Skip to content

Archive

Category: JP meeting

SeCR Super Formula Challenge 2024

スーパーフォーミュラ車両 Dallara SF 23 を使用したレース開催のお知らせがありました。
第1戦は実施済み・第2戦も開催間近ですがシリーズ戦ではなく単発イベントで、Fixed セットアップの初級レースとOpen セットアップの上級レースがあり、出場には事前受け付けが必要で、プロドライバーの参戦とライブ配信も予定されているとのこと。

スケジュール

暫定/Discordで正式発表とのこと

Rd 日付 コース 初級 上級
2 2024/05/06(月) シルバーストーン GP 18:45 プラクティス
19:55 予選
20:15 決勝12周
20:00 プラクティス
21:10 予選
21:30 決勝12周
3 2024/07/14(日) 富士 18:45 プラクティス
19:55 予選
20:15 決勝13周
20:00 プラクティス
21:10 予選
21:30 決勝13周
4 2024/09/16(月) インディアナポリス ロード 20:00 プラクティス
21:00 予選
21:15 決勝12周
21:00 プラクティス
22:00 予選
22:15 決勝12周
5 2024/10/26(土) 鈴鹿 18:45 プラクティス
19:55 予選
20:15 決勝11周
20:00 プラクティス
21:10 予選
21:30 決勝31周

詳細はリンク先で掲載された大会資料を確認してください。
SeCRスーパーフォーミュラチャレンジ2024開催のお知らせ

KMR-Cup

シミュレータショップ KMR による KMR Cup の今季開催のお知らせありました。
https://forums.iracing.com/discussion/58573/iracing-kmr-cup-13th-開催のご案内

Rd 日付 コース
1 2024/03/15-16 鈴鹿
2 2024/04/19-20 もてぎ
3 2024/05/10-11 ニュルブルクリンク GP – BES/WEC
4 2024/05/31-06/01 富士
5 2024/06/21-22 岡山

詳細は https://www.racingsim-kmr.com/project/iracing-kmr-cup/ で確認してください。

E – FORMULA 3 ULITIMATE CHAMPIONSHIP 2023

Dallara Formula 3 でのレース開催のお知らせがありました。
セットアップ固定の Fixed レースで、出場にはエントリー及びDiscord参加が必要です。詳細はリンク先で掲載された大会概要資料を確認してください。最大40台。

10月15日(日)開催「E – FORMULA 3 ULTIMATE CHAMPIONSHIPS 2023 ROUND 2」のお知らせ (iRacing Forum)

スケジュール

2023/10/15(日)
19:00 練習走行 80分
20:20 オープン予選 30分
20:50 ウォーミングアップ 10分
21:00 決勝レース 60分


iRJA 月刊NASCAR

2023 シーズン 4 も引き続き NASCAR Cup Series NextGen 車両を使用して、月次NASCAR走行会を開催します。オーバル走行、コース、車両の経験値を積んで練度を高めましょう。または、たまには NASCAR オーバルでレースしましょう。

  • 月に 1 回 1 コースずつ 計 3 回、金曜日夜に iRJL リーグセッションで開催
    事前に iRJL への参加登録が必要ですが当日のセッション出走時にはパスワード入力ありません。
    iRJL への参加およびレース出場の手順はこちらのページを参照してください: https://www.shupop.com/iracing/irjl/#howto
    直前のリーグ参加申請では承認が間に合わないかもしれませんのでご注意ください。
  • 開催週には月~木曜にいくつか練習レースも開催(少し短め)
    リーグセッションでなくパスワードなしのホストセッションとして、海外からの参加もWelcome状態で開催します
  • 無償、代表的、クラス A シリーズや NiS で使用が近い、等の観点でコース選択
  • 開催コースと、Chevrolet/Ford/Toyota 3メーカーのうち搭乗車種のみ購入していれば参加できます(他メーカーもダウンロードは必要です)。
  • コーションが発生しても練習機会がなくならないように周回数は A Fixed シリーズより少し多めに設定していますが、最大でもフリー走行からレース終了まで 2時間以内としています。

ボイスチャット

  • 必須ではありませんが、月刊 NASCAR 開催中は iRJA の Discord VOICE CHANNEL「iRJA 走行会」へぜひお越しください。
  • 指示や注意点の説明など管理人からボイスチャットで行うことがあります。聞き専でOKです。
  • 不明点などあればボイスチャットで質問すると、走行中でも親切な先輩方がきっと応えてくれます。
  • レース中の雑談もどうぞ。リラックスしてレースしましょう。
    iRacing 内 VC は半二重なので雑談しにくいですよね

2023/09/29(金) Talladega Superspeedway 50周


参考: A Fixed 35周 / A Open 70周 / NiS 94周


https://www.youtube.com/watch?v=Kb8Xv9io6BY

2023/10/27(金) Phoenix Raceway – Oval w/open dogleg 70周


参考: A Fixed 55周 / A Open 110周 / NiS 156 *最終戦 312周


https://www.youtube.com/watch?v=9N8pW6boXsY

2023/11/24(金) Daytona International Speedway 50周


参考: A Fixed 35周 / A Open 70周 / NiS 80周 *開幕戦 200周


https://www.youtube.com/watch?v=DI_A5WCS5_s

共通ルール・タイムスケジュール・進行

車 両 NASCAR NextGen(NASCAR クラスA車両)
※コースごとのセットアップを使用(ステアリングロック比率やブレーキバイアスは Garage 画面で調整できます), 最大43台
天 候 デフォルト天候、ダイナミックスカイ
時間帯 Afternoon
進 行 路面状況自動生成後持ち越し, マーブル清掃あり
※目安時刻
21:30 オープンプラクティス 30 分
22:00 予選 単独走行 計時 2 周 / 5 分 予選監視なし
22:05 WarmUp 5分
22:10 レース ※コーション発生時等 最大 80分. 23:30 までで終了

スタートゾーン使用しない
フルコースコーションあり
ダブルファイル(左右2列)リスタート
※リスタート直後にコーションとなった場合はシングルファイル(1列)リスタートとなることがあります
ラッキードッグパスあり
GWC 2 回まで
インシデント上限 なし
ファストリペア無制限(ピット停止で修復作業終了)
タイヤセット数無制限
ドライバーエイドはすべて使用可能

必ず確認してください

ペースカー走行時やスタートやリスタートに際しては、自車の位置取りなどをスポッターに指示されます。スポッターのメッセージに耳/目を傾けましょう。
スポッター指示にどう振る舞えばよいのかは、こちらのページ(オーバルは初めてですか) の「これだけは抑えとけ、コーション中のスポッターコール」の項を参考にしてください。
スタートゾーンの使用については都度判断します。
2番手スタートが黒旗を受ける症状が解消されていれば使いましょう。スタートゾーンについてはまとめ記事を投稿しているので参照してください

スタートゾーン使用有無問わず、後方では前の車に合わせて加速すると良いですよ(前の車より良すぎても悪すぎても事故に繋がりやすいのでスタート/リスタートで前に行ってやろうと思わない方が安定したレースにつながります)。S/Fライン前は右側からのみ追い越し可能です。失敗してあまりに加速が悪いようならやや左に避けて自列後続車に右から抜かせると多重事故の発生を防げます。

イエローフラッグが振られてフルコースコーションとなったときには追突事故につながるので、急な減速はしないようにしましょう。しばらく先でゆるやかに減速すると良いですよ。目の前のクラッシュを避けるためにはこの限りではありません。フルコースコーションではペースカー先頭での走行となります。無用に低速走行はせずにペースカーや隊列に追いつきましょう。
フルコースコーションでは隊列に追いつく頃合いを見て減速し、隊列に追突しないよう注意しましょう。F3 ブラックボックスの Relative 表示が有益です。
ポイント制度はありません。

NASCAR でのトラックリミットについて

安全対策としてスーパースピードウェイで設定されるトラックリミットは、二重の黄色線で示されることからダブルイエローラインルールと呼ばれています。iRacing のタラデガは 2008年以前にスキャンされたため黄色の 1 本線、改修後のアトランタでは二重白線で示されていますが、ここではいずれもダブルイエローラインとして扱います。
iRacing ではこのダブルイエローラインルールの違反がシステム的に自動でペナルティとはならないため、残念ながらルールに違反する走行も見られますが、プロテストの対象となります。マナーとして以下の行為は控えましょう。

トラックリミット(ダブルイエローライン)より下側を使って順位を上げること
防御のために他車をトラックリミット(ダブルイエローライン)より下側へ押しやること

安全のために仕方なくトラックリミット(ダブルイエローライン)より下側を通過することは問題とはされませんが、上側へ戻る際には十分な安全確認が必要です。

Daytona ダブルイエローライン


Talladega(2008) イエローライン


Atlanta(2022) ダブルホワイトライン

NASCAR で他にトラックリミットが設定されるのはロードコースだけです。

KMR-Cup

シミュレータショップ KMR による KMR Cup の開催が案内されました。 Global Mazda MX-5 Cup セットアップ固定のシリーズで 20:00 よりセッション開始、21:30 決勝レーススタート。

2シリーズ開催 参加要件 進行
金曜トレーニングシリ-ズ iRating2500以下 Open Prac.60分 Open Qual.30分 R 10分
土曜Cupシリーズ Cクラス 以上 Open Prac.80分 Open Qual.10分3周 R 20分
Rd 日付 コース
1 2023/07/28-29 鈴鹿
2 2023/08/25-26 もてぎ
3 2023/09/15-16 オウルトンパーク
4 2023/10/20-21 富士
5 2023/12/08-0912/01-02 岡山

その他こちらで確認を。
iRacing KMR-Cup 12th 開催のご案内
https://forums.iracing.com/discussion/45556/iracing-kmr-cup-12th-%E9%96%8B%E5%82%AC%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85
iRacing KMR-Cup 12th 開催概要
https://www.racingsim-kmr.com/2023/06/02/iracing-kmr-cup-12th/

DRAPOJi Challenge Cup

長谷川工業さんから DRAPOJi Challenge Cup の開催がお知らせされました。
LMDh と GT3 (Ford 除く) の 9車種で 7月下旬から12月中旬にかけて全5戦で開催されます。

2023/07/18追記: レギュレーションが PDF ファイルでフォーラムに公開されましたので確認してください。エントリーフォームも公開されました。

クラス分け

参加条件: Dクラス以上

クラス iRating
LMDh 2000以上
GT3 Pro 5000以上
GT3 PRO-AM 3000以上5000未満
GT3 AM 他クラスに該当しない場合

スケジュール

Rd 日付 コース
Test 7/26(水) 岡山国際サーキット
1 7/27(木) 岡山国際サーキット
2 8/19(土) 富士スピードウェイ
3 9/2(土) ラグナセカ
4 10/14(土) TBA
5 11/18(土) 鈴鹿サーキット

20:00 より
プラクティス 90分、予選 30分、決勝 ローリングスタート 60分レース

E – FORMULA 3 ULITIMATE CHAMPIONSHIP 2023

Dallara Formula 3 @ 鈴鹿レース開催のお知らせがありました。
セットアップ固定の Fixed レースで、出場にはエントリーが必要とされています。詳細はリンク先で掲載された大会概要資料を確認してください。

8月12日(土)開催「E – FORMULA 3 ULITIMATE CHAMPIONSHIP 2023」のお知らせ (iRacing Forum)

スケジュール

2023/08/12(土)
18:00 練習走行 90分
19:30 オープン予選 30分
20:00 決勝レース 60分


DRAPOJi Challenge Cup

長谷川工業さんから DRAPOJi Challenge Cup の開催が予告されました。
LMDh と GT3 (Ford 除く) の9車種で、 7月下旬から12月中旬にかけて全5戦で開催されます。

そしてデータ収集のためのテストサーバーを予定されています。乗り換えて走り比べできるように 2つずつ起動されるとのこと。

6/21(水) 19:00-22:00 岡山国際 プラクティスのみ
6/26(月) 19:00-22:00 ロードアトランタ プラクティスのみ
6/28(水) 19:00-22:00 富士スピードウェイ プラクティスのみ
7/4(火) 未定 未定 テストレースあり

その他こちらでご確認を。
DRAPOJI Challenge Cup テストサーバーのお知らせ
https://forums.iracing.com/discussion/44013/drapoji-challenge-cup-%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/p1

iRJA GT 2023 ver.2023.6.17

iRJA GT シリーズ 2023 シーズン告知ページを更新してレギュレーション ver.2023.6.17 を公開しました。

iRJA GT シリーズ 2023シーズン開催のお知らせ

  • 2023.06.17 版: iRJAGT2023_20230617
    • 2023/06/17: Porsche 911 GT3 R を Porsche 911 GT3 R (992) へ入替
    • 2023/06/17: 第4・5戦のコース発表 (Road Atlanta, Mount Panorama Circuit)

Japan Club Cup Series


Porsche 911 GT3 Cup (992) を使ったシリーズ戦の開催お知らせがありました。Porsche TAG Heuer Esports Supercup を模した大会とのこと。
開催概要・規則書のリンクが掲載されていますので参照してください。

Japan Club Cup Series 開催のお知らせ – iRacing Forum
https://forums.iracing.com/discussion/43700/japan-club-cup-series-%E9%96%8B%E5%82%AC%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/p1

スケジュール

テストレース:6月23日・24日 スパ・フランコルシャン
開幕戦 7月7日 スパ・フランコルシャン
Rd.2 7月28日 VIR
Rd.3 8月11日 ロードアメリカ
Rd.4 8月25日 シルバーストン(レガシー)
Rd.5 9月1日 鈴鹿
Rd.Final 9月8日 富士

21時:ホストオープン
21時30分:ドライバーズブリーフィング(iRacing VC)
21時50分:予選(2周)
22時:スプリントレース(40km)
22時20分:フィーチャーレース(80km)
23時:各クラス表彰台インタビュー
23時30分終了

iRJA 月刊NASCAR

2023 シーズン 3 も引き続き NASCAR Cup Series NextGen 車両を使用して、月次NASCAR走行会を開催します。オーバル走行、コース、車両の経験値を積んで練度を高めましょう。または、たまには NASCAR オーバルでレースしましょう。

  • 月に 1 回 1 コースずつ 計 3 回、金曜日夜に iRJL リーグセッションで開催
    事前に iRJL への参加登録が必要ですが当日のセッション出走時にはパスワード入力ありません。
    iRJL への参加およびレース出場の手順はこちらのページを参照してください: https://www.shupop.com/iracing/irjl/#howto
    直前のリーグ参加申請では承認が間に合わないかもしれませんのでご注意ください。
  • 開催週には月~木曜にいくつか練習レースも開催(少し短め)
    リーグセッションでなくパスワードなしのホストセッションとして、海外からの参加もWelcome状態で開催します
  • 無償、代表的、クラス A シリーズや NiS で使用が近い、等の観点でコース選択
  • 開催コースと、Chevrolet/Ford/Toyota 3メーカーのうち搭乗車種のみ購入していれば参加できます(他メーカーもダウンロードは必要です)。
  • コーションが発生しても練習機会がなくならないように周回数は A Fixed シリーズより少し多めに設定していますが、最大でもフリー走行からレース終了まで 2時間以内としています。

ボイスチャット

  • 必須ではありませんが、月刊 NASCAR 開催中は iRJA の Discord VOICE CHANNEL「iRJA 走行会」へぜひお越しください。
  • 指示や注意点の説明など管理人からボイスチャットで行うことがあります。聞き専でOKです。
  • 不明点などあればボイスチャットで質問すると、走行中でも親切な先輩方がきっと応えてくれます。
  • レース中の雑談もどうぞ。リラックスしてレースしましょう。
    iRacing 内 VC は半二重なので雑談しにくいですよね

2023/07/07(金) Atlanta Motor Speedway 60周

参考: A Fixed 50周 / A Open 100周 / NiS 130周


過去開催分より主催オンボード:2023s2 月刊NASCAR の様子

2023/08/04(金) Michigan International Speedway 42周

参考: A Fixed 35周 / A Open 70周 / NiS 100周


過去開催分より主催オンボード:2022s3 月刊NASCAR の様子

2023/09/08(金) Bristol Motor Speedway – single pit roads 100周

参考: A Fixed 88周 / A Open 175周 / NiS 500周


ご協力ありがとうございました!

共通ルール・タイムスケジュール・進行

車 両 NASCAR NextGen(NASCAR クラスA車両)
※コースごとのセットアップを使用(ステアリングロック比率やブレーキバイアスは Garage 画面で調整できます), タイヤ3セット, 最大43台
天 候 デフォルト天候、ダイナミックスカイ
時間帯 Afternoon
進 行 路面状況自動生成後持ち越し, マーブル清掃あり
※目安時刻
21:30 オープンプラクティス 30 分
22:00 予選 単独走行 計時 2 周 / 5 分 予選監視なし
22:05 WarmUp 5分
22:10 レース ※コーション発生時最大 80分 ~23:30 2時間枠

スタートゾーン使用は都度決定
フルコースコーションあり
ダブルファイル(左右2列)リスタート
※リスタート直後にコーションとなった場合はシングルファイル(1列)リスタートとなることがあります
ラッキードッグパスあり
GWC 2 回まで
インシデント上限 なし
ファストリペア無制限(ピット停止で修復作業終了)
ドライバーエイドはすべて使用可能

必ず確認してください

ペースカー走行時やスタートやリスタートに際しては、自車の位置取りなどをスポッターに指示されます。スポッターのメッセージに耳/目を傾けましょう。
スポッター指示にどう振る舞えばよいのかは、こちらのページ(オーバルは初めてですか) の「これだけは抑えとけ、コーション中のスポッターコール」の項を参考にしてください。
スタートゾーンの使用については都度判断します。
2番手スタートが黒旗を受ける症状が解消されていれば使いましょう。スタートゾーンについてはまとめ記事を投稿しているので参照してください

スタートゾーン使用有無問わず、後方では前の車に合わせて加速すると良いですよ(前の車より良すぎても悪すぎても事故に繋がりやすいのでスタート/リスタートで前に行ってやろうと思わない方が安定したレースにつながります)。S/Fライン前は右側からのみ追い越し可能です。失敗してあまりに加速が悪いようならやや左に避けて自列後続車に右から抜かせると多重事故の発生を防げます。

イエローフラッグが振られてフルコースコーションとなったときには追突事故につながるので、急な減速はしないようにしましょう。しばらく先でゆるやかに減速すると良いですよ。目の前のクラッシュを避けるためにはこの限りではありません。フルコースコーションではペースカー先頭での走行となります。無用に低速走行はせずにペースカーや隊列に追いつきましょう。
フルコースコーションでは隊列に追いつく頃合いを見て減速し、隊列に追突しないよう注意しましょう。F3 ブラックボックスの Relative 表示が有益です。
ポイント制度はありません。

NASCAR でのトラックリミットについて

安全対策としてスーパースピードウェイで設定されるトラックリミットは、二重の黄色線で示されることからダブルイエローラインルールと呼ばれています。iRacing のタラデガは 2008年以前にスキャンされたため黄色の 1 本線、改修後のアトランタでは二重白線で示されていますが、ここではいずれもダブルイエローラインとして扱います。
iRacing ではこのダブルイエローラインルールの違反がシステム的に自動でペナルティとはならないため、残念ながらルールに違反する走行も見られますが、プロテストの対象となります。マナーとして以下の行為は控えましょう。

トラックリミット(ダブルイエローライン)より下側を使って順位を上げること
防御のために他車をトラックリミット(ダブルイエローライン)より下側へ押しやること

安全のために仕方なくトラックリミット(ダブルイエローライン)より下側を通過することは問題とはされませんが、上側へ戻る際には十分な安全確認が必要です。

Daytona ダブルイエローライン


Talladega(2008) イエローライン


Atlanta(2022) ダブルホワイトライン

NASCAR で他にトラックリミットが設定されるのはロードコースだけです。

iRJA 月刊 NASCAR

急ですが予定します。6月の月刊ナスカーはロードコース。
ダメージなし・コーションなしでステージ短めでつなぎました。遊びませんか。
13週のオフィシャルシリーズはソノマ週となるので直前練習としてもどうぞ。

日時 2023/06/05(月) 21:30
iRJL リーグセッション
車両 NASCAR Cup Series NextGen 3車種
セットアップ固定 sonoma.sto タイヤセット制限なし
コース Sonoma Raceway – Cup Historic
進行 ヒート制使用して組み立て。
オープンプラクティス: 40分
単独走行予選: 1周/5分
ステージ1: 6周/10分
ステージ2: 8周/15分
ウォーミングアップ: 5分
ステージ3: 12周/20分
※ステージ1以降途中からの参加はシステム上できません
天候・路面 デフォルト天候 Afternoon
ダイナミックスカイ
路面自動生成
その他 ローリングスタート
コーションなし
ファストリペア無制限
車両ダメージ無効
ドライビングエイド制限なし
インシデント制限なし
レーティング制限なし
AIなし

iRJA 月刊 NASCAR オーバル走行会 2023シーズン 3 投票受付中

iRJA GT 2023 SERIES

全日程終了しました。参加いただいてありがとうございました。


iRJL GT 改め iRJA GT シリーズを開催します。 GT3 車両を使用するシリーズ戦です。

開催要旨・レギュレーション

  • 2023.09.10 版: iRJAGT2023_20230910.pdf

    • 2023/06/17: Porsche 911 GT3 R を Porsche 911 GT3 R (992) へ入替
    • 2023/06/17: 第4・5戦のコース発表 (Road Atlanta, Mount Panorama Circuit)
    • 2023/09/10: Ferrari 488 Evo 2020 を Ferrari 296 GT3 へ入替
    • 2023/09/10: 第6・7戦のコース発表 (Suzuka, Interlagos)

  • GT3 各車セットアップ固定でのソロレースシリーズです。
  • iRacing ジャパンリーグ iRJL のシーズンとして登録し、各ラウンドをリーグセッションとして開催します。そのため、セッションに入るにはリーグへの参加が必要です。リーグへの参加手順はこちらを参照してください。iRJL のリーグ参加は日本語コミュニケーションについて確認するため承認制としています(日本の方は確認なしに承認しています)。
  • iRJA GT シリーズ及びラウンドごとの事前の出場登録はありません。直接リーグセッションへお越しください。
  • レース開催週には月曜日からレース前日の木曜日まで、レース日と同じ時間帯 21:50 からパスワードなしの練習ホスト「iRJA GT free practice」を 2時間枠で設定します(リーグセッションではありません)。練習相手として AI ドライバーも参加させることがあります。
  • インディ式ローリングスタートを採用、グリーンフラッグの合図まで加速禁止とします。
  • 各ラウンドのレース距離は 120km または 40分 を目安として設定しており、また、各車両の燃料タンクは 40% に制限されるためレース中の給油が必要です。
  • ピットイン・ピットアウト時にレーシングラインを横切らないこと。ピットイン直前にはピットレーン入口のある側をキープして走行したり、ピットアウト直後はピットレーン出口のある側をキープしてレーシングラインへはコーナーを1つ越えてから合流する、などが必要です。
  • シーズン中の乗り換えは制限しませんが、同じ車で継続した方がライバルから認識しやすくなります。

イベントカレンダー

Rd. 日付 コース(リザルト)
Rd.1 2023/04/14(金) ROAD AMERICA – Full
Rd.2 2023/05/19(金) CIRCUIT GILLES VILLENEUVE (Montreal)
Rd.3 2023/06/30(金) OULTOJN PARK – Intl w/no Chicanes
Rd.4 2023/07/28(金) ROAD ATLANTA – Full
Rd.5 2023/08/25(金) MOUNT PANORAMA CIRCUIT
Rd.6 2023/09/22(金) SUZUKA
Rd.7 2023/10/20(金) INTERLAGOS

将来リリースされる新コースを使用する可能性を残すため、後半スケジュールは To Be Announced として今後発表します。
ポイントシステム:Club Racing (1位 25点, 2位 21点, 3位 18点,,,, 20位 1点)、有効 6戦分(ドロップ1)

タイムスケジュール・進行

目安時刻

時刻 セッション 長さ
21:50 フリー走行 50分
22:40 オープン予選 15分
22:55 ウォーミングアップ 5分
23:00 決勝レース 120km or 40分程度

ランキング

リーグのシーズンスタンディングスにて。

iRJA 月刊NASCAR

2023 シーズン 2 も引き続き NASCAR Cup Series NextGen 車両を使用して、月次NASCAR走行会を開催します。
オーバル走行、コース、車両の経験値を積んで練度を高めましょう。または、たまには NASCAR オーバルでレースしましょう。

  • 月に 1回 金曜日の夜に、オーバル NASCAR クラス A 車両の NASCAR NextGen Cup カーでの走行会を開催します。
  • 毎月 1コース、3か月間の 1シーズンで 3つのコースを走行します。
    開催コースは、無償コース、代表的なコース、クラス A シリーズで使用が近いコース、等の観点で iRJA 管理人が選択します。
    ショートトラックも、と思ったのですが結局今季はこちら: アトランタ・タラデガ・シャーロット
  • 開催コースと、Chevrolet/Ford/Toyota 3メーカーのうちいずれか搭乗車種を所有していれば参加できます(他メーカーもダウンロードは必要です)。
  • 台数増のために AI 車両を数台投入します。
    走行会開催週には、金曜日の本番までにパスワードなしの練習及び AI の調整テスト用のホストで走行会を行います。
  • コーションが発生しても練習機会がなくならないように周回数は A Fixed シリーズより少し多めに設定していますが、最大でもフリー走行からレース終了まで 2時間以内としています。

ボイスチャット

  • 必須ではありませんが、月刊 NASCAR 開催中は iRJA の Discord VOICE CHANNEL「iRJA 走行会」へぜひお越しください。
  • 指示や注意点の説明など管理人からボイスチャットで行うことがあります。聞き専でOKです。
  • 不明点などあればボイスチャットで質問すると、走行中でも親切な先輩方がきっと応えてくれます。
  • レース中の雑談もどうぞ。リラックスしてレースしましょう。

「iRJL」リーグセッションで開催

月刊 NASCAR 走行会は、リーグ「iRJL」のリーグセッションとして開催するため、Join 時にパスワード入力は不要ですが事前に iRJL への参加登録が必要です。
iRJL への参加およびレース出場の手順はこちらのページを参照してください: https://www.shupop.com/iracing/irjl/#howto
直前のリーグ参加申請では承認が間に合わないかもしれませんのでご注意ください。


開催概要・スケジュール・ルール設定

車 両 NASCAR NextGen(NASCAR クラスA車両)
※コースごとのセットアップを使用(ステアリングロック比率やブレーキバイアスは Garage 画面で調整できます), タイヤ3セット, 最大43台
開催日
コース
周回数
2023/03/17(金) Atlanta Motor Speedway 60周

主催オンボード:2022s4 月刊NASCAR の様子
2023/04/21(金) Talladega Superspeedway 42周

主催オンボード:2023s1 月刊NASCAR の様子
2023/05/26(金) Charlotte Motor Speedway 60周

主催オンボード:2023s1 月刊NASCAR の様子
天 候 デフォルト天候、ダイナミックスカイ
時間帯 Afternoon
進 行 路面状況自動生成後持ち越し, マーブル清掃あり
※目安時刻
21:30 オープンプラクティス 30 分
22:00 予選 単独走行 計時 2 周 / 5 分 予選監視なし
22:05 WarmUp 5分
22:10 レース ※コーション発生時最大 80分 ~23:30 2時間枠

スタートゾーン使用は都度決定
フルコースコーションあり
ダブルファイル(左右2列)リスタート
※リスタート直後にコーションとなった場合はシングルファイル(1列)リスタートとなることがあります
ラッキードッグパスあり
GWC 2 回まで
インシデント上限 なし
ファストリペア無制限(ピット停止で修復作業終了)
ドライバーエイドはすべて使用可能

必ず確認してください

ペースカー走行時やスタートやリスタートに際しては、自車の位置取りなどをスポッターに指示されます。スポッターのメッセージに耳/目を傾けましょう。
スポッター指示にどう振る舞えばよいのかは、こちらのページ(オーバルは初めてですか) の「これだけは抑えとけ、コーション中のスポッターコール」の項を参考にしてください。
スタートゾーンの使用については都度判断します。
2番手スタートが黒旗を受ける症状が解消されていれば使いましょう。スタートゾーンについてはまとめ記事を投稿しているので参照してください

スタートゾーン使用有無問わず、後方では前の車に合わせて加速すると良いですよ(前の車より良すぎても悪すぎても事故に繋がりやすいのでスタート/リスタートで前に行ってやろうと思わない方が安定したレースにつながります)。S/Fライン前は右側からのみ追い越し可能です。失敗してあまりに加速が悪いようならやや左に避けて自列後続車に右から抜かせると多重事故の発生を防げます。

イエローフラッグが振られてフルコースコーションとなったときには追突事故につながるので、急な減速はしないようにしましょう。しばらく先でゆるやかに減速すると良いですよ。目の前のクラッシュを避けるためにはこの限りではありません。フルコースコーションではペースカー先頭での走行となります。無用に低速走行はせずにペースカーや隊列に追いつきましょう。
フルコースコーションでは隊列に追いつく頃合いを見て減速し、隊列に追突しないよう注意しましょう。F3 ブラックボックスの Relative 表示が有益です。
ポイント制度はありません。

NASCAR でのトラックリミットについて

安全対策としてスーパースピードウェイで設定されるトラックリミットは、二重の黄色線で示されることからダブルイエローラインルールと呼ばれています。iRacing のタラデガは 2008年以前にスキャンされたため黄色の 1 本線、改修後のアトランタでは二重白線で示されていますが、ここではいずれもダブルイエローラインとして扱います。
iRacing ではこのダブルイエローラインルールの違反がシステム的に自動でペナルティとはならないため、残念ながらルールに違反する走行も見られますが、プロテストの対象となります。マナーとして以下の行為は控えましょう。

トラックリミット(ダブルイエローライン)より下側を使って順位を上げること
防御のために他車をトラックリミット(ダブルイエローライン)より下側へ押しやること

安全のために仕方なくトラックリミット(ダブルイエローライン)より下側を通過することは問題とはされませんが、上側へ戻る際には十分な安全確認が必要です。

Daytona ダブルイエローライン


Talladega(2008) イエローライン


Atlanta(2022) ダブルホワイトライン

NASCAR で他にトラックリミットが設定されるのはロードコースだけです。

富士チャンピオンe-Race

富士チャンピオンレースを模したイベントが 2023/01/08(日) 開催。
以下のタイムスケジュールで告知されてます。

20:30 プラクティス 60分間
21:30 オープン予選 20分間
21:50 決勝 20周

その他 iRacing フォーラムのこちらで確認してください。
2023富士チャンピオンe-Race winter battle86開催のお知らせ
https://forums.iracing.com/discussion/34125/2023富士チャンピオンe-Race winter battle86開催のお知らせ/p1

iRJA 月刊NASCAR

2022/12/13更新: 2月17日としていたLas Vegasを1週先の2月24日に変更しました


2023 シーズン 1 も引き続き NASCAR Cup Series NextGen 車両を使用して、月次NASCAR走行会を開催します。


※開催コースでの画像に差し替えるかもしれません

  • 月に 1回 金曜日の夜に、オーバル NASCAR クラス A 車両の NASCAR NextGen Cup カーでの走行会を開催します。3か月間の 1シーズン中に 3コースを 1回ずつ、と少し形を変えました。
  • オーバル走行、コース、車両の経験値を積んで練度を高めましょう。または、たまには NASCAR オーバルでレースしましょう。
  • 開催コースは、無償コース、代表的なコース、クラス A シリーズで使用が近いコース、等の観点で iRJA 管理人が選択しました。
  • コーションが発生しても練習機会がなくならないように周回数は A Fixed シリーズより少し多めに設定していますが、イベント全体で最大でも 2時間までとしています。
  • 開催コースと、Chevrolet/Ford/Toyota 3メーカーのうちいずれか搭乗車種を所有していれば参加できます(他メーカーもダウンロードは必要です)。

ボイスチャット

  • 必須ではありませんが、月刊 NASCAR 開催中は iRJA の Discord VOICE CHANNEL「iRJA 走行会」へぜひお越しください。
  • 指示や注意点の説明など管理人からボイスチャットで行うことがあります。聞き専でOKです。
  • 不明点などあればボイスチャットで質問すると、走行中でも親切な先輩方がきっと応えてくれます。
  • レース中の雑談もどうぞ。リラックスしてレースしましょう。

「iRJL」リーグセッションで開催

月刊 NASCAR 走行会は、リーグ「iRJL」のリーグセッションとして開催するため、Join 時にパスワード入力は不要ですが事前に iRJL への参加登録が必要です。
iRJL への参加およびレース出場の手順はこちらのページを参照してください: https://www.shupop.com/iracing/irjl/#howto
直前のリーグ参加申請では承認が間に合わないかもしれませんのでご注意ください。


開催概要・スケジュール・ルール設定

車 両 NASCAR NextGen(NASCAR クラスA車両)
※コースごとのセットアップを使用(ステアリングロック比率やブレーキバイアスは Garage 画面で調整できます), タイヤ3セット, 最大43台
開催日
コース
時間帯
周回数
2022/12/16(金) Talladega Superspeedway Sunrise 52周
2023/01/20(金) Charlotte Motor Speedway Night 75周
2023/02/24(金) Las Vegas Motor Speedway Afternoon 75周
天 候 デフォルト天候、ダイナミックスカイ
進 行 路面状況自動生成後持ち越し, マーブル清掃あり
※目安時刻
21:30 オープンプラクティス 30 分
22:00 予選 単独走行 計時 2 周 / 5 分 予選監視なし
22:05 WarmUp 5分
22:10 レース ※コーション発生時最大 80分 ~23:30 2時間枠

スタートゾーンあり
フルコースコーションあり
ダブルファイル(左右2列)リスタート
※リスタート直後にコーションとなった場合はシングルファイル(1列)リスタートとなることがあります
ラッキードッグパスあり
GWC 2 回まで
インシデント上限 なし
ファストリペア無制限(ピット停止で修復作業終了)
ドライバーエイドはすべて使用可能

必ず確認してください

ペースカー走行時やスタートやリスタートに際しては、自車の位置取りなどをスポッターに指示されます。スポッターのメッセージに耳/目を傾けましょう。
スポッター指示にどう振る舞えばよいのかは、こちらのページ(オーバルは初めてですか) の「これだけは抑えとけ、コーション中のスポッターコール」の項を参考にしてください。
スタートゾーンを使用します。
スタートゾーンについてまとめ記事を投稿しているので参照してください
後方では前の車に合わせた加速をすると良いですよ(前の車より良すぎても悪すぎても事故に繋がりやすいのでスタート/リスタートで前に行ってやろうと思わない方が安定したレースにつながります)。S/Fライン前は右側からのみ追い越し可能です。失敗してあまりに加速が悪いようならやや左に避けて自列後続車に右から抜かせると多重事故の発生を防げます。
イエローフラッグが振られてフルコースコーションとなったときには追突事故につながるので、急な減速はしないようにしましょう。しばらく先でゆるやかに減速すると良いですよ。目の前のクラッシュを避けるためにはこの限りではありません。フルコースコーションではペースカー先頭での走行となります。無用に低速走行はせずにペースカーや隊列に追いつきましょう。
フルコースコーションでは隊列に追いつく頃合いを見て減速し、隊列に追突しないよう注意しましょう。F3 ブラックボックスの Relative 表示が有益です。
ポイント制度はありません。

NASCAR でのトラックリミットについて

安全対策としてスーパースピードウェイで設定されるトラックリミットは、二重の黄色線で示されることからダブルイエローラインルールと呼ばれています。iRacing のタラデガは 2008年以前にスキャンされたため黄色の 1 本線、改修後のアトランタでは二重白線で示されていますが、ここではいずれもダブルイエローラインとして扱います。
iRacing ではこのダブルイエローラインルールの違反がシステム的に自動でペナルティとはならないため、残念ながらルールに違反する走行も見られますが、プロテストの対象となります。マナーとして以下の行為は控えましょう。

トラックリミット(ダブルイエローライン)より下側を使って順位を上げること
防御のために他車をトラックリミット(ダブルイエローライン)より下側へ押しやること

安全のために仕方なくトラックリミット(ダブルイエローライン)より下側を通過することは問題とはされませんが、上側へ戻る際には十分な安全確認が必要です。

Daytona ダブルイエローライン


Talladega(2008) イエローライン


Atlanta(2022) ダブルホワイトライン

NASCAR で他にトラックリミットが設定されるのはロードコースだけです。

12月に尾形明紀選手のトークショーもあることだしヒッコリーで走行会してみませんか。

日時 2022/10/28(金)21:30
車両 Chevrolet Monte Carlo SS (Late Model)
セットアップ hickory 固定
コース Hickory Motor Speedway
進行 Open Practice: 25分
Lone Qualify 5分 2周
Warm Up 5分
Race 50周 最大25分
設定 コーションあり, タイヤ交換 1回まで, GWC なし, ラッキードッグあり,
インシデント上限なし, ダメージあり, ファストリペア無制限,
アシスト全あり, AI車両あり
リーグ iRJL のリーグセッションで開催。iRJL への参加が必要です。


https://www.youtube.com/watch?v=_ONQMT7NG6E

iRacing フォーラムではこちら。
https://forums.iracing.com/discussion/31101/2022-10-28-lm-hickory%E8%B5%B0%E8%A1%8C%E4%BC%9A/p1

SUZUKA eSports Challenge Race

鈴鹿サーキットを舞台に色々な車両で競う SUZUKA eSports Challenge Race が株式会社レーシングヒーローによって開催されます。

SUZUKA eSports Challenge Race 2022 開催のお知らせ
https://forums.iracing.com/discussion/28141/suzuka-esports-challenge-race-2022-開催のお知らせ

日本が世界に誇るeスポーツレース開催の実現を目指すシリーズで賞金総額1000万円以上とのこと。

第1戦 2022/09/19(月)
第2戦 2022/10/10(月)
第3戦 2022/11/12(土)
第4戦 2022/12/17(土)
第5戦 2022/12/18(日)

使用車両は直前発表となるようです。タイスケ他も追って告知となるのでしょう、興味ある方はレーシングヒーロー社の大会サイトや SNS 等をチェック。
https://www.racing-hero.com/secr2022/
https://twitter.com/SECR_iracing
https://discord.gg/u4EmQk66

iRJA 月刊NASCAR

iRJA 主催 NASCAR 走行会のお知らせです。
2022 シーズン 4 も引き続き NASCAR Cup Series NextGen 車両を使用して、フェニックスアトランタで開催します。

  • 特定のコースでおおよそ月に1回レースして、オーバル/コース/車両の経験値を積もう、練度を高めよう、という趣旨の走行会イベントです。 ドライバーエイドはすべて使用可能としています。
  • 概ね月 1 回、シーズンあたり計 3 回を 1 セットとして、2022シーズンを通じて複数セット開催することを目指します。
  • 開催コースと、Chevrolet/Ford/Toyota 3メーカーのうち搭乗車種のみ購入すれば参加できます(他メーカーもダウンロードは必要です)。
  • コースごとの iRacing セットアップ固定 (Fixed) です。ステアリングロック比率やブレーキバイアスは調整できます。
  • 各回とも 3 ステージ制として 1 回の開催の中でも短く区切ってレースを行います。システム上予選までの参加が必要で、ステージ途中からの参加はできません。
  • リーグ「iRJL」のリーグセッションとして開催、iRJL 参加者のみ Join できます。Join 時にパスワード入力は不要です。
    iRJL への参加およびレース出場の手順はこちらのページを参照してください: https://www.shupop.com/iracing/irjl/#howto

月刊フェニックス

車 両 NASCAR NextGen(NASCAR クラスA車両) 最大43台
セットアップ固定(phoenix_2021.sto)
コース Phoenix Raceway – Oval w/open dogleg
開催日 2022/09/16(金)
2022/10/07(金)
2022/11/04(金)
シム日時 Afternoon、天候=デフォルト、ダイナミックスカイ
進行
*周回数以外共通
路面状況自動生成後持ち越し, マーブル清掃あり
※目安時刻
21:30 オープンプラクティス 30 分
22:00 予選 単独走行 計時 2 周 / 5 分 予選監視なし
22:05 ステージ 1 20 周/最大 10 分 フルコースコーションなし
22:15 ステージ 2 20 周/最大 10 分 フルコースコーションなし
22:25 休憩/ウォームアップ 5 分
22:30 ステージ 3 60 周/最大 60 分 フルコースコーションあり

スタートゾーンあり
ラッキードッグパスあり
ダブルファイル(左右2列)リスタート
※リスタート直後にコーションとなった場合など、
 シングルファイル(1列)リスタートとなることがあります
GWC 2 回まで
インシデント上限 13

ファストリペア無制限
※ピット停止で修復作業終了
※ダメージによっては完全に修復されない場合があります。

全長 1 マイルのショートオーバル。現在の S/F ラインは T4 出口 = 昔の T2 出口に移されました。
T4 を抜けて S/F ラインを通過するとドッグレッグと呼ばれる曲がったフロントストレッチとなりますが、ここを大胆にカットして走行することもできることから超ワイドともなる特徴的なレイアウトで、T1 – 2 でもラインのイン側を通る車両が見られます。これらはいずれも合法です。

2021最終戦 Lap 1 dogleg


2021最終戦 Lap 1 T1-2


月刊アトランタ

開催概要

車 両 NASCAR NextGen(NASCAR クラスA車両) 最大43台
セットアップ固定(atlanta.sto)
コース Atlanta Motor Speedway
開催日 2022/09/23(金)
2022/10/14(金)
2022/11/25(金)
シム日時 Afternoon、天候=デフォルト、ダイナミックスカイ
進行
*周回数以外共通
路面状況自動生成後持ち越し, マーブル清掃あり
※目安時刻
21:30 オープンプラクティス 30 分
22:00 予選 単独走行 計時 2 周 / 5 分 予選監視なし
22:05 ステージ 1 15 周/最大 10 分 フルコースコーションなし
22:15 ステージ 2 15 周/最大 10 分 フルコースコーションなし
22:25 休憩/ウォームアップ 5 分
22:30 ステージ 3 50 周/最大 60 分 フルコースコーションあり

スタートゾーンあり
スタートゾーンあり
ラッキードッグパスあり
ダブルファイル(左右2列)リスタート
※リスタート直後にコーションとなった場合など、
 シングルファイル(1列)リスタートとなることがあります
GWC 2 回まで
インシデント上限 13

ファストリペア無制限
※ピット停止で修復作業終了
※ダメージによっては完全に修復されない場合があります。

全長 1.54 マイルのハイバンク高速インターミディエイトオーバル。改修でバンク角が大きく、フロントストレッチ以外はコース幅が狭くなりました。
なお、改修されたアトランタにはトラックリミットがあります。 次項を参照してください。

NASCAR でのトラックリミット

安全対策としてスーパースピードウェイで設定されるトラックリミットは、二重の黄色線で示されることからダブルイエローラインルールと呼ばれています。iRacing のタラデガは 2008年以前にスキャンされたため黄色の 1 本線、改修後のアトランタでは二重白線で示されていますが、ここではいずれもダブルイエローラインとして扱います。
iRacing ではこのダブルイエローラインルールの違反がシステム的に自動でペナルティとはならないため、残念ながらルールに違反する走行も見られますが、プロテストの対象となります。マナーとして以下の行為は控えましょう。

トラックリミット(ダブルイエローライン)より下側を使って順位を上げること
防御のために他車をトラックリミット(ダブルイエローライン)より下側へ押しやること

安全のために仕方なくトラックリミット(ダブルイエローライン)より下側を通過することは問題とはされませんが、上側へ戻る際には十分な安全確認が必要です。

Daytona ダブルイエローライン


Talladega(2008) イエローライン


Atlanta(2022) ダブルホワイトライン

NASCAR で他にトラックリミットが設定されるのはロードコースだけです。

必ず確認してください

予選開始後はセッションに出走登録できません。
予選開始の22時頃までに出走登録/Joinすればレースに間に合いますが、レース前に慣熟走行しておけるようにしましょう。
ペースカー走行時やスタートやリスタートに際しては、自車の位置取りなどをスポッターに指示されます。スポッターのメッセージに耳/目を傾けましょう。
スポッター指示にどう振る舞えばよいのかは、こちらのページ(オーバルは初めてですか) の「これだけは抑えとけ、コーション中のスポッターコール」の項を参考にしてください。
スタートゾーンを使用します。
スタートゾーンについてまとめ記事を投稿しているので参照してください
後方では前の車に合わせた加速をすると良いですよ(前の車より良すぎても悪すぎても事故に繋がりやすいのでスタート/リスタートで前に行ってやろうと思わない方が安定したレースにつながります)。S/Fライン前は右側からのみ追い越し可能です。失敗してあまりに加速が悪いようならやや左に避けて自列後続車に右から抜かせると多重事故の発生を防げます。
イエローフラッグが振られてフルコースコーションとなったときには追突事故につながるので、急な減速はしないようにしましょう。しばらく先でゆるやかに減速すると良いですよ。目の前のクラッシュを避けるためにはこの限りではありません。フルコースコーションではペースカー先頭での走行となります。無用に低速走行はせずにペースカーや隊列に追いつきましょう。
フルコースコーションでは隊列に追いつく頃合いを見て減速し、隊列に追突しないよう注意しましょう。F3 ブラックボックスの Relative 表示が有益です。
ピットでの瞬間修復=ファストリペアの回数は無制限ですが、インシデント上限を超えるとペナルティとなります。十分注意して走行してください。
ポイント制度はありません。

コミュニケーション: 音声チャット/フォーラム

音声チャットにiRJA の Discord https://discord.gg/72GmVEA の VOICE CHANNEL「iRJA走行会」を使用します。レース中の雑談もどうぞ。リラックスしてレースしましょう。
分からないことがあったときには音声チャットで質問したり、あとで質問したりしてください。写真などに収めておくのも説明がしやすいでしょう。
そういった質問や、イベント後のコメントは iRacing フォーラムトピックへリプライ投稿してください: https://forums.iracing.com/discussion/18616/irja-nascar-オーバル走行会のお知らせ/p1
https://forums.iracing.com/discussion/comment/188470/#Comment_188470

富士チャンピオンe-Race

富士チャンピオンレースを模したイベントが 2022/08/07(日) 開催。以下のタイムスケジュールで告知されています。

20:30 プラクティス 60分間
21:30 オープン予選 20分間
21:50 決勝 18周

その他 iRacing フォーラムのこちらで確認してください。
富士チャンピオンe-Race Summer Round 開催のお知らせ
https://forums.iracing.com/discussion/26182/富士チャンピオンe-Race Summer Round 開催のお知らせ/p1