを描画する際に車両インテリアが仮想ミラーに隠されるようになりました。
  • スタンドアロンのグラフィック自動設定ツールがユーザーが選択したオプションを保存していなかった問題を修正しました。
  • 夜間のトラック路面デカールに関する透過率の問題を修正しました。
  • 昼夜の切り替わり中にトラック路面に明かりがちらつく問題を修正しました。
  • Two-Pass Treesオプションが有効なときの夜間の樹木描画に関する問題を修正しました。
  • 空中に浮かぶ黒い線が含まれていた地平線の樹木限界線テクスチャを修正しました。
  • ダイナミックタイヤが無効なときに一部のタイヤが正しく描画されない問題を修正しました。
  • 旧ダメージモデルを使用中の車両で調整したあとで同じ車で新ダメージモデルを使用中に調整したり、あるいはその逆をすすると、 F9 ブラックボックスのミラー調整が誤ったミラーにスワップされる可能性がある問題を修正しました。
  • 一部のシェーダーが廃止済バージョンにフォールバックしてしまって一部のダッシュボードライトが四角く表示される問題を修正しました。
  • 様々な車で、ウィンドシールドが明るすぎた GGX シェーダーの問題を修正しました。

Visual Effects

  • 新しいタイヤのグレイニングと視覚的なエフェクトを全車に適用しました。
    • グレイニングはタイヤからゴムストリップが引き裂かれてすぐに高温なタイヤ表面に貼りつくときに発生します。コードはタイヤ表面の下にある補強材です。グレイニングはタイヤのライフサイクル中に始まって摩耗とともに悪化します。コードはタイヤ寿命の終わりに見え始め、つまり悪いことが起こる前にピットでタイヤを交換する必要があります。
  • スモークとダストパフに Haze エフェクトが追加されました。
  • 霧の照明および霧へとコンディションが変わる際の拡散照明が改善されました。
  • タイヤ痕に特に暗いエッジがあるように見える問題を修正しました。
  • PopcornFX パーティクルシステムがバージョンアップされました。

Audio

  • 様々な素材の衝撃音や擦過音が優れたダイナミクスで改善されました。

Pit Stops

  • 燃料漏れ修理が通常の修理の 4倍の速度で修理される問題を修正しました。

Environment

  • DRS ラインのテクスチャがアップデートされました。
  • 忠実度を上げるために環境オブジェクトのテクスチャがアップデートされ、一部の問題が修正されました。
  • 一部の 2022 シーズン 2 トラックで、一部の環境オブジェクトの様々な法線マップを更新しました。

Pace Car

  • ロードコースの狭いコーナーでペースカーがスロー走行する可能性がある問題を修正しました。

Spotter

  • 予選でベストタイムを記録したタイヤコンパウンドでのスタートとなることを伝えるスポッターメッセージが追加されました。
    • このメッセージは、関連するルールが有効なときと複数タイヤコンパウンドルールが有効なときに、初めて予選セッションに入ったときに再生されます。
  • イタリア語のMarco_Arcidiacono、イタリア語のRenzo_A_Olivier、スペイン語のAri_Cejasなど、複数のスポッターパックがアップデートされました。
    • Marco, Renzo, Ari, Dimitry, そして全てのスポッターパックマネージャーに感謝します!
  • ピットボックスカウントダウンを無効化するサウンドオプションを追加しました。

User Interface

  • HUD を調整する Alt + K で車両ごとに保存するチェックボックスが追加されました。
  • インターフェースの中央部が制限されているときでも VR セッションでも Alt + K コマンドを使えば UI 項目を画面上どこでも任意の場所に移動させることができるようになりました。
  • マウスオーバーのヘルプメッセージはディスプレイの一番下でなく各ダイアログの一番下に表示されるようになりました。これにより VR ユーザーの視野より外に表示されるようなことがなくなります。
  • Dash ボックスをアップデートして、RPM テキスト色がシフト LED と一致するようになりました。
  • セッション画面(リプレイ画面)は、ワイドスクリーンでも幅を全て使えるようになりました。すべての UI 要素をディスプレイの端に強制することはありません。
  • 超高解像度ディスプレイ使用時にシミュレータの描画クラスを変更するときにインターフェースがズーム調整されなくなりました。
  • 超ワイドモードの PiMax など高アスペクト比のデバイスで UI が縦方向に縮む問題が修正されました。
    • Oculus と OpenVR で 2D UI を 3D UI スペースに配置するための処理も同様の変更が行われました。
  • Trade Show バージョンのインターフェースパラメータはデフォルトのインターフェースパラメータから分離されています。Trade Show バージョンのパラメータは調整されていません。

Controllers

  • TrueForce 対応ステアリングホイールに適用するダンパー調整が設定できるようになりました。
    • このオプションは app.ini [Trueforce] trueForceDamperPct=0.05 がデフォルト値の 5% で、ステアリングホイールに少し重さを加えます。
  • Logitech TrueForce API が最新バージョンにアップデートされました。このアップデートにより再構築フィルターが利用できる場合、自動的に 60Hz に設定されます。

Options

  • Auto-Wiper と Auto-Tear Off が個別のオプションへと分離されました。

Replays

  • リプレイでのダイナミックトラックのデータの生成処理で、特に新ダメージモデルを使用した古いリプレイで、精度が上がりました。

Sporting Code

  • iRacing スポーティングコードがアップデートされました。
    • すべての車両がフィニッシュラインを通過するまで、インシデントがカウントされることを説明する文章に更新されました。
    • Breach of Rules セクションが追加されました。
    • タイヤコンパウンド交換要件ルールのセクションが追加されました。
    • 失格が定義されました。
  • いつでも最新バージョンのスポーティングコードが次のリンクから取得できます:

2022s3 リリースノート目次: